FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよならエストレヤ

IMG_20171117_110746.jpg  
夕方から予定があったので、日中はプラリと横須賀へ。

やはり、最高だ、エストレヤは。

風を切り裂いていくのがこんなにも楽しいだなんて。
強烈なウインドプロテクションのアドベンチャーは確かに高速はラクチンだし、
遠くまで走っても疲れなかった。

ハッと気がついた。
確かにウィンドプロテクションが効いていると楽で疲れない。どこまでも走っていける。
だが、風にさらされて研ぎ澄まされていく己の感覚こそがオートバイの魅力なのではないか?

限度は確かにある。だが、下道程度ならむしろウィンドプロテクションゼロのほうが楽しめるのではないだろうか…。



IMG_20171117_110735.jpg 
走りなれた横須賀がこんなにも楽しく感じるだなんて。

まるで、はじめてお母ちゃんの持ってたスクーターを借りて横須賀市内を走ったときのような感覚に陥った。

今まで何も感じなったただの道が、極上のツーリングルートに変化するこの感覚。
まさに自分のオートバイの原点。

防寒なんて何もわからなくて、真冬に薄いジャンパーとジーパンで平塚まで走ったとき、
寒くて震えてふとももが痛かったが、暖かい缶コーヒーがとんでもなくうまかった。

今同じことをやれと言われたら、正直やりたくないが、
そんときの缶コーヒーの味は今でも覚えている。


S__9224263.jpg

エストレヤがオートバイの魅力はこれだろってあっけらかんと教えてくれればくれるほど、
どこからか、自分はSR400に乗ったほうがいいと感じていく。
多分、エストレヤがあなたはSR400に乗りなさいと言っているような気がする。


やっぱりどうしてもSR400に乗ってみたい!!!
思い立ったが吉日、決断を下して早速エストレヤを手放すと決める。

その24時間後に、バイク仲間の仲間が買いたいと申し出てくれた。
なんでも、その日の朝にエストレヤを買おうか250TRを買おうかGOOバイクを眺めていたらしい。

ものすごい偶然である。なんかよくわからないけど、見えない何かがあるんじゃないか。


さらにその一時間後にSR400を譲ってくれる人を見つけた。


2017年11月21日新しいオーナーに引渡し完了した。これを書いた2時間まえのこと。

エストレヤを手に入れてから約40日
1200kmしか走ってないが、
この間にエストレヤが教えてくれたことは本当に素晴らしいことばかり。

いやまさか自分がSR400に乗るとはまったく思っていなかった。
23歳のときに原付から初めて自動二輪、VTR250に乗ったときの自分からは想像がつかない。

これを書いてる12時間後にはSR400に乗っている。
そのとき自分はどう感じているのか本当に楽しみでならない。

さあ、SR400が用意してくれているのは天国かそれとも地獄か…!

コメントの投稿

非公開コメント

展開早っ!ww

こんにちは~!
これも神様の巡り合わせか?ジャイアン持ってますね~(^^)v
次々と思い浮かべてる事が現実になってしまうとは・・・それもこんなにもトントンと・・・(^^)/
30年も前になりますが以前私の友人もSR400乗っていて佐渡とか色んなとこによくツーリング行ったものです!私にとっても想い出深いバイクなんですよ!
また楽しいバイクライフが始まりますね~(^^)v
人生一度きり!思いっきりエンジョイしてください(^^)v

Re: 展開早っ!ww

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
狙ってたSR400はヤフオクなんですが、
終了1時間前にバイク仲間から連絡があって、本当にギリギリで落とせました。
本当はそんなに無理をしなくてもゆっくりすればいいんですけど、
本当に思い立ったが吉日で、一刻も早く手に入れたくて仕方なくなってしまいました。


22日に早速山梨県に取りに行ったんですが、農家の方が大事に乗っていたもので状態も良く、
一安心でした。
思いが強いと偶然ですごいことが起きるみたいですね。

20年前のSRですがまだまだ部品も出るようなのでひとまずこの古いSRで頑張っていこうと思います。

あとはセローを再び買い直します。

ムコ殿先輩のご友人が経験されたSRとの時間を自分もこれから経験して行くと思うと
本当に楽しみです!
SRの世界はどんな感じでしょうか。
早く走りに行きたいです!

「必然」としか言いようがない。

もうタイトルで全て語り尽してしまっていますが・・・。
予算次第でいつでも買える新車と違い中古に関しては
こういうミラクルドラマな展開が稀にあるんですよね
(自分は二輪/四輪共、今まで全て中古ばかりです)。

SRは`79年式の400SP、負圧キャブ/ドラムブレーキの
`88年型500を所有していた時期がかつてありますが
特に500は大のお気に入りで、今でも手放さなければ
良かったな・・・と思う一台です
(実は職場の先輩の車庫に長年眠っている500があり
「気が向いた際には」と身請けを申し出ています)。

ハイパワー機の後釜には辛いけれど、エストレアで
「いま自分の求めている何か」を確信しているのなら
アナログで牧歌的な乗り味にもハマれると思います。

セローの買い足し・・・もう少し後に考えても良いかも。
用途と走破性はさておき意外と持ち味がカブるんです、
その二台のコンビだと・・・。

Re: 「必然」としか言いようがない。

こんのすけさん、ありがとうございます。
なんとなく、オートバイは年々退化していっているんじゃないかと感じてしまいます。

本当にFiはオートバイをよくするためにつけられたものなんでしょうか。
始動性がよくなるとか言われますけど、チョークを使ったキャブで始動に困ったことは一度もありません。

時間が経てば経つほどパワーが落とされたものが発売されていきますし、
Fiもそうですし、なんとなく、オートバイという生き物がサイボーグ化していっているような気がします。
新しいオートバイは、本当に進化しているのでしょうか???
ただ新しいだけ、排ガス規制にお付き合いしているだけ、新しいシステムを使っているだけでオートバイの本当の感動とはまた別なのではないでしょうか?

自分は、部品が出るのであれば中古の古い年式のもののほうがいいのではないかと思ったりさえします。

SR500も存在していることに最近気がつきました。

そもそも単気筒のエンジンは排気量に限界がああるのに100ccも大きくなったらどうなるんでしょうかね?
おそらく乗り味もSR400と全然違うんでしょうね。
自分も機会があれば500に乗ってみたいです。
むしろ、SR400に乗り続けていると500に乗ってみたいと目覚めるかもしれません。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年式モンキー、97年式SR400の二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。