中華ヘッドの呪い 前編

IMG_20180521_010646_R.jpg 
ヤフオクやヤフーショッピングで5980円で売られている72ccのシリンダーヘッド付きボアアップキット。

どうやらキタコの75ccにこの中華ヘッドが使えるという情報をキャッチ。
早速取り付けてみた。
もしかしたらパワーアップできるかもしれない。

IMG_20180521_010706_R.jpg IMG_20180521_010654_R.jpg IMG_20180521_010713_R.jpg 
早速組みつけてみたがバッチリだ。
マフラーもしっかり取り付けられるし、圧縮もある、問題ない。


早速みなとみらいの地下トンネルで全力運転を試みる。

最高速度が62kmほどで、ノーマルヘッドにキタコのハイカムを入れたほうが早い。確実に。


ところが走行中にいきなり後輪がロックした。
!!!!!!!!!!
これは焼きついたかもしれない!!!!

あまりに突然のことでびっくりした。

停止してキックをおろしてみると普通に圧縮はあるし、普通にエンジンがかかる。
もちろん走行も可能である。
パワーダウンも感じられない。

???????
一体何が起きたのだろうか?

もう一回全力走行してみるが、今度はロックしない。
なんなんだ???

後輪ロック後、元々やってきたときからボロカブのエンジンはカタカタ言っていたが、
さらに音が大きくなった。


ボアアップ済みの6Vモンキーのエンジンの方が音もせず、はるかに調子がいいのだ。

このお坊さんが乗ってきたボロカブのエンジンは引退させて予備エンジンであるソロのエンジンを使っていこうかと考え始めていた。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム