アドベンチャーとCB125T、共にオイル交換

KIMG0009_R.jpg

本日は桜を見に伊豆まで行こうとしていたが、朝から小雨が降っておった。
アドベンチャーのオイル交換まであと200キロだったが、今日は次のツーリングのために早めにエンジンオイルを交換しておくことにした。

CB125Tのエンジンオイル交換もあと220キロで交換だったが、一緒に交換することにした。

エンジンオイルはまとめ買いしておいた最後のカストロールRSエッジ10w-50。
アドベンチャー用である。


DSC_0159_R_20150403171450c7a.jpg

CB125Tの方は以前横須賀のドンキで4リッター980円で売っていたGTX10w-30
である。


KIMG0012_R.jpg

まずはアドベンチャーから。
エンジンガードを外す。朝飯前だけど、めんどくさく感じる。
でも、エンジンガードのおかげでアドベンチャーを倒してもどこも壊れないからエンジンガードに文句は言えない。


KIMG0010_R.jpg

KIMG0015_R.jpg

ちょっと入れすぎた感じはするが、地面が完全に水平かどうかわからないので、あまり細かいところは気にしないようにしている。
ディーラーから戻ってきたときこの場所でこのくらいだったので、これでいいのだ。
地面のちょっとした傾斜でセンタースタンドを立てた場所で目安が変わるのでやむをえない。

どうせすぐエンジンオイルは燃えるのだろうし。

本来であれば、エンジンオイルが熱い状態で計測しなければならない。
熱によって体積が増加するからだ。
ましかし、200キロも走れば適量になってんだろう。



KIMG0011_R.jpg

余ったオイルは補充用にペットボトルに入れてアドベンチャーのパニアへ。


KIMG0018_R.jpg

次はCB125Tである。
あらかじめペットボトルに入れておいた。

KIMG0006_R.jpg

780キロしか走っていないのにこの黒さ…。
さすがに原付、さすがに高回転型である。


KIMG0016_R.jpg

アドベンチャーとCB125Tの二台分の汚れたエンジンオイル。
ご苦労様でした。


エンジンオイルを交換したあと、CB125Tでみなとみらい周辺でレッドゾーン近くまでブン回してみる。
いい。実にいい。
咆えろ!!!!

780キロで交換したが、やはりオイルは劣化していたかと感じるのである。

やはり、CB125Tの性能を引き出すには500キロごとのオイル交換してやってもいいのかもしれない。

この4輪用のカストロールGTXはCB125Tに使うなら一回350円である。
よし、今度からは500キロごとに交換だな。


しっかし、クッソ面白いわCB125T。
CB125Tの感動性能。
実に楽しい気持ちにさせてくれる。
自分自身も知らぬうちに、走っていて知らず知らずに笑顔になってしまっている。
何度も乗ってきているのに毎回新鮮に感じさせる不思議なオートバイ。


50ccでもない、250ccでもない、リッターバイクでもない、125ccのかもし出す独特の魅力というか。
感動性能という言葉が言い得て妙である。
VTR250は高速道路もそつなくこなせて非常にいいバイクであったが、
正直、自分自身にとってどちらがおもしろいかと聞かれたら、CB125Tの方が断然おもしろいと答える。

バイクの神様、こんなおもしろいバイクと出会わせてくれてありがとう!



7日は仕事仲間と原付ツーリングの予定なので非常に楽しみである。晴れてくれればいいなあ。


一仕事終えて腹が減ったので珍しくラーメン屋へ。


KIMG0019_R.jpg

ごちそうさまでした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム