暴れ猿 キタコ ライトボアアップキット 75cc

IMG_20171230_114311_R.jpg 
沸き立つ好奇心を抑えられずにキタコの6vモンキー用のLightボアアップキットを購入した。


マフラー交換しない。
キャブも交換しない。
シリンダーヘッドも交換しない。

シリンダーとピストンを交換するだけで他はすべて純正を利用するというお手軽ボアアップキットである。

50cc→75ccになる。
たった25ccの増加だが、一体どれほどの効果があるのか。


元々純正派である自分はボアアップなど邪道と考えている節があった。
排気量を大きくすれば耐久性はおそらくガタンと落ちるであろうし、
元々ある形のままで走っていくことが美徳だと感じていた。

だが、もしやってみてよくないならすぐにシリンダーとピストンを元に戻せばいい。
固執したポリシーよりもボアアップしてみたらどうなるのかという好奇心が打ち勝ってしまったのである。


IMG_20171230_021308_R.jpg 
ボアアップキットが到着する前日までに、ここまでの作業を終わらせておいた。
ヤルキまんまんである。

ピストンががっくりとうなだれている。


IMG_20171230_021234_R.jpg 
純正のシリンダーを見てみたが、非常にきれいである。
こういう風になっていたのか…。
技術者達が血のにじむ努力を重ねて作り上げた仕組みが
自分の見えないところでひっそりと…しかし確実に作動していたのだ。

これを見るとエンジンに対する意識が本当に大きく変わる。


IMG_20171230_023049_R.jpg 
これがモンキーの純正の心臓…。
オイルをたっぷり塗ってきちんと保管しておこう。

これがあればいつだって50ccに戻せるのだから。


IMG_20171230_115526_R.jpg 
大きさが大分違う…。
実際パワーはどのくらい違ってくるのだろうか。
組みあがればすぐにわかる。
さらにヤルキが増加した。


IMG_20171230_025620_R.jpg 
ピストンを取り払ってオイルストーンでガスケットをキレイに落とす。
オイル漏れなんか絶対にさせない。


IMG_20171230_115650_R.jpg 
これがピストンリングというものか…。
薄いしすぐに割れそうな感じ。
これがピストンとシリンダーの間でいつもがんばっているのか。



IMG_20171230_125414_R.jpg

ピストンリングは簡単に装着できた。

ピストンをコンロッドに組み付けるのに非常に苦労した。
クリップがなかなか入れられなかったが、経験上、こういうのは試行錯誤を繰り返しさえすれば直感が働き、できちゃうものだと思っていたので、
何十回も失敗を繰り返したらやっぱりできた。
必要なのは根性のみ。

ピストンリングの合口を120度ずつずらすように指示があったが、
 取り付けている間にずれてしまった上に、どこが合口なのかわからない部品があったので、無視。
(今のところ問題なし。絶好調。)


ピストンをシリンダーに組み込むのが非常に難しく、力ずくでやったろうかと思ったが、よーく見たらシリンダーに対してピストンが斜めに入っていたのでうまく水平にしてやったらツルンと入った。


IMG_20171230_152557_R.jpg 
一応組みあがった。



IMG_20171230_152617_R.jpg 

キックを入れるのを本当にためらった。
かからなかったらどうしようか??
うまくいったのだろうか?
すぐに焼きついてしまったらどうしようか…。

すぐに不安より好奇心が上まわりキックを下ろす。

………かからない。

もう一度。………かからない。
まじか。たのむよ。

もう一度………かからない…。
たのむから!!!

クソッ!!!失敗だったのか…????


もう一回!!! ブルン!!!!


まじか!!!うまくいった!!!!

ものすごく感動した。

排気音などは純正とほとんど変わらない。
振動は大きい。SRかと思わせるほどの振動がある。

IMG_20171230_152903_R.jpg 

私有地にて早速ならしをはじめた。


一発目いきなりモンキーが本当に簡単にウイリーして、ものすごくびっくりした。
恐ろしいくらいのパワーアップである。

加速が恐ろしいことになってしまっている。
あの大人しくみんなに優しいモンキーが、機嫌の悪い凶悪な暴れ猿になってしまったかのような感じであった。

……すごい!!!!
……これがボアアップなのか!!!!!!


ありあまるパワーが恐ろしい…。
どうやらスプロケを交換してパワーを調整しなければならないらしい。

しかしこのパワーだったら今まで上るのに苦労してきたあの坂道を
簡単に登れるんじゃないか???

だが、まだ慣らしを終わらせるまではやってはいけない!


100km慣らさなければいけないらしい。

たまらず二時間、私有地で走りまくって40km走行完了。
その日はおしまいにした。

モンキーオイル漏れ修理

IMG_20171219_091632_R.jpg

製造から37年、化石のような6Vモンキーのオイル漏れを治すことにした。
オイル漏れはにじむ程度で、30分以上走行するとオイルが蒸発してるなとわかるくらい匂ってくる。
ただ、1000km走行してもオイル量にほとんど変化は無い。

走行に支障は一切ない。

だけどなんとなくすっきりしないし、
オイル漏れが止まれば化学合成のオイルも使えるようになる。
勉強のためにも思い切ってやってみることにした。


IMG_20171219_100741_Ra.jpg 
このシリンダヘッドの部分からオイル漏れしている。
マフラーを外したところ、なんとこのモンキーはマフラーのガスケットが装着されていなかった!
発見できて本当によかった。

(マフラーのガスケットをきちっとはめて走行したところ、大幅にトルクアップ。出だしの加速力がアップした。元気なカブと比べて遅い気がしたのはモンキーが古いせいではなかった。)



IMG_20171219_100457_Ra.jpg 

圧縮上死点でのこの歯車とボルトの位置関係を崩してはいけない。
再現できるように念入りに写真を撮っておく。

IMG_20171219_103336_R.jpg 
プラスチックハンマーでたたいていたら打ち所が悪かったらしく、放熱フィンが欠けてしまった。
…なるほど、そういうことか。気をつけなきゃいけないし、
今後のよい経験になった。

この程度の破損は走行には一切影響がないので気にせず前に進む。


IMG_20171219_104219_R.jpg 
問題の漏れているガスケットの部分が見えてきた。


IMG_20171219_105857_R.jpg 
30年以上張り付いていたと思われるが、熱でやられてガスケットが簡単にパリパリとはがれてきた。
こんな風になってたら、それはオイル漏れするはずだ。

IMG_20171219_105955_R.jpg 
今までご苦労様でした。


IMG_20171219_110208_R.jpg 
これがピストンなのか。
表面にカーボンがついているのでマイナスドライバーでこじってキレイにた。


IMG_20171219_110524_R.jpg 

キタコのモンキー用パッキンセット。
37年前のモンキーでも手に入るのがうれしい。ありがたいことである。

IMG_20171219_111901_R.jpg 
新しいパッキンをセットする。


IMG_20171219_112714_R.jpg 
チェーンと歯車の関係が壊れないように慎重に元に戻していく。


IMG_20171219_123035_R.jpg 

別にしなくよかったのだが、前半でタペットを緩めてしまったのでやりなおし。
SR400での経験が役に立った。



無事組み終わったが、
なんとオイル漏れは止まらなかった。
しかも、コールドスタート時にエンジンなのかマフラーなのかわからなかったが、
温まるまでバフンバフンと排気漏れのような音がするのである。
しかも、焦げ臭いにおいもする。

なんなんだろうとモヤモヤしていたが、もう一回ネットで手順を勉強していった結果、原因がハッキリとわかった。

●トルクレンチを使わなかった
●シリンダヘッドから締め付けていかなかればならない手順を守らなかった


一番最初だったので手順まで気が回らず見えるものから締めていった。
締めすぎなければいいだろうとゆるゆるだった。

一旦ボルト類をゆるめてシリンダヘッドから
トルクレンチでやりなおしたら想像以上にガンガン締めこまれていった。
これはトルクレンチを使わなきゃどこまで締めていいのかわからない感覚だ。


オイル漏れも排気漏れもピタッとウソのようになくなった。


調べてみるとトルクレンチを使わない場合でよくあるケースで
シリンダヘッドのガスケットがぴったりしておらず
そこから排気漏れとオイル漏れしてしまうとのことであった。


37年前のモンキーだがオイル漏れもバッチリ修理できた。

ふと思った。
……ここまで来たらボアアップも簡単にできるんじゃないか????

モンキー エアフィルター交換

20171118144500bc6.jpg 

ちょうど一年前にやってきて2100km走ったのでエアフィルターを交換することにした。
取り出した旧フィルターは触った感じはオイルも乾いておらず、汚れも手につかなかった。

ありゃま。
これはやる必要なかったかもしれない。

20171118144501301.jpg 


NTBのモンキー用のエアフィルターを送料込み400円くらいで手に入れた。
エストレヤのと違い前もってオイルが添加されているようだが、
触ってみたところなんだかついているのかついていないのかハッキリしない。

なので2ストオイルを垂らしてギュッと握って湿らせた。
これで一安心!

旧エアフィルターと比べて目が細かい。

取り付けて走行すると空気の入る量がどうも違うらしく、
ちょっとギクシャクする。

キャブレターのエアスクリューで調節。

エストレヤの時と違って特に大きな違いはなし。

モンキーはジムと近所のラーメン屋に行くくらいで距離は伸びないので、
また一年経ったらやりましょうかね。

モンキーオイル交換

20171111155938a39.jpg 

製造から36年という老体ということで250kmごとにオイル交換していたが
さすがにそれはやりすぎかなと。

今回は800km走行後にオイル交換。
距離を重ねるとオイルがせん断されて柔らかくなるのもあり、
エンジン本体から滲み出るオイル有り。

減っていてよろしくないかなと思い、オイルレベルゲージにて測ってみると全く問題なし。

滲み出ている割には減ってないんじゃないかと思わせるくらいであった。

この滲み出るオイルが旧車だなと感じさせる風情があるというか。
年式を重ねた証拠というか、なんとも言えない心地よさを感じさせるのである。

新車でこのように滲んでしまうとがっかりだが、
もう30年以上経過したものならやっぱりかと妙に納得させられてしまう。


しかしそれでも走行に影響はないし元気よく動いているところがさすがカブ系エンジンだなと嬉しくなってしまう。

2017111115594390d.jpg 

ホンダウルトラG1を
定量0.6リットルを計りそのままぶちこむ。
オイルレベルゲージのぴったり上限ギリギリにおさまる。

走行してみたところエンジンフィーリングがやはり違う。
やはりここは500kmごとにやってあげた方がいいか。

モンキー パンク修理

モンキーで少し離れたコンビニにアマゾンの荷物を受け取り帰ろうとしたとき、
後輪がぺちゃんこになっていた。
コンビニに到着したときはまったく問題なかったのに、本当に突然だ。

タイヤがぺちゃんこになったモンキーを自宅につれて帰り、これまたタイヤチューブが届くのを待たなきゃならない。
でも、これまたアマゾンでサクっと届く。
アマゾンで1056円なり。




IMG_20170404_232939_R.jpg
 
自宅に入れ込んでの作業である。

ここまではセローとまったく同じ仕組みでサクッと後輪が外れた。


IMG_20170404_233130_R.jpg 
モンキーのホイールは合わせホイールと呼ばれる特殊な構造になっており、よくわからず少し手間取った。

結局のところホイールのボルトを外してやればよいのである。
ただ、慣れているためかセローのほうが簡単に思えたのは気のせいか。


IMG_20170404_234900_R.jpg 
ようやくチューブを取り出すことができた。


IMG_20170404_235008_R.jpg 

タイヤに釘でもささっていたのかと思ったが、なんとチューブが経年劣化で裂けてしまったようだ。
しかも縦に裂けてしまっている。

空気を入れても2-3日でタイヤがやわらかくなっていたので、もしかしたらこれが兆しだったのかもしれない。
チューブを交換後は2-3日経っても空気は減らなくなった。



合わせホイールでチューブをはさんでパンクさせないようにある程度膨らませながらの作業で修理完了。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム