スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極寒の南房総林道探検

20170117
平日休みのセロー乗りの友人と朝七時に待ち合わせて0820発の横須賀のフェリーにて
南房総に向かう。

IMG_20170117_094319_R.jpg 
はて、最近雪は降らなかったはずだが日陰や畑は雪が積もっている。
面白そうなルートであったが撤退である。
(あとで気がついたが、この程度ならぜんぜん進めた)

IMG_20170117_094324_R.jpg 
暖かい千葉でこんな調子なら、道志や山梨方面はもっと大変だろう。


IMG_20170117_101625_R.jpg 
しばらく予定したルートを走っていくとできたばかりの林業収穫用の道をみつけた。
お邪魔するとかとしたところで急に腹痛に襲われる。

少し離れた草むらで野グソである。
この時期の野グソはお尻はひんやりするが、爽快感は四季の中でもピカイチではなかろうか。
我ながら見事な健康的なクソである。

ほんの少し行ったところで行き止まりで引き返す。


IMG_20170117_105320_R.jpg 
すぐ近くに舗装路の林道がありいつのまにかダートになり、
ずいぶん先に進んだところで地図上ではまだ道があるはずなのだがこんな調子である。

IMG_20170117_105329_R.jpg 
がんばってどんどん進むが、雰囲気が少し変わったところを境にこれ以上は行かないほうがいいと直感が働く。

がんばりすぎたところで金にはならないし、セローが谷に落っこちたら冗談ではない。
ほどほどにしておく。まだまだ探検しなきゃならないところがたくさんあるから。

ノーマルタイヤの相棒はタイヤが空回りとかしたり息が上がっていたが、
ふむう…ノーマルタイヤとツーリストの性能の差はやはり大きい。

IMG_20170117_110707_R.jpg 
折り返し戻ってきたところでいったん休憩。

IMG_20170117_110430_R.jpg 
IMG_20170117_110722_R.jpg 
こういう名前の林道であったか。

masumarindou_R.jpg 
増間林道にて。
昔VTR250で来たことがあった。
途中岩がゴロゴロしていたのでセローで来てみたかった。


IMG_20170117_121447_R.jpg 
これから舗装されていくような雰囲気の林道にたどり着いた。

IMG_20170117_120906_R.jpg 
太平洋が見える。
明るく気持ちのよい風景の広がる林道。
こういう林道でキャンプしたいなあ。

IMG_20170117_121512_R.jpg 
あと60日もすれば春が来るけど、まだ冷たい冬が続く。
今はそれを楽しむ。
IMG_20170117_133546_R.jpg 
勝浦の杉戸林道に向かう途中、凍っているものを見つけた。


IMG_20170117_133558_R.jpg 
ツララである。
ツララなんて初めてみた。
暖かい南房総でツララが見れるなんて思いもしなかった。

IMG_0248_R.jpg 
帰りの東京湾フェリーにて

このあと杉戸林道にたどり着くも、時間切れで撤退することにした。
メインの林道としていたが、他の林道探検が思った以上に時間がかかった。
次回のお楽しみである。

ツーリスト試し切り!秦野市の山にて

早速ツーリストの試し切りにでかける。
秦野市の大山周辺に何かありそうだ。


IMG_20170106_092957_R.jpg

国道一号線を下り伊勢原を抜けて大山近くに来た。
大山周辺は何度も来ているが、セローでないと行きたいと思わないところにはじめて来た。
新しい発見がいくつもある。

IMG_20170106_093006_R.jpg 
IMG_20170106_093013_R.jpg 
林道と見受けられるダートを走っていく。


IMG_20170106_094838_R.jpg 

IMG_20170106_094934_R.jpg 
突然、道がハッキリしない林の中に来た。
急に不安になった。道がわからなくなるかもしれない。
慎重に進まないと詰んでしまう場合もあるので、今日のところは引き返すことにした。
横須賀で詰めろを経験してから二手三手先を読んで判断するようになった。

いやしかし、ツーリストはなんて走りやすいんだ。タイヤ自体が柔らかいから路面の石を包み込むように走れるから安定度が抜群である。



IMG_20170106_093833_R.jpg

景色が抜群。

 IMG_20170106_095631_R.jpg 
登山道?のようだ。

IMG_20170106_095640_R.jpg 
反対側はかなりのバッドコンディションのようだ。
この地割れにはまったら大変そうである。

IMG_20170106_095653_R.jpg 
とりあえず進めば人のいるところに出られるということか。

IMG_20170106_100057_R.jpg 
よーし、いったれや!
見せてもらおうか!IRCのツーリストの性能とやらを!!!

すごい!!あれほどの脅威だったら大きく飛び出た木の根を何事もなかったかのように乗り越えることができる!!!
ノーマルだったらズルッと倒れてしまうくらいの木の根がいとも簡単に…。

こっ!これはずるいタイヤだ!!
みんなこんなすごいタイヤつけてたのか…!!
走破性がまるで違う!!!
まるで自分がうまくなったと勘違いしてしまうくらいにすごい!!!!!
こういうことだったのか…!!!!

ツーリストの性能に安心して危険な場所に飛び込んでしまいそうな自分が怖い。
タイヤの性能のおかげだと何度も自分に言い聞かせた。無理はしないようにしなければならない。

IMG_20170106_100107_R.jpg 

IMG_20170106_100118_R.jpg 
うむむ~、ここから先はトライアル的な要素が強くなっていきそうなのでここらへんで撤退である。

IMG_20170106_102047_R.jpg 
予定していたルートを進むと、実に普通の林道らしいところが現れた。

IMG_20170106_102316_R.jpg 
林道から一歩外れると急な斜面が広がる。
だが、そこから見える景色が実に美しい。

IMG_20170106_102212_R.jpg 
秦野にこんな場所があったなんて、思いもしなかった。
ただ自分が発見できていないだけで、こういった場所はゴロゴロあるのだろう。
それを見つける喜び!

IMG_20170106_102757_R.jpg 
このあと、山北町の寄方面に行き探索を追え、午後14時には横浜に帰還する。

看板によると虫沢林道の舗装が進められているようだ。
残念ではあるが仕方なくもある。

IMG_20170106_122744_R.jpg 
虫沢林道に向かう途中に路面に薄い氷が張っていた。
しまった転倒するかと思ったが薄い氷でよかった。
今の季節は気をつけなければならないとこの氷が教えてくれた。
あと十日もすれば今年初の雪が関東で降るだろう。


IMG_20170106_122809_R.jpg 
美しすぎてじっと見とれてしまった。


ツーリストの問題すべて解決!

IMG_20170104_234146_R.jpg 
早速新しいチューブが届いたので仕事が終わってからすぐ交換してみる。
空気圧が抜けた状態でタイヤの一部のビードが落ちている。

IMG_20170104_234155_R.jpg

こちらはホイールの逆側。こちらがわはちゃんと上がっている。
全部が上がっていないからトラブルが出るに違いない。


ところが、早速新しいチューブを装着してみるが、状況は何も変わらなかった。

何回かまた繰り返していくうちに、なんとなく自分が不自然なことをしているのではないかと思い始めた。
空気が抜けている状態でビードストッパーのボルトを締めていたが、これを逆に、
空気を入れてからビードストッパーを固定したらどうか?

なんたることか、これが正解であったのだ。

つまり、最初にビードストッパーを固定してしまうと、本来所定の位置に行こうとするビードの動きをビードストッパーが邪魔してしまうという原理であった。

空気を入れ、まずビードが行きたいところにいかせてやる。
ビードの位置がバッチリ決まった後でビードストッパーでロックをかけてやる。
この手順が必要だった。

試しに走ってみると、振動がまったくゼロである。
ただビードストッパーを固定するタイミングが間違っていただけである。
ミッションコンプリートである。


ここまで気が付くのに相当な時間がかかったうえに、バランサーも購入してしまったし、チューブも余計に買ってしまった。
ウエイトも外してもまったく問題なかった。

何かと無駄が多かったが、今後二度と同じ失敗はありえないし、
何よりタイヤ交換に相当の自信がついた。
バランサーも導入したのでビードブレイカーとエアコンプレッサーがありさえすれば
アドベンチャーのタイヤ交換も自分でできるようになったのでこれはこれでよかったんじゃないか。

何よりこれからツーリスト生活がはじまるので楽しみである。

IMG_20170105_014900_R.jpg 
ひと段落し、もう真冬でレバーの冷たさから体温を奪われるのを防ぐためにスポンジをつける。
以前から冬の長距離ツーリングでアドベンチャーには必要だなと思っていた。

IMG_20170105_014847_R.jpg 
ブレーキレバーはうまくいった。

IMG_20170105_015920_R.jpg 
なんたることか!
クラッチレバー側は途中でちぎれてしまった!!!

IMG_20170105_015928_R.jpg 
片割れがこちらのほうに。

IMG_20170105_020230_R.jpg 
手から温度が奪われなければそれでいい。
ちぎれたスポンジをビニールテープでぐるぐる巻きにして固定してレバーガードをつけて作業完了である。

これでこの冬は快適である。

泥沼のトラブルシューティング

IMG_20170101_201006_R.jpg 
セロー225のツーリスト装着時の時速30-40kmしかでていないのに謎のひどい振動をなくすためにあれこれやることにした。

タイヤのバランスをとるためにバランサーとウエイトをアマゾンで注文する。
友人にも分けて上げられるように5g×12個×20セット=1.2kg分買った。


IMG_20170101_202750_R.jpg 
一見大変な作業のように見えるが、どの位置でもタイヤが回転しないようにウエイトを取り付けていくだけの作業である。


IMG_20170101_203451_R.jpg 
ビッシリととりつけた。
5g×12個=60グラムである。

タイヤのバランスはばっちり取れたのだが、実際走ってみると以前ほどの振動はないものの、
やっぱり上下にガクガクと健在である。

どうしたものか、やはり無理なのかとあきらめかけた。


一旦自宅に戻り、風呂に入りながらipadでビードストッパーやタイヤのバランスのことについて研究していたら、もしかしたらビードストッパーがちゃんと装着されていないのかもしれないと思い、
夜中の1時であったが、気になったら止まらない。
早速モンキーを走らせてセローを見てみる。


やれやれ、リアタイヤ脱着はこれで何度目か。
ただ、おかげさまでもう目を閉じてでも後輪は脱着できる。しかも早く。

ビードストッパーがちゃんと装着されているのを確認できた。

だが、空気を抜いた状態でふとタイヤを見ると、なんとタイヤの一部のビードが中途半端に下がっているのである

!!!!!!!!!!


そういうえば、この振動、茨城でノーマルタイヤにクギがささってパンクして空気が抜けていくときに感じた振動に非常に良く似ている。

なるほど。
おそらくビードがきちんと上がりきっていない。

つまり、正常とパンクの中間の状態にあり、振動が出るのではないか。


もう一度ネットを丹念に調べてみるとヒントがあった。
ツーリストにチューブを入れるとき、ノーマルのチューブではビードが上がりきらなかったり、
走行中にビードが下がってしまうとの記述があった。


そうか…そうだったのか、自分自身のタイヤとチューブに対する理解が足りなかったということか。


ということは、おそらくこのツーリストにぴったりのチューブに変えればすべてが解決するはず。

ただ、この時点でも、一体なんのチューブを使えばいいのかさっぱりわからずにいた。
色々調べてみたがよくわからない。

アマゾンでいくつかチューブを買って試してみればいいのだが、費用がもったいないので
思い切ってyahoo知恵袋で聞いてみたら
4.00-18のチューブを使い、空気圧2-3kgでビードを上げろとのアドバイスをいただいた。

そうか…そうだったのか、ツーリストのリアには4.00-18が正解だったのか…。
しかも、チューブに結構な空気圧をかけないとならないのははじめて知った。
早速注文した。

到着しだいすぐにやるつもりである。

もうこれ以上できることはないので、これをやれば絶対うまくいくはずである。

ビードストッパーの脅威

20161230
アドベンチャーの調子維持のため少し走る。

IMG_20161230_090330_R.jpg 
自動販売機でコーヒー休憩。
10年前にVTR250で訪れたとき、この売店のおばちゃんに話しかけられた。
なんでも、創価学会を一生懸命やっていると言っていた。
とてもエネルギッシュなおばちゃんで、明るくて元気がよかった。
おばちゃんは今も元気に生活してらっしゃるのだろうか?

10年という年月の変化はとても大きい。
あのおばちゃんの姿が心に残る。

IMG_20161230_090313_R.jpg 
IMG_20161230_094010_R.jpg IMG_20161230_094142_R.jpg IMG_20161230_094200_R.jpg 
IMG_20161230_094225_R.jpg  
IMG_20161230_094410_R.jpg

IMG_20161230_094346_R.jpg 
IMG_20161230_095621_R.jpg

午後二時ごろ、横浜に帰還する。走行距離200kmほどか。

IMG_20161230_163150_R.jpg  
近所のヤマト運輸にてツーリストを受け取る。

IMG_20161230_163548_R.jpg 
難易度の高い後輪からスタートする。

最初は踏み台にセローを乗せるのが苦手だった。
サイドスタンドで思いっきり傾斜をつけて空いたところに踏み台を入れると力も必要とせず、ツルンと乗せることができるようになった。


IMG_20161230_165617_R.jpg 
ここで問題が発生した。
あろうことか、チューブタイヤなのに硬すぎてビードが落とせなかった。
踏んづけてもだめ。
はめて7-8ヶ月だが、この短期間にここまでぴったり張り付くとは…。

詰んだかと思ったが、セローのサイドスタンドで踏んづけてやれば落とせるかもと思ったが、
正解だった!

実際林道でビードを落とす工夫も考えておかなければならない。
サイドスタンド以外にもう一つ手段を考えておきたい。


IMG_20161230_165510_R.jpg 
ここまで来ればなんでもできる。パンク修理のときはここからスルッとチューブを抜けばいい。


IMG_20161230_170932_R.jpg 
IMG_20161230_181008_R.jpg 
久しぶりのため後輪が終わるまで90分かかった。
ただ、初めてやったときより早くなっているし、参考動画を見なくても大丈夫。
よし、今回の経験でタイヤ交換は完全に体が覚えた。

前輪は難易度低いのでなんと25分で全部完了。
よしよし、自分よ、よくやった!

IMG_20161230_194152_R.jpg 
ノーマルフロントスプロケットを取り外す。

15Tから13Tに変更するのだが、
なるほど、外径が大きいツーリストが13Tのスプロケならスイングアームにぶつからない理由がよくわかった。

IMG_20161230_194803_R.jpg 

すべて終わって試しに走ってみたが、時速30-40kmで振動が激しすぎてどうにもならない。

自分のセロー225のホイールはチューブタイヤなので低圧を利用するツーリストでは必ずビードストッパーを入れなければパンクしてしまう。

一旦、後タイヤを良く見ると、軽点がでたらめなところに来ている。
もう一回タイヤを外してビードを落とし、ビードストッパーのところに軽点を持ってくる。
大分よくなったが、まだまだバランスが狂っている。

家に帰って色々調べてみると、時速100km超えないとバランス調整する必要がないし、振動はないとなんかよくわからない情報ばっかりだ。
実際自分のはビードストッパーが原因で時速30km超えるとバッチリ振動出てとてもじゃないけど乗れない。
ビードストッパーつけてバランス調整している情報が少なすぎる。

前輪はなんとなく大丈夫そう。
原因はおそらく後輪のバランスである。

新しい課題、タイヤのバランス調整。さあ、新しいチャレンジだ。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。