スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日はアドベンチャーで締め

DSC_0063_R.jpg

2014年最後の日である。
この日はたまたま仕事が休みになったので、母親の退院ということで病室の荷物の搬出の手伝いに来た。
横須賀の共済病院にたたずむアドベンチャーである。
病院がまったく似合わないバイクである。


DSC_0064_R.jpg

母ちゃんも元気が出たようで、正月が家で過ごせてよかったと思う。

アドベンチャーで実家に到着すると、
家の風呂場から掃除を始めた。

ピカピカになった。

洗濯機の近くがどうも洗濯がやりにくいので、無駄なものを全部捨ててやりやすいようにした。
結構時間がかかった。

日が暮れる前にアドベンチャーを洗車する。

2013年の12月18日にやってきて以来、実に18000キロも走ってくれた。
総走行距離41000キロ。


ディーラーで整備をしていただいて以来、絶好調で、素敵なバイクライフをおくらせてくれている。

一年間乗ってきて思うのは、思い切って手に入れて本当に良かったなあと思う。
20歳から乗ってきて、歴代のバイクで一年で18000キロ走ったというのは初めてのことである。

バイクというのはバイクごとに魅力があると思うが、アドベンチャーはアドベンチャーにしかない魅力があり、
その魅力がたまらなく大好きだ。

一番びっくりしたのはクラッチ板を交換しなければならなかったことが今年一番の思い出であるが、
アドベンチャーの魅力を考えると、三年に一回くらい交換することになっても別にいいかなと思う。

それだけアドベンチャーは面白い。


長距離がとにかく疲れにくい。
エンジンがのんびりとした吹け上がりでゆっくりと走っていても楽しい。

時速70キロ以上からの追い越しは本当に大得意で、ツルンと追い越し追い抜きが可能である。

ウインドプロテクションが高く、風による疲労、寒さから守ってくれるので、
とにかく走るのが楽しい。

燃費はリッターあたり20くらい。
エンジンオイルを10w-40とかにすればもっと燃費はのびるのだろうが、
エンジンのことを考えるて自分はカストロールの10w-50を使っている。

取り回しは重いが、自分の体重を使ってアドベンチャーをコントロールできるようになるので、全然苦にならない。


初めのほうで一回だけ、攻めたUターンをしてそのときにエンストし立ちごけ。
Uターンはなるべく余裕を持って大きく回るようにして以来、エンスト、立ちゴケはしていない。


いざというときに備えて、JBRの距離無制限レッカーを年間一万円で入ったが、
運よく一度も使っていない。
BMWは整備できるところが限られるので、この無制限ロードサービスは続けようと思う。

タイヤのパンクに備えてJAFにも入ったが、これも結局、一緒に行った仲間のバイクのキーが抜けなくてそのとき助けてもらって以来なんのお世話になっていないが、
クギなどが刺さりパンクすることもあると思うので、これも継続する所存である。
JAFは本当にお勧めで、パンク修理キットも、タイヤの空気入れも持っていく必要がなくなるのである。
林道に行くよという人は林道では効果はないかもしれないが、
自分のようにオンロードライダーにはもしものパンクに備えることができるのでお勧めである。
自分だけではなく、一緒にツーリングする仲間も修理可能である。


CB125Tは納車から半月で600キロも走ってしまった。
このバイクは燃費もいいし、アドベンチャーに比べると修理代も安いので、サブとして別のバイクに乗るということは少し整備の費用を抑えることになるのかもしれない。
いやしかし、バイクは複数台あるとバイクライフがより充実する。

CB125TはCB125Tでアドベンチャーに負けないくらいの名車である。
やはり、CBの名前が付いているだけのことはあり、感動性能のバイクである。

2015年もガンガン走ってやるワイ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。