元旦に横須賀にPCを運ぶCB125T

DSC_0065_R.jpg

20150101

母さんの命が短いとわかってから、毎日泣いていたが、それにも慣れてきた。
泣いても何も変わらないのである。
泣いても仕方ないし、気にしていても仕方ないのである。

泣くのも非常に疲れたし、自分の心にもよくない。悲しむのはもう十分だ、いい加減にするべという気持ちになる。
こういう状況でも幸せ見つけるミッションだと捉えて前を向いてみる。

とにかく、なるべく母さんのそばにいよう。
横須賀の実家にいたら何が楽しいか、思い出してみよう。
横須賀は海がきれいだし、静かだし、散歩していても楽しいから、それをやろう。


実家には部屋の余裕があるが、いても面白くないのである。
だから、横浜の我が家から自分用のPCを運ぶことにした。
PCでゆっくりネットサーフィンでもしてリラックスするのもいいだろう。
PCがあれば音楽も楽しめる。

当初、宅急便で送った方がいいかなと思ったが、時間がかかりすぎるし、
今日からスタートしたいのである。

CB125Tのシートに嫁がよく読んでいる少女マンガを敷いてその上にPCを載せる。

PCの四隅を紐でくくって固定する。
ガッチリ固定できた。

困ったことにモニターが紐がかからない。
どうするかと困ったところでガムテープがあるじゃないかと思いついた。
モニターをPCの上に置き、ガムテープでぐるぐる巻いてやった。

上出来だ。

早速横須賀に出発するが、仕事の服や靴をモニターの上に置くと、リュックサックが背負えないので、
前で抱っこする。

PCのヒモがちぎれて落ちないように気を使ったが、全然問題なしである。

CB125Tでなるべく時速50キロ前後で横須賀に向かう。

正月なので交通量が少ないが、四輪の動きがおかしいのが多い。
サンデードライバーなのだろう。
少しの挙動ですぐわかるので、なるべく近づかず前に出るようにする。

CB125Tは時速50キロで走るのが自分は大好きだ。
まわすのももちろん面白いが、田舎道を時速50キロでゆっくりツーリングするのも大変面白かろう。

そういえば、なるべく横須賀にいることにするのだから、
休みの日はフェリーで千葉にわたり、ツーリングに行ってみるか。

フェリーは長いこと使っていなかった。
CB125Tで千葉を走ってみたい。

よし。


手塚治のブッダに確か、牢屋に入れられた王様にブッダが
「牢の中の雑草があなたの味方です」という言葉をかけるシーンがあった。

これを今の自分に置き換えたら何ができるか?
楽しいこと、うれしいこと、元気になること、それは自分が気が付いていないだけで身の回りにあるはず。
探そう。


DSC_0073_R.jpg


DSC_0072_R.jpg

一家全員そろい、姉ちゃんが寿司を作って持ってきてくれた。
みんな笑顔で笑いながら明るい気持ちで食べることができた。

良いところにもっと目を向けていこう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム