CB125T修理完了

CB125Tの修理完了の連絡あり、早速受け取りに行く。

今回は23000円かかった。

プラグの清掃やバッテリー液の補充などもサービスしてくれたようで、本当にありがたいことである。

暖かくなってきたことだし、CB125Tで遠出もやってみるかな。



今日は休みであったが、嫁さんが箱根に電車で行きたいと言うので行くことにした。

電車とバスでの移動で全部で5時間くらいかかっており、さらに二人合わせてアドベンチャーで1200キロは走れるくらいのガソリンに相当するほどの
電車代、バス代がかかった上に、温泉卵を食べて美術館を一つ行っただけで日が暮れて横浜に帰還である。

たまにはバイクから離れてみるのもいいかもしれないと思ったが、
電車での移動というのはどうしてこんなにも退屈なのかなと思う。

嫁さんと過ごす時間は楽しかったものの、不完全燃焼である。


いやしかし、交通費がとんでもない金額がかかって、本当にびびった。
普段バイク一本のガソリン代と比較してもびっくりである。
アドベンチャーでビューンと高速使って箱根に行き、その足でいろいろ回ったほうが早いし経済的であったし、
移動そのものが楽しかったのである。

いやしかし、自分自身の興味の対象がなるべく人の少ないところ、自然の風景を好むので、
観光客がうじゃうじゃといるところは自分はやっぱり全然だめだ。

嫁さんはディズニーランドも好きだ。
自分も子供のころはディズニーランドが大好きであったが、今は求めるところはそこではないのである。
ディズニーに行くのであれば山梨県道志村の「道志の湯」で木々の緑を見ながらゆっくりダラダラ過ごしたほうが遥かにいいのである。


この体、この心がバイク馬鹿として完成に近づいている気がしてならない。
心のどこかでこのままじゃいけないんじゃないかと思う部分がありつつも、
むしろこのままでいい、小さい馬鹿になるな、でっかい馬鹿になれ!!
目指せ究極のバイク馬鹿。
むしろ、Takesi Goda流バイク道を極めるべきなのではないかと本気で思ったりするのである。


そういえば四六時中、自分は考えていることと言ったらバイクのことばかりである。


バイクが本当に好きなのである。

誰にも理解されなくても構わない。
でも、嫁さんの意見も尊重してやらなければならないのである。
自分一人ではなく、嫁さんと自分合わせて1つなのだから。

いやしかし、嫁さんをこちら側に引き込むことも必要かなと思っている。
嫁さんはおしゃれが好きなので、5万円くらい用意してやり、ナップスなどに連れていき、これで好きなバイクウェアを買いなさいと
言ったらバイクに乗るのがおそらく好きになるだろう。

とりあえずこの作戦のために金を貯めなければならないなと思う今日この頃である。


今日は横浜に戻った後にCB125Tに嫁さんを乗せてスシローに食べに行った後、
嫁さんのリクエストにお応えしてみなとみらい周辺を走った。


次は一人で遠くに行かせてもらおう。次の仕事の休みまでにツーリングコースを考えよう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム