アドベンチャー用 Mobil 1 15w-50 到着

KIMG0651_R.jpg

アドベンチャー用のモービル1 15w-50 20リットルが到着した。

わざわざ養生してある。
何か物を送るときのクッションに使わせてもらおうか。

KIMG0652_R.jpg


エンジンを保護し新車の状態を保持。
おそらくこのエンジンオイルで3000kmごとに交換していけば100万km走ってもアドベンチャーのエンジンは元気バリバリ。
早く使ってやりたいが、ポロのエンジンオイルがあと一回分残っているので実際このエンジンオイルを使うのは二月くらいになるだろう。

KIMG0653_R.jpg

まだ開けてみないとわからないが、一回フタをあけると完全には閉まらないタイプかもしれない。
もしそうだったら、ポロのペール缶に移し変えて保管することにしよう。


歴代のバイクの交換時のオイル量
ジョルカブ 0.6リットル
VTR250 1.9リットル
CB125T 1.4リットル
R1150GSA 3.5リットル

アドンベンチャーは長距離をたくさん走るのですぐにオイル交換になるし、
量もかなり多いのでやはりペール缶が一番良い。

昔はホンダウルトラG1をホームセンターで2本ずつ買ってくるだけだった。
まさか自分がエンジンオイルをペール缶で買うとは想像もしていなかった。

でも、ペール缶のほうが何度も足を運ばなくて済む。



このモービル1の缶は移し変えたあとはゴミ箱としても使えるようだ。

アドベンチャー用 Mobil 1 15w-50 購入

あと1000kmほど走るとアドベンチャーのオイル交換であり、以前買ったペール缶のポロ15w-50はあと一回分でおしまい。

そろそろ次のオイルを考えなければならない。
今のところポロのオイルは送料込で19リットル13100円である。
1リッターあたり689円であり、4リットルで2757円である。

このまま次のペール缶もポロでいいんじゃないかと思っていたところ、やはり色々使ってみたくなるのが人情。
というのも、オイルはどこのメーカーも効用効能が書かれているが、
他のエンジンオイルと比べてどうなのよとは一切書かれていないのである。



以前使っていた
カストロールRSエッジ10w-50の場合
●強力な油膜保持力と高温下での卓越した酸化安定性が過酷な状況においても確実にエンジンを保護し、快適なスポーティドライブをサポートします。
●高いせん断安定性能が高性能エンジンに求められる適正な油圧と確実な潤滑性能を長時間維持します。





今使っているポロ15w-50の場合
●国産・輸入旧型車から商用トラックを含む大型ディーゼル車まで、根強い人気を誇るオイルです。
●米国産高品質ベースオイルがもたらす高い耐久性と滑らかなエンジン回転を実現します。






ずーっと前に使っていたバルボリンVR1 20w-50
●高温下での過酷な状況でも特殊成分がエンジンパーツを磨耗・摩擦から保護します。
●サビ・スラッジの発生を抑制し、エンジンをクリーンに保ちます。
●特殊清浄剤が燃焼室のデポジットを最小限に抑え、パワーを維持します。
●ZDDP添加剤がエンジンを劣化・損傷から強力に守ります。
●泡立ちを抑え、安定した性能を発揮します。


一体、自分はどのエンジンオイルを選べばいいのかさーっぱりわからん。

こうなったらヤフオクで売っている、20リットルペール缶で鉱物油15w-50の9580円の激安オイルを使ってやろうかとも考えたり。


そもそも、一体どのくらい走ったらエンジンオイルを交換すればいいのかさえも不明なのである。
ある人は3000kmと言い、またある人は5000kmがいいと言う。
最近の四輪だったら15000kmとか。



四輪の15000kmとかは意味がさっぱりわからん。
じゃあ極端な話、15000km全部渋滞を走った場合、普通に考えてその距離で交換はいけないだろう。
マニュアルどおり15000kmでというのは自分は絶対にいただけない。


さらに広げれば、化学合成油はダメで鉱物油じゃなきゃだめって話もある。




結局のところ、どいういうオイルにするか、どのくらいで交換するかは自分の判断になる。
いやしかし、情報を集めれば集めるほど疑心暗鬼に陥る。


CB125Tは4リットル980円のわけのわからんオイルをぶちこんどいてやればそれで十分。
だが、愛しのアドベンチャーには考えられる限り、一番ベストなオイルを入れてやりたいのである。
かわいくてかわいくてたまらんアドベンチャーには出来る限り少しでもお金をかけてやりたいのである。限度はもちろんあるけど。
だけど、今の段階でも何がいいのかさっぱりわからん!!



そんな迷える子羊はなんともキッパリハッキリ進むべき道を照らし出してくれそうなお言葉をいただけそうな場所を発見する。

あなたはモービル1を信じますかぁ?


mobil1_1.jpg

モービル1は化学合成油が一番だと説く。
その心はホームページにびっしり書いてある。柔らかく遠まわしに鉱物油はだめよと言っている。
なるほど。だんだん化学合成油がいい気がしてきたゾ。


mobil1_2.jpg

化学合成油に関する誤解
「古いクルマにモービル1を入れるとオイルシールから漏れる」


そうそう、これ前から気になっていたんだよね。
教えて、モービル1

モービル1曰く
「こっちは徹底的にありとあらゆるシール適合をチェックしてるし漏れるのは有り得ない、古いエンジンにもどんどん使ってOK!
漏れるのはそのクルマがポンコツだから。モービル1を入れる前にそのポンコツを修理しなきゃね!」
という心強いお言葉。

モービル1先生!
Takesi Godaはモービル1先生についていきます!!


mobil1_3.jpg

なんと!!
モービル1を入れて100万キロ走ったベンツが磨耗がほとんどなく、新車の状態を維持しているだと??

やべえ!!これモービル1で決まりじゃないか!!!
すごいエンジンオイルだ!

他社はこういった実験をやってはいるかもしれないが、公表していないようだ。

モービル1という名のオイル教団に早速入信である。

KIMG0635_R.jpg

夜に山下公園のドンキを除いてみるとここのドンキはいつもカストロールRSエッジ10w-50が税込み3218円である。

モービル1 15w-50はペール缶20リットルで送料込みで21000円が相場なのだが、
このカストロールだったら5缶20リットル16090円である。

くひぃ~!!!!!!!!
今さらこの価格差に心揺らぎます!!!
モービル1様!!まだ私は信心が足りないようです!!!!

100万キロ走ってもエンジンの磨耗無し!100万キロ走ってもエンジンの磨耗無し!
100万キロ走ってもエンジンの磨耗無し!100万キロ走ってもエンジンの磨耗無し!

呪文のように唱え自宅でポチッと20リットル21000円のでかいヤツを注文するのであった。



ちなみに



KIMG0636_R.jpg

CB125Tに使っているオイルのほうは1280円で、これはホームセンターのセールのときのほうが安いので、
全然参考になりませんなあ。


追記
アドベンチャーは乾式クラッチでギアボックスもエンジンとは別なので4輪用のオイルが平気で使えます。
CB125Tは自己責任にて4輪用オイルをぶち込み続けて6000km経過。

CB125T エンジンオイル交換とシート破れ補修

本日は雨の予報なのでオイル交換をする。

KIMG0595_R.jpg

マンションのゴミ箱からこっそり取り出した古新聞に、ゴミ袋を二重にしてこれにオイルを吸収させる。

KIMG0596_R.jpg

四輪用SL規格カストロールGTX10w-30を1.1リットル+四輪用SL規格POLO 15w-50を0.3リットル
合計1.4リットル。

CB125Tは10w-30がメーカー推奨。
けしからん粘土である上に四輪用であるのが実にけしからん。
けしからんオイル交換である。

KIMG0597_R.jpg

およそ1200km走行したオイル。ご苦労様でした。


KIMG0604_R.jpg

最近チェーンにはエンジンオイルを使用している。
走行ごとに毎回たっぷり給油するので結構たれてくる。
でもそのおかげでチェーンの汚れも一緒に落としてくれるし、サイドスタンドの動きも絶好調である。
一石二鳥である。

ここの汚れも拭き取る。

KIMG0606_R.jpg

1.4リットルぶちこんで完了。
さっそくみなとみらいに走りに行く。

ウムムム、やはり15w-50をブレンドしたおかげでエンジンの吹け上がりが悪くなっている。
特に坂道を登るとき、重そうな感じである。

アイドリング回転数も若干ながら落ちた。
実にけしからん結果となったが、これでしばらく様子を見ることにする。

いやしかし、CB125Tはエンジン高回転でパワーを得るタイプなので、10w-30がやはり良いということが体感できた。

ただし、500km、1000km走ったらどう変化するのか非常に興味深い。


KIMG0599_R.jpg

製造から10年以上が経ち、経年劣化でシートが破れた。

KIMG0598_R.jpg

反対側も同じところがやぶれた。
このままではヤブレが大きくなるばかり。


KIMG0600_R.jpg

amazonで買ったこちらで補修することにした。
アドベンチャーだったら張替えてやるところだが、CB125Tにはそんなお金はかけてあげられない。
CB125Tは低予算でこき使われる運命にあるのだ。

KIMG0601_R.jpg

1400円くらいだが、大きさは十分。
今回は切って小さいサイズで貼り付ける形でいく。


KIMG0602_R.jpg

KIMG0603_R.jpg

うむ~、見栄えはあまりよくないが、実用車なのでこれで十分!!!
完璧である。

この切り張りした感じが貧乏くさい雰囲気をかもし出すが、
渋いCB125Tにはこれがまた古臭さを増長させ、むしろ魅力的である。
いや実にかっこいい!!!

アドベンチャー、CB125T共にオイル交換

KIMG0565_R.jpg

ピーマンの秘密基地というサイトからBMW純正のオイルフィルターを入手した。
ディーラーで定期点検を受ける際に譲ってもらえばいいのだが…。

KIMG0557_R.jpg

ワコースフューエルワンを2本使ったエンジンオイルは非常に黒かった。


KIMG0558_R.jpg

オイルフィルターも外す。

KIMG0559_R.jpg

ポロ15w-50を使っている。
あともう一回エンジンオイルを交換したらもう一本ペール缶で注文しておかないと。


KIMG0563_R.jpg

ちょこっと多かったけど、すぐ燃えるだろう。

今回は走行3500kmで交換。
あと500km走ったら定期点検である。
アドベンチャー総走行距離52836km


KIMG0561_R.jpg

今度はCB125Tの番である。

走行508kmのエンジンオイルはまだキレイなようだが高回転型エンジンであるというのと、アドベンチャーの秘密基地までの
チョイノリでかなり劣化している。

KIMG0562_R.jpg

今回も二輪にはご法度のカストロールGTX10w-30である。
かれこれもう5000キロ以上はこれで走っているが、一向にクラッチは滑らない。
すべるまでやるぞ。


交換してすぐに走ってみたが、、新しいエンジンオイルでガラリと乗り味が変わる。
本来は推奨3000キロごとのオイル交換のはずなのだが。
毎度の事ながらCB125Tのオイルの劣化具合はすさまじい。

CB125Tとアドベンチャーのエンジンオイル交換

KIMG0501_R.jpg

本日は雨。
だったらということで前回交換から3000キロ走行したアドベンチャーのオイル交換をやろうと決めていた。
CB125Tは本来500キロごとで380キロでは早すぎるけど、一緒にやっておこう。

エンジンオイル合計5.4リットルをCB125Tに乗せてアドベンチャーの秘密基地へ。

秘密基地にエンジンオイルとゴミ袋に新聞紙をおろすと、
天気図を見ると一時間くらい雨が降らないようだし、腹も減っているので
横浜市西区戸部にある「カレーとハンバーグの店 バーグ」に向かう。

昔クロネコヤマトで引越しのアルバイトをしていたころ、杉田にあるバーグではよくお世話になっていたのである。
行こう行こうと思いながら、10年以上ぶりである。

スタミナ、生、大盛りでお願する。


KIMG0498_R.jpg

ヤバイ!!米の量が牛丼の特盛の二杯分はあろうか思われるボリュームである。
10年前は平気で食べられていたが…。

うん、うまい。
久しぶりに食べたが、ルーがとてもコクがある。
これすごくおいしい。
唐辛子が入っててピリピリするのがもっともっと食べたくなる。

豚肉にルーをからめて米を食うのが、くひぃ~たまらんわ!
ふう~最後はちょっと苦しかったけど、大満足だわ。
また来よう。

すっかり汗をかいてしまったけど、CB125Tが作る風がとても心地よく、このまま遠くまで走りに行きたくなる。


KIMG0505_R.jpg

秘密基地に到着し早速CB125Tからオイル交換である。
ところが、どういうわけか今日は噴出し具合が強く、オイルをぶちまけてしまった。
トホホホ。

KIMG0504_R.jpg

CB125Tには今回も4輪用カストロール GTX10w-30である。1.4リットルそのままぶち込んで完了。


KIMG0506_R.jpg

アドベンチャーも排出完了。


KIMG0507_R.jpg

アドベンチャーにはPOLO 15w-50を入れる。

KIMG0508_R.jpg

よし、これでOK。


KIMG0512_R.jpg

家に帰るときにCB125Tのセルの回り方が少し弱い。
短距離の繰り返しで少し電力が足りないのかもしれない。

CB125Tは今の時代では珍しく開放型のバッテリー。

バッテリー自体は4000円くらいで手に入るので安いもんだ。

さてさて、ちゃんと元気になるかな?
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム