FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

谷戸ツーリング

 谷戸(やと)とは、丘陵地浸食されて形成された状の地形である。また、そのような地形を利用した農業とそれに付随する生態系を指すこともある。(や、やと)・谷津(やつ)・谷地(やち)・谷那(やな)などとも呼ばれ、主に東日本関東地方東北地方)の丘陵地で多く見られる。

wikipediaより



前回のツーリングの反省を生かし、印西までのルートを少し変更することにした。

今回のメインは谷戸ずくし。
印西から木更津までを田んぼのわき道をひたすら走るルートを組んだ。

朝九時の遅い出発。


IMG_20180118_121327_R.jpg 
今回のルートは非常に素晴らしく、ほぼ渋滞無しでサクサク行くことができた。
改善すべき点もあった。船橋に入ってからの住宅街が時間帯によっては進入禁止になっているのだ。
どうやら通学路になるようで子供たちが歩くところは交通事故を防ぐためにも通らないほうがいい。

この点を改良すればほぼパーフェクト。

印旛沼近くの田舎道を駆け抜けていよいよ谷戸ツーリング本番である。


yatoindex2.jpg 

谷戸のキーワードは
里山、畑、水田、ため池、細流などなど。
少年時代の夏休みに田舎のおばあちゃんちの近くをバイクで走ってみましたというイメージ。
想像するだけでワクワク感が止まらない。



IMG_20180118_121858_R.jpg 

これなんだよな~田んぼのそばの細い道をゆっくりと走ってくこの感じ。



IMG_20180118_122654_R.jpg

交通量ほぼ無し。
これが春、夏だったら本当にたまらない。

たまにイニシャルDかと思わせるような農道最速の軽トラが現れるのでサッと道を譲る。


IMG_20180118_122857_R.jpg

完全に谷戸。だれがどう見ても谷戸。
両側一車線ののどかな細い道をゆっくりと走る。
もうそれだけでたまらない気持ちになる。
ここをアメリカの人やヨーロッパの人が走ったら風情を感じることはあるのだろうか?

日本人だけではなかろうか。
谷戸は日本人の心と言っても過言ではなかろう。



IMG_20180118_122902_R.jpg 

 今回のルート、おおよそ谷戸が15km続くようにルートを取った。
のどかな風情のある谷戸のルート。
思う存分味わった。
我ながらあっぱれなルート。

ただ、延々と谷戸が続くので、途中、快走路をはさんだ方が絶対いいなと思う部分もあり。
大型バイクのような重いバイクだと大変かもしれない。

このルートは田植え前の水が張られた時期と稲が十分育ったときに是非また走りたい。


IMG_20180118_133420_R.jpg 
谷戸も終わり、木更津に向かう途中、おなかも空いたので飲食店を探していたら、
ポツンと定食屋が現れた。

シンプルなプレハブ小屋に立てかけられたプロパンガス。


「かおり」だと???
なんともありそうな素朴な屋号である。

「かおり」は人の名前であろう。
恋人の名前か?それとも奥さんか?それともお母さんだろうか。

ツーリング先で突然ポツンと現れる定食屋。

食べログでどういう店なのかを調べることなんてもちろんしない。
ここらへんで美味しい店はあるのかとスマホで調べることなんて絶対しない。

そのときたまたま偶然出くわした定食屋。
そのときたまたま入ってみようかと思った気まぐれ。

思い切って入って食べたときのハンパない思い出の残り方。
これぞツーリングの醍醐味。


IMG_20180118_134254_R.jpg 
どうやらご夫婦で営業されているようで、元気のよい奥さんが迎えてくれた。

この店の名前の由来は?なんて聞く様な野暮なことはしない。
自分で勝手に想像していればよいのだ。


肉野菜炒め定食を頼んでみた。
なんとも沁みる味である。
うまかった。

非常に満足感のある濃いツーリングであった。
15時ごろ横浜に帰還。
あたたかくなったらまた同じルートを走ろう。

 IMG_20180118_154628_R.jpg 
あと400km走ったらオイル交換。
もう一回ツーリングしたら交換するか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、良いツーリングですね♪
オートバイに乗って好きな場所に行く、という原点に帰ったようなコース取りですね。
以前、トリッカーでトコトコ走っていた頃を思い出しました。
「谷戸」ってそんな意味があったというのも勉強になりました。
ちょっと素朴な田舎っていうイメージを漠然と持っていましたが・・・
実は私の家の最寄りのバス停が「南谷戸」なんです。
昔はこのあたりもそんな田舎の風景があったのでしょうかね!?

これぞバイクツーリングルートの醍醐味♪

おじ3も一般道路を走ってバイクツーリングするよりも~出来るだけ田舎の田んぼ道に入りショートカットも兼ねて~トレール車ですから~田んぼのあぜ道も通れますから~そういうルートを普段から探して利用しております。
そして偶然見つけた田舎食堂~🏠♪。。。何とも~良い雰囲気じゃ~ありませんか~ヽ(^o^)丿♪♪♪
おじ3も野菜炒め定食は大好きでんねん💛♡

Godaさんのブログで~今年の冬は自分がツーリングした気になれて~嬉しいです。(^^)/♪
左足首の腫れと痛みも~湿布薬を貼り、幾分ひいてきました。⤵

今月の1ヶ月を我慢すれば~3月は次第に気温も上がって来て~素晴らしい春が来てくれる事でしょう~(^_-)-☆
♪春よ来い 早く来い~🌸🌷

Re: No title

h37さん、ありがとうございます。
実は自分が昔住んでいた横須賀市走水のバス停も「南谷戸」なんです。
昔から変な名前だなあと思っていました。
観音崎に行かれたときに是非立ち寄ってみてください。
国道16号の始点のすぐ近くのバス亭です。

オートバイでさまざまな場所を走ってきました。
山の中を走ったり、海沿いを走ったり、すごく開けた平野を走ったりと。
そんな中で、一番自分が風情を感じる場所が分かってきたんです。


その地形をなんと呼ぶのか調べに調べたところ、「谷戸」と呼ばれる地形でした。

これを知ったときに「南谷戸」がなんでそういう名前がついているのかそのとき初めて
ああ、なるほどなあとわかりました。

なんか、すごいですよね、地名って本当に真剣に考えられて名づけられているというか。
適当につけられたものではないということがわかります。


逆に、「蛇塚」とか地名であったら、蛇が多い場所なのかなと思ったりしますよね。
ツーリング先で訪れた地名で思いをめぐらせるのも面白いかもしれません。

Re: これぞバイクツーリングルートの醍醐味♪

Nおじさん、ありがとうございます!
SRはあぜ道もすごく苦手でスッ転びそうになりますので、早くセローを買いなおして自由気ままに走りたいです。
Nおじさんの足も早くよくなるといいですね。
三月中旬以降に宇都宮に走りに行きますので、是非ご飯ご一緒お願いします。
今は本当に寒い寒い日が続きますが、この寒さもあと一ヶ月だと思うと、なんだか寂しいようなうれしいような…。
温泉が一番気持ちいい季節が終わりますが、暖かい春が来るのは楽しみですね!
さくらも見れますし、最高の季節がはじまります!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。