スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びの大楠山

前回、ノーマルタイヤで詰んだ大楠山…。
コメントをいただいたkusanoさんからの情報によれば、
南H山霊園のわき道から別ルートでアタックできるという。

横須賀の実家に用事があったのでセローでいったついでに再アタックしてみることにした。


IMG_20170123_142525_R.jpg 
ムホッ!
kusanoさんの情報のとおり、シングルトラックのダートが現れた。
このようなところがあったとは…。
やはりこの世の中は知らないことだらけである。

IMG_20170123_142859_R.jpg 
ちょっとバランスを崩すと転落してしまう危険がある。
気をつけなければならない。
あれか。もし落っこちたらセローを分解して引き上げるか。


IMG_20170123_142908_R.jpg 
横須賀に何年も住んでいたが、やはり分かったような気になっているだけでまだまだ横須賀のことをわかっていない。

IMG_20170123_143618_R.jpg 
IMG_20170123_143542_R.jpg 

一箇所、ヒヤッとするところがあったが、分岐点に来た。
あれ、この雰囲気は…。
そう、ここは前回詰んだ場所の少し進んだところであった。

IMG_20170123_143607_R.jpg 
そうか、ここを進めば大楠山に行けるのか…。
いったれや!!!!!

ここで本気モードになるために、ツーリストの空気圧を0.5まで落とす。
ビードストッパーがあるのでパンクする可能性は非常に小さいはず。

さすがに0.5まで落とすとありとあらゆる障害の衝撃を吸収してくれる。

ところが、すこし進んだところで階段が現れ、引き返すことにした。
戻れるかと少しヒヤッとしたが、ツーリストのおかげでなんの問題もなかった。

だがしかし、ツーリストだったら階段上れるんじゃないか?
できるはずだ。しかし今日はやめておこう。
…いずれは階段を上れるくらいにスキルアップしたい。

IMG_20170123_143441_R.jpg 
前回ノーマルタイヤで断念した坂を下りるが、実際ツーリストで下ってみたが、上りはツーリストでも結構危険かもしれない。

今回はぐちょぐちょではなかったし、ツーリストの性能のおかげもあって、一切つまづくことなくクリアできた。

いやしかし、こういったシングルトラックはセローで突っ込む前に徒歩で自分の技量でいけるかどうか確かめなければならない。
今回もツーリストならいけるべと突っ込んでいってしまった。

別ルートから大楠山のてっぺんまでいき、階段を降りる形であればクリアできるかもしれないが、
登山道であるのであまりよろしくないだろうな。

いやしかし、もうノーマルタイヤにはもどれないかもしれない。
やっぱりツーリストは絶対である。

コメントの投稿

非公開コメント

ツーリストの虜!

おはようございます!
もう普通のタイヤには戻れませんよ(^^)
ヌチャヌチャドロドロ以外は大抵どんなとこも行っちゃいます(^^)
一度房総の川ルート溯上してみてください!
その違いがもっと出ます(笑)

Re: ツーリストの虜!

ムコ殿先輩、ツーリストの寿命は4000kmくらいと言われており、ノーマルの方が寿命は長いのですが、
寿命がぜんぜん気にならないくらい圧倒的な性能です!

自分で交換もできるようになったので磨り減ったらどんどん交換していこうと思います!
ちょっと空気圧0.1にも挑戦してみて、パンクするようだったらビードストッパー増設もありかもしれません。

いったん行った林道をもう一度ツーリストで試す楽しみができました!

はじめまして

私も、セロー225で
道なき道を走ってました!
今後共宜しくです。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。