桜の季節がはじまった!!!

10時半頃自宅を横須賀、三浦に向け出発。
CB125Tの調子はバッチリである。

IMG_0049_R.jpg


北久里浜のくるまやラーメンにて味噌ラーメン大盛り、ギョーザ、サービスライス。

いつぶりか?北久里浜のくるまやラーメン。
スープを一口味わうと、やっぱり最高だと思う。
この北久里浜のくるまやラーメンの味噌ラーメンが、世界で一番おいしい味噌ラーメンだと思う。

くるまやラーメンは日本のいたるところにあるけど、各店味が結構違うのである。

いや~やっぱりここの味噌ラーメンは本当においしい。


実家に顔を出すと母さんは問題なさそうだ。
末期ガンと診断されてもう一年以上が経つが、うちの母さんの場合、高濃度ビタミンCの投与がバッチリはまったようだ。
軽い抗がん剤も併用しているらしい。ガンとうまくお付き合いができている。
まだまだ長生きできそうで、ありがたいことである。

妹が婚活をがんばったらしく、近々婚約することになるとのこと。
もしかしたら母さんのために早めに結婚することにしたのだろうか。

ご祝儀がヤバイ。今のうちから貯めなければ。

IMGP7274_R.jpg

久里浜のガストがなくなっていた。
初めてアルバイトをさせてもらったお店がなくなって少しさみしい。
もうここでモーニングを食べながら久里浜街道の朝の風景を楽しむことができなくなったか。

さようなら!

IMGP7279_R.jpg

三浦海岸駅に到着。
なんだかすごい賑わいだ。
駅前に河津桜が見事に咲いている。

この駅に入るところで右折禁止の連中を捕まえるために警察官が立っており、
駅前の雰囲気もじっくり味わいたかったが、
ヘタにCB125Tで近寄り何かミスったら一万円くらい罰金取られるかもしれないので、離れることにした。

牛丼20杯以上の金を取られたらたまったもんじゃない。

IMGP7280_R.jpg

途中、迷う。


IMGP7281_R.jpg

いや~見事である。
平日なのに、たくさんの人たちが訪れている。

IMGP7288_R.jpg

河津桜が春が近いことを教えてくれている。
まだまだ寒いけど、もうすぐ冬が終わる。

IMGP7291_R.jpg

いや~、こんなに立派に咲いていたなんて、知らなかった。

横須賀に住んでいたときは河津桜を見に来たこともなかった。


IMGP7292_R.jpg

小松が池の途中にて。
京急の電車の中からも楽しめそうだ。

IMGP7293_R.jpg

小松が池にて。
普段は人が全然いないのに、今日は色んなところからやってきたのか、原付で徐行しかできないくらいの人の多さだ。

IMGP7295_R.jpg

河津桜が散り始めている。

IMGP7297_R.jpg

珍しい!京急の黄色い電車が走っていく。


IMGP7300_R.jpg

日本人は桜が本当に好きだというのがよくわかる光景だ。

CB125T 秘密基地引越し

一年前に申し込んだ駐車場の空きのお知らせが届いた。
屋内バイク駐車場で完全に雨、風も防げるし、何より駐車場代が毎月2500円なので大変うれしいのである。

もうすぐセロー225の秘密基地も自宅から歩いて20分以上の辺鄙なところに駐車場を借りることになっているが、
そこも3000円である。CB125Tだったら5分くらいでスイッといけるし。


今までアドベンチャー含めて合計19500円だったのが、この春から15500円になり本当にうれしい。
浮いた4000円×12ヶ月=48000円である。
この金額はちょうどアドベンチャーの一回分の定期点検代金には少し足りないが、これは大変助かる。

元々ちょっと工夫して15000円は別収入でまかなえているので、実質駐車場代金が500円となり、大助かりである。



DSC_0102.jpg

早速仕事が終わって申し込みに行き、CB125Tを早速引越ししようとしたらエンジンが全然かからない。
ガソリンはあるはずだ。
おかしい。チョークを一杯にしてもまったくエンジンがかからない。
一瞬かかったかと思ったらすぐに止まるのである。

これはプラグがかぶってしまったか?
しばらくエンジンをかけていないとこんなものか!


何度もかけているうちにバッテリーが弱ってセルが弱弱しくなってしまった。
これ以上は無理か。

まだだ、まだ終わらんよ!!
たかがバッテリーの電力がやられただけだ!!!

CB125Tを道路までもって行き、二速に入れてちょっと反動をつけてクラッチをつなげる。
ブルン!とエンジンがかかる。
それ見たことか!
バッテリー上がりなど、押し掛けすればどうということはない!

しばらく入念に暖気をしたが、アクセルをひねるとエンジンがプスンと止まるのである。
うむ…。一旦ガソリンを入れてみるか。

えっほえっほとCB125Tをガソリンスタンドまで押してガソリンを入れる。
時間が経って少し電力が回復したのかセル一発でかかった。

うむー、ガソリン切れだったのか。すまん、CB125T。
人は同じ過ちを繰り返す…まったく!

早速新基地に到着である。


DSC_0103.jpg

ついついお祝いにラーメンを食べに行ってしまった。



DSC_0104.jpg

電力を使いすぎたバッテリーを取り外してバッチリ充電である。
CB125Tはバッテリーが簡単に取り外せるので本当にありがたい。


次の休みはセロー225を修理に持っていったらCB125Tで三浦市の河津桜を見に行こうと思う。
あとは久しぶりに横須賀の母さんの様子も見に行こう。正月以来見ていないから少し心配だ。

CB125Tエンジンオイル交換と茨城からの贈り物

DSC_0042.jpg

セロー225を譲っていただいたKさんから荷物が届いた。
バイクに積んでいけなかったセローの部品である。

純正派の自分としてはコツコツ純正に戻していく所存である。


DSC_0043.jpg

Kさんからもう一つ小包が届いたなと思ったら、Kさんちまで車で向かっていたときに話題に上がった
土浦の芝沼醤油醸造の醤油である。

うれしい!!!
これはハガキを書いてお礼をしなければならん。

元禄元年(1688年)創業のこの伝統のある醤油は地元土浦のKさんが日本で一番うまいとおっしゃる醤油である。

早速焼いた豚肉と納豆にかけて食べてみたが、実においしい醤油であった。
この醤油についてwikiにて調べてみたが、なんとも歴史のあるすごい醤油であった。
うむ~、知らないことことが多すぎる。


DSC_0032.jpg

アドベンチャーの秘密基地にてCB125Tのオイル交換を行う。

走行780kmのオイル。
エンジンが完全に温まらない短距離走行が多かったためか、廃油が少し乳化している感じ。

オイルが出切るまでの間に正しいかどうかはわからないけど廃油を紙につけてマフラーを磨いたり
汚れをふき取る。



DSC_0035.jpg

色も見てみたが、よくわからんな。


DSC_0038.jpg

今回からエーゼットの二輪用化学合成油10w-40を使い始める。
リッターあたり約500円である。


交換し終わった後、みなとみらいの地下トンネルにて恒例の時速3ケタ出す儀式を行う。
前回はエンジンオイル1.4リットル中、0.3リットルがポロの15w-50だったのだが、
今回はオール柔らかい10w-40なのでエンジンが回る回る。

心なしか化学合成油なのでエンジン回転が振動も少なく滑らかな気がする。

ただ、懸念事項が一つ。
後輪タイヤが磨耗限界なので、路面の食いつきが悪く、アスファルトのヒビの補修のための地面に塗られたゴムのようなものの上を走ったとき、一瞬ツルッとなったりした。
乗り心地も空気圧を適正にしても悪い感じになっている。

そろそろタイヤ交換してやらなきゃならん。
今月はセローの修理代があるから来月あたり交換してやるかな。



DSC_0040.jpg

腹が減ったので阪東橋の「いちばん」へ。

DSC_0039.jpg

アジフライ定食594円。
大きいアジがサクッ!!!ふっくらでたまらない。
同じものが大戸屋にあったらこの米の量からして900円は超えているだろうな。
「いちばん」に感謝である。

住民票を取りに横須賀に

DSC_0011.jpg

セロー225の納車が近い。
すでに代金は全額振り込んだ。
今月の31日に茨城県土浦市に取りに伺うのだが、それまでにナンバープレートを取得しなければならない。

そのためには住民票を取りに行かなければならない。
実際の住所は横浜だが、住民票の住所は実家のある横須賀のままである。
厳密に言うとけしからんことらしいが、横須賀好きの自分としては原付のナンバープレートが横須賀のほうがいいのでそのままである。

このほうがブログのタイトルどおり、バイクのナンバープレートが横浜と横須賀なので。

デメリットとしては住民票をわざわざ横須賀に取りに行かなければならないことだが、年に二回あるかどうかなので
構わない。

一番横浜よりの横須賀市追浜にある行政センターに住民票を取りに行く。
5分くらいで完了。免許証の住所は横浜であるが何にも言われない。


DSC_0013.jpg

久しぶりにうまくて安くて量も多い、「いちばん」という横浜の風俗街近くにある曙町の定食屋に行こうと思ったが、あいにく今日は休み。

だったらということで、戸部にあるバーグにてカレーである。


DSC_0012.jpg

いや~いつもと変わらないうまさ!
ごちそうさまである。


DSC_0014.jpg

本日はもうひと仕事あって、駐車場の件である。

セロー225が来たらCB125Tを横須賀のハーレー乗りの友人宅のガレージに月3000円で居候させていただく予定であったが、
やはりバイクはなるべく近くにあったほうがいいので自分で色々と駐車場を探していた。

新横浜駅の新幹線の陸橋の下にバイク用の駐車場がオープンしていて月5000円。
CB125Tに乗りたくなったらそこにセローで行くとか。これもよさそう。

一応アドベンチャーの秘密基地が本当は一万円なのだが5000円くらいでもう一つ借りれないかと不動産屋さんに交渉している最中でもあった。


自分の家の近くの駅は原付の駐輪場が激戦区で、空きが出るのが一年半後とかなので期待薄であった。

ところが試しにとなり駅の原付駐輪場を見に行ったら待ちが1人だけなのである。
しかも、屋根ありで毎月2500円。
歩いても15分くらいでいけるところである。
ゆくゆくはここの駐輪場に置くのも手かなと。

そういうわけで、待ちを前提にこの駐輪場に申し込みに行ったところ、
なんと偶然にもたった今空きがでて、二月から借りられることになったのである。

いや~ありがたや。
ちなみにアドベンチャーの秘密基地のほうはそのあとハッキリし、8000円ならOKとのことなのだった。
丁寧に礼を言って今回はお見送りさせていただいた。

安い上に屋根付きでかなり上等。
CB125Tにはこれで十分である。


二月からは
A アドベンチャーの秘密基地
B 家の目の前のセロー用
C 歩いて15分のCB125Tの駐輪場

の三本立てでオートバイライフがスタート。

本当は家が一戸建てとかでシャッターつきのガレージがあればいいのだが、
大分先のお話なので今はこれで楽しもう!

極寒の道志と山中湖を経て、命からがらハンバーグさわやかを味わう 後編

IMGP7071_R.jpg

キンキンに冷えた空気が心地よくもある。真冬のツーリングの気持ちよさ。
しかし、山中湖村から走りながら思ったのが、やっぱりこの凍りつく季節にこういったところに来るのは危ないなあと思った。

凍結防止剤が撒かれているので凍りつくのはまれだけど、凍結防止剤が雨で流れた後に
一メートルの長さで地面に氷が張っていてその上を通過したら転倒である。
今日はたまたまそういった場所がなかったので無事なだけである。


山中湖村からの道のりでこの時期の危険を我が身で感じ取った。
自分の当初の認識は甘かった。反省である。
君子危うきに近寄らず。オートバイでの鉄則。


標高が下がるにつれ、温度がどんどん高くなっていく。
冷気による足の先のしびれと痛みも引いていった。

さわやかに到着する。


ハンバーグこの写真はwebより転載

お店は二人以上で来る客が多く、自分だけ一人である。
うむむなんとも居心地が悪いが、とにかく、さわやかのハンバーグを食べるのだ。
自分一人だけ完全防寒の出で立ちで完全に浮いている。
だけども、どう思われようが自分の知ったことではない。

注文してしばらく経ったら、ジュージューと大きな音を立ててそれはもう大きなハンバーグを店員さんが持ってきてくれた。
あまりの大きさに思わずニッコリした。


ハンバーグ2こちらもwebから転載

店員さんが最後の仕上げをしてくれる。
真っ二つに切って生の部分を鉄板に押してる。
それはそれは大きな大きな音が立ったもんだ。

DSC_0010_R_201601142159491e4.jpg

うめー!うめー!!
ライス片手に肉をほおばる。このレアなハンバーグがたまらんッ!!
くひぃ~!!!うまか!!!!

寒かったから、なおさらうまい。
朝から何も食べずに来たから余計うまい。


店員さんがバイクですか?と聞いて来たので横浜から来ましたと言うと、
どうやら最近ここのさわやかはツーリングで立ち寄るライダーが多いらしい。
遠いかもしれないけどまた来てくださいと言っていた。
店員さんもサワヤカである。

思い出すだけでまた食べたくなる。いや実によかった。

IMGP7072_R.jpg

ゲフーイ。
腹いっぱい食った後は温泉。

近くのあしがら温泉にて体を温めるのである。

湯船に浸かったとき、生き返ったかと思った。
寒かったからこのギャップがたまらない。

10分くらい浸かっていても、まだ体の心から冷えていたようで温まった気がしない。
トドメのサウナである。
たっぷりと汗を流した。

ちょっと30分くらい寝ようかなと思ったが、休憩所はおじいちゃんおばあちゃんで満席である。

まいいや。
湯で気持ちよくなった体で走るのもよかろう。


IMGP7074_R.jpg

温泉後の走りが本当に気持ちよく、このまま横浜まで走りきってやろうかと思ったが、
今日は大野山に寄ると決めていたのである。

エフなななGSのh37さんが行かれていた場所である。
途中国道246からわき道に入り細い道を登っていく。

ずいぶん登ってきた。


IMGP7076_R.jpg

なんというキレイなところだろうか。
本当に気持ちが良い場所だ。

IMGP7079_R.jpg

南足柄市の町並みが見える。
あそこに一人一人がいて生活を送っている。
なんだか不思議な感覚にとらわれる。

IMGP7078_R.jpg

箱根のほうの山だ。
この山の姿が美しいと感じる。

IMGP7080_R.jpg

30分ほどずっと景色を眺めた。
静かなところである。遠くのカラスの鳴き声と風で木が揺れる音しか聞こえない。
風景に見入り、あまりに居心地が良すぎて動く気にならなかった。
こんな素晴らしい場所があったなんて。


本日のツーリングは山中湖村は怖かったが、美味しいものも食べれて大変充実した。

何より、前半見た塩川の滝といい、この大野山といい、自分ではたどり着けなかったし、
自分が知らないことはたくさんあるのだと痛感した。
この世はでっかい宝島。
もっといろいろなものが見たい。

またツーリングに行きたくなった。


午後五時前、自宅に帰還。
本日の走行距離約260km
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム