モンキー 完全復活

IMG_20171230_152.jpg

事故前のモンキーのお姿 


2018年4月9日に事故修理でバイク屋さんに持ち込んだモンキー。
5月28日にバイク屋さんから修理完了の連絡があったので早速受け取りにいった。


IMG_20180528_153441_R.jpg

保険屋さんとの熾烈なバトルを繰り広げなければならないのかと覚悟をしていた。

だが、どうやら加害者であるガソリンスタンド側が保険を使った場合、今後のかかる保険料などを計算した結果、
保険を使わずにガソリンスタンド側が修理代を全額出すということで決定したらしい。

今回修理したのは
フレーム新品交換
フロントホイール交換
フロントフォーク新品交換
タンク新品交換
となった。

フレーム交換なので配線から何からすべて載せかえという形になるのですごく大変だっただろうし時間もかかったと思う。

修理費用は工賃含めて全額で26万円となったらしい。

…もう少しで新車のカブ110が手にはいってしまう金額…。

12万円で手に入れたモンキーに修理代が26万円かかる…。
どう考えても経済的全損で買い換えたほうが安い。


 ところが昨今、モンキーの時価額が異常なほどに値上がりしてしまい、
26万円払って修理したほうがよろしいという結論に至ったとのことであった。

……経済的全損で買い替えで廃車になる寸前のところで不死鳥のようによみがえったこの81年式モンキー。
製造から37年の時に事故で危うく廃車になりかけたところ完全復活。
このモンキーはすごい強運の持ち主ではなかろうか。



IMG_20180528_153511_R.jpg 
フレームは全年式共通なのか???
当初、AB27モデルのモンキーのフレームを手に入れてそれに乗せ換えてはどうかという案があったが、
なんと今までの81年式のモンキーの車体番号のままホンダが新品純正フレームを提供してくれたのである。

信じられない。
元の壊れたフレームをちゃんと廃棄しましたということで、打刻番号の最後にがついている。

Z50J-1509番台の新品フレームが手に入るなんてこれもまた奇跡ではないかと。


年季を重ねたフレームが失われるのは非常にもったいないが、
同じ車体番号で新品になるならそれに越したことはない。ラッキーである。


IMG_20180528_153456_R.jpg


このステッカーもまだ部品で出るとは信じられない。


IMG_20180528_153448_R.jpg 
元は金色のホイールであったが、ブレーキドラム部分は異常なしで再利用が決まっていたが、
このツギハギはこれはこれでアリかな。

事故前の面影を残したこのドラムブレーキ。
このモンキーの歴史を語る上で非常に重要な部品であることは間違いないだろう。


何はともあれ、これにて一件落着である。
事故が起きたときはがっかりしたが、フタを開けてみれば色々純正新品で戻ってきたので、
災い転じて福となすという結果で着地。

…やっぱオレって運がいいかも…!!!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム