静岡県の井川湖ツーリング 4 GO HOME

G0051241_201503271945189cd.jpg

井川湖に別れを告げて帰りは同じ道をたどることにしたのである。
帰りはGOPROで写真を撮る必要はなかろうと思ったが、やはり行きと帰りでは見えるものが違うのである。

山中に突然現れた茶畑に思わずアドベンチャーを停める。
お茶の静岡ならではの風景である。
これを収穫したらいったいいくらになるのかね。


G0051249.jpg
G0051250.jpg
G0051251.jpg
G0051252.jpg


G0051264.jpg
G0051253.jpg

つらかった峠道もこれでおしまい。ようやく終わったというのが本音である。
峠道と快走路が交互に来てくれればツーリングは最高に楽しいのだが、
そんな状況になるいことはまずない。
このような細い峠道は交通量が少ないからこそ。交通量が多ければ自然と大きな道ができるだろう。
自分自身の目的がこのような人の少ないところ田舎を目指しているのである。
峠道がつらいと思っていても、また走りに行くであろう。

何年か経ったとき、また井川湖を目指しているかもしれない。
あまりろくに調べもせずにツーリングに行ってみたが、今度は井川湖周辺を調べてまた行ってみるのも面白いかもしれない。

ちらっと調べてみたが、井川湖周辺は秋はすごい紅葉が見られるとのことであった。
今年の秋にでも行ってみるかな。
今回の最終目的地近くに温泉の施設があったのだが、定休日であったのだ。
次回はその温泉に入るのも面白いかもしれない。


G0051294.jpg
G0051295_20150327195051ff3.jpg
G0051296_2015032719505228c.jpg

狭い峠道とお別れ。
爆走路である。
横浜から、給油したガソリンスタンドまで4.5時間かかったが、
ガソリンスタンドから井川湖往復で5時間かかった。

神経が疲れ、朝七時にご飯を食べていらいコーヒーしか飲んでいないので、体が疲れている。

一方で心にみなぎるこのエネルギーはなんだ。
山や木や湖やカモシカに見えない元気をいただいたのである。

まだまだ全然走れる。むしろ停まる気なんてさらさらない。
でも、やっぱり疲れたから、自分にとってのホームベースである道志の湯に入って横浜に戻ろう。


G0051302.jpg
G0051314.jpg
G0051332.jpg
G0051334.jpg




G0051339_20150327201630157.jpg
G0051363.jpg
G0051359.jpg
G0051381.jpg
G0051401_20150327201635e91.jpg


GOOGLEのナビを使って道志の湯に向かう途中、定食屋を発見した。
DSC_0275.jpg




DSC_0276_20150325001309c78.jpg
DSC_0274_2015032500130820d.jpg

五平茶屋という食事どころである。
道志の湯までまだ距離がある。ここで食事をとっておいたほうがいいだろう。
すかさずこの店に入った。
富士宮といえば焼きそばと聞いたことがある。
早速注文したが、今日はシールドなしで出たので、冷たい空気で顔の筋肉が固まり、うまく言葉を発せなかった。
たどたどしく焼きそば定食を注文した。

まさかヤキソバにご飯とみそ汁はないだろうと思い込んでいたが、
やっぱりご飯とみそ汁付きで出てきたのである。

だがこの焼きそば、普通の焼きそばと違い、コシがしっかりしており、これはこれでオカズになるのである。
魚粉?と青のりの香りが食欲をそそるのである。
この焼きそばは注文すればトッピングが色々と工夫できるシステムになっている。

ご飯もみそ汁もおいしく、この店は自分自身は気に入ったので、次回は焼きそばをたっぷり頼んでみよう。


おなか一杯になったら元気が出てきた。
さあ、また出発しよう。
また来ます、ありがとう。


G0061420_2015032720343651b.jpg
G0061417.jpg
G0061450.jpg
G0061423.jpg
G0061458.jpg



G0061507.jpg
G0061525.jpg
G0061550.jpg
G0061562_2015032720381092f.jpg
G0061563_20150327203811d11.jpg


DSC_0277_20150327204018fb9.jpg

道志の湯にたどり着いた。
食事とコーヒーとトイレで使った一時間以外はずっと走っていたので、体フラフラと道志の湯に吸い込まれた。

本日は気温が冬に戻るという予報をツーリング途中に知った。
アドベンチャージャケットはしっかり仕事をしてくれて、自分の体を寒さから守ってくれたが、
やはり一日ずっと体は低温を感じていたので、体全体が固くなっている。
入り口に入った瞬間、暖かい空気を感じて、心からほっとした。

道志の湯で受け付けてくれたおじさんはどうやら自分のことを覚えてくれたようだ。

まず、体を洗うために初めの一杯のお湯をかぶった時に、生き返るかと思った。
恐ろしいくらいに気持ちがいいのである。
お湯をかぶるたびに体が元気を取り戻していく。

露天風呂に入ろうと外に出た瞬間、あまりの寒さに思わず走ってしまった。
ざぶんと湯船に沈んだ瞬間に、素晴らしいツーリングだったなあと心底思ったのである。
夕焼けに染まる道志の山。
生きていて本当によかったと感じる瞬間である。生きているって本当に素晴らしい。

温泉で〆るツーリング。
たまらん、たまらん、たまらんなあ。本当にたまらん。実に気持ちがよい。

鳥モツ頼んでコーラを飲んだら眠くなった。
2時間くらい寝たかと思ったが、30分しか経っていなかった。
しかし、疲れは思いっきり取れたのである。



G0071663.jpg

道志村から自宅は朝飯まえである。
実に楽しい一日だった。

本日の走行距離540キロ
走行時間約13時間

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム