10年の時を越えて

卒業検定、合格していた。
フタをあけてみたら、ミスをしなければ時間が多少かかっても合格になるらしい。
そんなに一生懸命がんばらなくてもよかったのだ。


合格を知った瞬間に、Oさんにすぐメールをした。
「合格しました。すべてのミッションコンプリートしまして、アドベンチャーに乗るための障害を全部取り除きました。本当にありがとうございました」
12月12日、免許証に大自二の文字が記載された。


忘れもしない、2013年12月17日午後4時55分。
BASからオートバイ到着の連絡が入った。

震えた。
次の日はちょうど休みである。
足はちゃんと地面に付くのか、心配だったけども、そんなことはもうどうでもいいのだ。
足がつかなければ、足がつくような底の厚い靴を履いてでも乗ってやるのだ。


次の日、朝早く起きて横浜のBASの最寄り駅に到着する。
駅近くのファミレスで食事をして時間を調整する。
BASがはじまるのが朝9時から。

歩いてBASに近づいていく。
上り坂を息を切らして歩いていく。タクシーは使わず、その分ガソリン代にするのだ。


一歩一歩近づいていく度に、不思議な気持ちになる。
本当にR1150GS ADVENTUREが用意されているのだろうかと。


実は全部うそで、大どんでん返しが待っているというパターンではないのかと疑ったり。


10年まえから存在は知っていたが、実際触ったこともなかったR1150GS ADVENTURE。


bas



BASが見えて来た。
GSの姿はどこにもない。
BASのおじさんに名前を告げるとちょっと待っててと奥に入っていった。

おじさんが再び現れたとき、さも簡単そうに軽々アドベンチャーを押して持ってきてくれた。
正直な話、もっと大変そうに現れるかと思っていたのだが…。


おじさんはビジネスライクに説明をしていくが、俺にとっては10年あこがれたバイクで、
はじめて触ったとき、うれしさのあまり涙が出そうになった。


2002年に作られたこのGSは、女性に例えると20代前半の女のような新しさはなかったが、
男心がわかりはじめた30代前半の魅力ある女という感じがした。


…よかった、足は着く。
早速エンジンをかけようとしたとき、すぐにエンストした。
なんだ?かかりが悪いのか?
2度、3度やってもだめなので、アクセルを開けて少し暖機運転することにした。
うまくいった。
後になってわかったが、エンジンオイルが20w-50が使われており、始動性はよくなかったのだ。
VTR250は10w-30であり、そのオイルしか自分は使ったことがなかったのでわからなかった。


何もかもがはじめてで、何もかもわからない。
だけどもうれしい誤算が一つ。ETC装置がそのままにしてあったのだ。

これは本当にありがたい。
まずはじめにETCをつけなければと思っていたのだ。


オートバイはETCがあるのとないのとではぜんぜん違う。



自宅に着いてアドベンチャーにシールドを取り付ける。
パニアは外す。

本当に自分のものになったのか…。
しみじみ思う。
Oさんに本当に感謝。


gas2



10年前に欲しいと思ったオートバイ。
当時は新車では買えなかったが、その分、今いっぱい整備にお金をかけよう。
作られて11年が経つのに23000キロしか走っていない、その分、自分がたくさん走ってやろう。
大事にしよう。
俺の元に来てくれて、本当にありがとう。

幸せな気持ちでいっぱいだった。


でもこれで終わったんじゃない。
たった今、始まったばかりなんだ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム