FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梨の農家の方から譲っていただいた1997年式SR400

やっぱりSR400が欲しいということで、常日頃から過去のSRの情報をかき集めていた。

なんでも2001年ごろより排ガス対策が施され、パワーダウンしている。
それに、ちょうどこのモデルからフロントがディスクブレーキになっているのだ。

個人的にディスクブレーキはブレーキオイルも定期的に交換してやらなきゃならんし、
ブレーキキャリパーもメンテナンスにいちいち細かい作業が必要だしドラムブレーキのほうが構造も単純でメンテナンスもラクチンなのでドラムブレーキのほうがいい。


最近のSRはFi化し、このころよりパワーを取り戻しやっとSR感が復活したとのことである。
燃料ポンプを備えフューエルインジェクションを使ったオートバイ。
人間で言うとサイボーグのような、電子機器にまみれた感じがする。

それををキックしてエンジンを始動する…。
中途半端感が気に入らない。

そもそもキックスタートは生身の人間のパワーを使ってエンジンをかけるというアナログな作業なのに、
ここまでデジタル化したんなら素直にセルをつけてそこまでデジタル化すればいいんじゃないのか????


だからSRに乗るんだったら絶対2000年より古いモデルに乗ろうと決めていた。
キャブ、かつ排ガス規制なし、かつドラムブレーキ。
これが自分の中での一番乗りたいSRの姿。


IMG_20171122_101432_R.jpg 
ヤフオクを見るとちょうど自分理想とする97年式のこぎれいなSRが出品されているではないか。

エンジンのかかった動画をアップされており、ちゃんと調子よくアイドンリングしているしよさそうだ。

通常SR400はSR500のクラッチスプリングを使っておりクラッチが重いが、高年式ではこれが改善されておりそのクラッチスプリングを入れてあるというありがたいチューンもされていた。

色もかっこいいし、これを絶対手に入れたい。


ここから友人に自分のエストレヤを売りに出すけど、欲しい人いたら友達価格で譲るから是非と連絡したところ、
この山梨のSRが終了する一時間前に話がまとまった。

21日エストレヤ引渡し。
22日SR400を取りに行く。


朝6時半に自宅を出て10時半に山梨県中央市の東花輪駅待ち合わせである。


IMG_20171122_113327_R.jpg 

順調に電車で進んでいったが、甲府駅で乗り換えるときに便意をもようし、あろうことか電車を逃す。
あとから気がついたが電車にトイレが備わっていた。
30分遅れて到着する。

20年前のオートバイにしては本当にきれいで屋内保管されていたことが伺えるし
定期的に磨かれていたんだろうなと思う。

道の駅でエンジンのかけ方を教えていただいた。
なるほど。今までカブ系とセローのキックを使っていたが、デコンプという機能は初めてである。


デコンプを使うとキックでエンジンをかけやすい位置にピストンを配置することができるのである。
ネット上ではSRのキックはとんでもなく難しい、なかなかエンジンがかからない感じで書かれているが、
実際はむしろデコンプのおかげでカブよりもセローよりも簡単にエンジンがかけられた。


デコンプのおかげでめちゃくちゃ楽にエンジンがかけられる。
毎回ほぼキック一発でエンジンかかる。



実際乗ってみたが、鼓動感が強いのに大変驚いた。
エストレヤとは比べ物にならないドコドコ感。
ハーレーの883を運転したことがあるがそれに近い?感じ。

そして振動がハンパない。
常にビリビリ来てる。
釣りをして魚がかかって引っ張ったときにビビッとくるあの感触がずっと続いている。

これが慣れていないためか腕がしびれた感覚に陥るし、
頭もしびれる感じがなんとなくするし、超強力なクセのあるオートバイだ。

…これはヤバイ。もしかしたらエストレヤのほうがよかったんじゃないか…。

パワーは圧倒的にSRに軍配が上がる。
加速もいい。

一瞬エストレヤのほうがいいんじゃないかと思ったが、
なんてことはない。
エストレヤと同じようにエンジンを回しているからそう感じるだけ。


もっとたくさんSRに乗ってこのエンジンの性格と長所、短所を把握してどうやったら気持ちよく走れるか。
それを発見していかなきゃならん。


いやしかし、SRは優等生的なバイクかと思っていたが、とんでもない。
インパクト強いし強烈なパンチの効いたオートバイである。
お付き合いするのが非常に楽しみ。


午後三時半ごろ横浜に帰還。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!
きれいなSRですね~!ほんと20年前のバイクですか?と目を疑いますね(^^)
私の友人が30年前に乗っていたSR400もドラムブレーキにデコンプ付きでしたよ!
そのクセのあるSRで駐車場にカンカン並べてスラロームや一本橋の練習(限定解除)したっけな~(笑)
すげ~懐かしい~(^^)ww

Re: No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
これを平気で市場に出してしかも圧倒的人気が出るヤマハはハンパないなと思いました!

アクが強いというか、クセが強いというか、
SRから発せられるこれがシングルのエンジンだこの野郎感がすごいです!!
2001年以降はどうもこのクセの強さはなくなっているようなので、やっぱり97年式で良かったです!

乗りやすいのか?快適なのか?と思わず疑問に思ってしまうんですが、
シングルっていうのはこんなもんだという諦め?達観?
きっとこんなもんなんだろうと妙に納得させられてしまいます。

まさかこんなにパンチが効いてるなんて、同じ単気筒のカブやセローやエストレヤからは
一切想像がつかない異次元の乗り物です!

正直まだ距離を走ってないんですが、あまりのパンチの強さに驚愕させられております。
フォークオイル交換など、ある程度整備を終えたら早速300kmくらいのツーリングに繰り出そうと思います!

またまた~新しい出会いですね♪

。。。どうやら~Godaさんは、色々なバイクを乗りたい方らしいですねぇ~~(^^ゞ
その交換したエストレアもどの位の期間乗ったのか!?・・・色々なバイクに乗れて~裏山しいっすよ~💛
SR400こそ~まさに個性の強いバイクなのですねぇ~!!
おじ3は歳取ったので~あくまで【オフロード派】なので~快適に楽にオフロード走行を出来るバイクが良いデス♪
脚と腰を患い今では250ccのカワサキKLX250ローダウン仕様でさえ重過ぎる!!ので~脚が治って、バイクに乗ってみて~125ccの軽いオフロードバイクにまた戻ろうかな?・・・とさえ考えております。

お互いにバイク好きな~人間ですから~あの加波山での出会い♪は~おじ3も一生忘れられないモノとなっておりますぞよ~~(^_-)-☆

SR400を乗りこなして~バイクライフを更にエンジョイして下さいねぇ~~\(^o^)/♪♪

アコースティックなオートバイ。

ウィンカーに至るまでノーマルのSRは珍しいかも。
大切に扱われていたことが画像からも察せられます。
それにしても比較対象がエストレアとなるとこうも印象が
異なるものか・・・と面白く読ませて頂きました。

自分が400SPを持っていた時はSRX400Ⅲと同時所有、
500はゼファー750の一台目を事故で失い、その後釜。
だから「存在感はあるけど大人しく素直なバイク」という
イメージが強いんですね。

大型単発は出足の蹴飛ばし感と中回転域までが勝負
(SRXはデュアルキャブ4V故にレッドまで加速が続く)。
スタタタン・スタタタン・・・と早めにシフトする方が、
美味しいところで気持ち良く走れると思います。

ちなみに巷でイメージされる程、400と500での違いは
大きくないです。「あー、2割増ししてもこんなもんか」と。
むしろキャブやカムを換えたヤツの加速感の方が過激で
同じバイクとは思えず、とても楽しかったぐらい。

SRのドラムは優秀。強烈なエンジンブレーキも併用する為
峠の下りで本気バトルでも演じない限りフェードしなかった。

あー語り出すと止まらない(笑)。恋しくなって来ますね。

Re: またまた~新しい出会いですね♪

Nおじさん、ありがとうございます!
おそらくこのSRで自分のバイクライフのオンロード分野の最適解ではないかと思っております。
Nおじさんと出会っていなかったらオフロードバイクの素晴らしさをわかることなく一生を終えていたかもしれないと思うとゾッとします。

このSRにセローを加えて自分のオートバイライフは完成する見込です。
セローで野山を駆け回りたいです!
Nおじさん、脚が治られましたら自分セローを買い直して宇都宮に行きますので、絶対バイクに
降りないでくださいね!!

Re: アコースティックなオートバイ。


> 大型単発は出足の蹴飛ばし感と中回転域までが勝負
> (SRXはデュアルキャブ4V故にレッドまで加速が続く)。
> スタタタン・スタタタン・・・と早めにシフトする方が、
> 美味しいところで気持ち良く走れると思います。


いや〜、自分が思い始めていたところをこんのすけさんがスパッと言ってくださって自分の中でもハッキリしました!
中回転越えるとブルブルビリビリ激しくなってこりゃーたまらんとなっていたところでした!

ですので、こんのすけさんがおっしゃるように、中回転で留めておいてすぐシフトアップする走りの方がいいのかな??
とやってみるところでした!!

エストレヤですと中回転を超えるとブイーンとモーターのような音になってそこもまた楽しかったんですが、
同じことをするとSRはダメ(それでも敢えてビリビリやブルブルを楽しむのも一興かと)。

SRは排気量の大きさを生かして中回転域までで加速ですね。
なんか自分感じたんですけど、なんとなく、回転数が低くても高くてもあまり出るパワーが変わらない気がしたんですよね。
だったらトコトコ感の楽しい低回転域を使った方がいいかなと。

パンチの効いた、回転が上がるとご機嫌を損ねるエンジンですが、このクセがたまらなく面白いです。

ネットではドラムブレーキは効かない止まらないって言う人多いんですが、SRはめっちゃ効きますよね!
まったく問題なしです!

そうですか、400と500の差はそれほどでもないと。
安心しました!
またフツフツと500への欲望が沸いたらまたしばらくしたら手に入れる方向で行ってたかもしれません笑

連投でごめんなさい。

エストレア/250TRも、おそらくW650/800と同じ方が
エンジンの企画設計をされたバイクだと思います。
`60年代までの機関デザインの魅力のツボをよく
押さえた美しいバーチカル・エンジンですから。

正直に個人の好みを語ば、あの野太いビート感が
高回転まで続いて行ってくれるSRXシリーズの方が
自分には合います(峠の戦闘機ともなる事情から)。
実はSRX600Ⅳも長く手許に有ったのですが、振動が
あまりにも大きく高回転をキープするのには乗り手が
根負けしてしまいました(笑)。

「腕利きが駆れば低中速コーナーでは無敵だわ」
とは元SP400レーサーの親友・談。
乗り手をおだてて育てる操縦性(戦闘力)は随一。
デザインも含めいずれ再評価される単車でしょう。

さてSR、例えが失礼なものに感じられるかもしれない
けれど「実用速度域で存分に滋味を楽しめる」意味で
オートバイの車格を持つ拡大版スーパー・カブ。
美味しいところは5000rpmまで、という味付けでしょう。

ただ排気量なりにそれでも十分な速度に乗れるので
周囲の景色を楽しみながら淡々と田舎道を流すのが
とっても楽しく、ツーリングの距離も伸びる単車です。

自分のいまの愛機がスポーツスター1200Sに至った
理由は「SR500のエンジンを二丁掛けにしたパワー」
「SRの先にある鋼馬的な存在感と部品供給の良さ」
にある・・・と言えば納得してもらえるでしょうか?

但し、その分だけ大きく重くてタイヤの減りも早くて
コーナーで振り回すにもハイリスクで重過ぎるために
真逆なセローの存在感が引き立っちゃうんですけど。

Re: 連投でごめんなさい。

SRXというバイクが存在するということもつい最近知りました。

かつての20代前半の自分は一つのバイクを末長く乗ることに美徳を感じていましたので、
VTR250にずっと乗っていました。
それに当時は新車でなければ嫌だという妙なこだわりもありましたので
他のバイクに目もくれずせっせとVTRに乗ってました。

VTRに乗り始めた頃から、ジョルカブで楽しかった道が急に面白く無くなったんですよね。
それに、ある程度速度を出さなければ居心地も悪くなりました。

今から思えば、もっといろいろなバイクに乗っておくべきだったと。
ただ、VTRがあってこその自分なので今更とにかく言うべきことではないのですが。

昔からスーパーカブの750ccがあれば絶対買おうと思っていたのですが、
こんのすけさんもおっしゃる通り、SRはオートバイの車格を持つスーパーカブだろうなと自分もおもいます。
むしろそれこそが自分の根底の部分が求めていたことなんだろうなと思います。

いろいろなバイクに乗ると言うことが本当に大切なんだなと痛感しております。
ただ、SRを試乗だけしてたらエストレヤの方がいいやとそこで終わっていた可能性があります。
結局は2000キロ3000キロむしろ10000キロくらい乗らないとそのバイクのことなんてわからないんですよね。

ところが経済的な意味合いでも所有できるバイクには限りがあります。
残念ながら本当は単気筒がぴったりな人が最初に興味を持った四気筒マルチに乗り続けているという残念なケースもあると思うんですね。
自分はセローと出会って頭ガツンと殴られた気がしました。
絶対乗らないと思ってたバイクがあんなにも魅力あるものとは思いもしませんでした。

自分はハーレーに全く興味がないんですが、こんのすけさんのお話をお伺いしていると、
やはりここはハーレーも絶対経験しておいた方がいいかもしれないとチャレンジ精神が沸き起こっております。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。