R1150GSという存在

F650GSを一年以内に手に入れるぞと心に決めてから、毎日時間があればF650GSのカタログを眺めたり、実際持っている人のブログを眺めたり、BMWの認定中古車のサイトをずっと眺めていた。

サイト


IMG_0011.png
1266684_550818244986109_1264231073_o.jpg


雑誌も集めては眺めて、絶対に手に入れるぞと、思い出すたびに言い聞かせていた。

ふと雑誌を見ると、過去のGSのことが載っていたり。
R1150GSアドベンチャー。
GS


2004年の頃、VTR250を手に入れたばかりの頃、BMWのオートバイのサイトを何気なく見ていたら
R1150GSアドベンチャーに衝撃を受けていた。
デザインもすごいなと思ったし、今はインターネットにも残っていないけど、サイトの文章にも心打たれていた。


当時の自分としては、すんごくかっこいいバイクだなあ、欲しいなあとは思っていたが、200万円以上もするバイクで、中型の免許取立ての自分では
大型バイクに乗るなんて思ってもいなかった。
でもいつかはBMWに乗りたいなあと思っていた。
BMWに乗ってみたいときっかけを作ってくれたR1150GSアドベンチャー。

あの独特のデザイン。
すんごくキュート。たまらん!

もし、これに乗るとしたらどうだろうか。

自分には乗りこなせるかわからないし、ネットなどで色々調べてみたら、
自分は身長170cmで足が短いし、ダメかもしれない。
乾式クラッチなので、大変そう。
倒しても起こせないかもしれない。
それに、すでに中古でも10年以上経っているから、状態が良いものはあまりないかもしれない。
修理代がめちゃくちゃかかるかもしれない。
聞けばブレーキの操作が大変で、ききまくりで大変みたい。
とにかく重いのでやめた方がよさそう。
今まで250ccの軽いバイクだったんだから、いきなり、リッター越えはよくないだろう。

やめる理由はいくらでも掘り出せたし、
F650GSに乗る方がずっと合理的だと思えた。
とにかく小さいバイクしか経験がない。小さいほうからはじめた方がいいじゃないかと。


ただ、日々、BMWの情報を集めていくうちに、R1150GSアドベンチャーに乗り続ける人たちがいることを知った。
メンテナンスし続け、修理し続け、今も乗っている人たち。
あるときはアドベンチャーを倒してしまって起こせなくて困ってらっしゃるときがあったり、
修理代が思ったより高額になってしまったり、などなど。

10年前のアドベンチャーも、まだまだぜんぜんいけるんだなあとうっすらと思い始めてきた。

R1200GSアドベンチャーをもっている人たちのブログもよく拝見させていただいていたので
知っていたが、
ユアン・マクレガーの大陸横断バイクの旅というDVDを見てしまったのがいけなかった。


R1150GSアドベンチャーでヨーロッパからロシア、アメリカはニューヨークに旅に出るというお話だったのだが、
自分は完全にこのDVDで背中を押されてしまった。


F650GSのことは完全に忘れて、R1150GSアドベンチャーをとにかく手に入れることに決めた。
10年前の夢を現実にする。

計画から三ヶ月、貯金30万円の時点であった。
その時点でR1150GSアドベンチャーの相場大体120万円。
グーバイクなどでも在庫は全国でも1~2台の状況であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム