カワサキ エストレヤの切れ味

1508174509622_R.jpg 
2017年10月11日。
大船に住んでいる兄ちゃんと横浜市港北区の陸運局で待ち合わせる。
早速兄ちゃんにお金を渡し、書類手続きを済ませた。

今回は同じ陸運局の管轄内での名義変更なのでナンバープレートはそのままで譲り受けることになった。

ありがたいことに自賠責保険もそのまま譲り受けた。

早速陸運局から自宅に向かうが、右翼の街宣車かと思うほどの大音量でリアブレーキが鳴くわ鳴くわ!!!!
道行く歩行者が絶対に振り返るほどの公害級の大音量!!!!
これはマジでなんとかしないと凶悪すぎてやばい!!!!
こんなに大きな音は今までのバイクライフでも本当に初めて!!!


壊れているのかと思ったが、兄ちゃんに話を聞くと、一回バイク屋に見てもらった後は鳴らなくなったが、その後すぐにまた鳴るようになったと。

フム…。ブレーキシューの残量はあるようだ。
一回あけてみる必要がある。



IMG_20171011_152531_R.jpg 
自宅について早速、何はともあれオイル交換である。
カストロールやエーゼットの10w-40のブレンドをとにかくぶち込んでおく。
エンジンフィーリングが全然違った。うむ、相当オイルの劣化が進んでいたようだ。


IMG_20171011_155743_R.jpg 
早速後輪を外してみると、サビ?ブレーキのカス?だらけである。
ははーん、おそらくコレが鳴きの原因だろう。

IMG_20171011_155737_R.jpg 

IMG_20171011_155829_R.jpg 
新聞紙で拭いたり、ふーっと息を吹きかけてキレイにしてやったところ、
右翼の街宣車クラスのブレーキの鳴きはピタッと止まった。

とりあえず、今日はコレでオーケー。
近いうちにタイヤ交換をする予定であるので、今回はこれで終了。
新しいバイクが来たときの毎回の儀式、横須賀の走水神社に向かう。


IMG_20171011_184508_R.jpg  
走水のコンビニに到着する。

250ccの単気筒なんて、すでにセローで経験済みであった。
エストレヤなんて、絶対セローを超えることはない面白みの無いバイクだろうな、
エストレヤは林道も絶対無理だし、何が面白いんだろ。古いデザイン、形だけっしょ。
ぜってーつまらんバイクだわと正直バカにしていた。


10kmほど走って完全にそれが思い込みでしかないということを痛感させられた。

面白くないなんて、とんでもない!!!!
こいつはかなりの名車!!!!
メッタクソに面白いではないかッッッ!!!!!!!!!!!!!!


何が面白いかというと、エンジンのフィーリングがとんでもなく気持ちがいい!!!
最初はトトトトトと始まっていき、ある速度を超えるとブイーンと回転数が上がっているのに
音が静かになっていきそれが実に楽しい!!!!!
緩急に魅力があるというか。

セローとも違う、カブとも違う、なんだこの独特の味付けは!!!!
たまらん!!!たまらん!!!!これ面白すぎだろ!!!!!

カワサキすげえ!!!!!開発した技術者マジでハンパねえ!!!!!


特に巡航時速50-70kmで走るときの感覚がR1150GSアドベンチャーで時速70kmで田舎道を走っているときに
感じるあの人車一体の心地よさをエストレヤにも感じるのである。
ああっこれで田舎道を流したら本当に楽しいだろうな。

セローと比べてタイヤがオンロードタイプであるのと、リアサスが2本なので乗り心地が本当によい。
オンロードを本当に気持ちよく走れる。


噂どおり、加速はよくない。
スタートダッシュで四輪をちぎることが苦手な感じ。
いざというときの加速力はあったほうが絶対いいのは確か。
 
あーもう、加速なんてホントどうでもいいんだよ!!!!!
田舎道走ってて気持ちいいことのほうがはるかに大切なんだってば!!!!!

個人的には非常にそう思う。
加速力を犠牲にした結果、田舎道巡航をたまらなく面白くした味付けにされているのであるエストレヤは!!!!!

…このバイクは本当に自分自身にぴったりのバイクだと思う。
まじでヤバイ。

特に250ccで軽量で渋滞に出くわしてもへっちゃらだし、足つきもいいし、
ここらへんが大型バイクとは違う軽量バイクの魅力でもある。

いやしかし、今回改めて感じたのが、
オートバイの排気量に正解はない。 

単気筒は素晴らしい。


IMG_20171011_184557_R.jpg 
もう真っ暗なので、神社の中に入るのは気が引けたのでまた今度お参りしよう。

IMG_20171011_182154_R.jpg 
横須賀のホームセンターでエストレヤ用のシートを買う。

走るのがあまりに面白すぎて三浦市のほうまでぐるりと回って自宅に帰還する。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム