R nine TとZX-6R

IMG_20170110_120055_R.jpg

平日休みのセロー仲間の一人がスクランブラーもほしいということで、
BMWのR nine T、またはヤマハのXSR900、今年発売されるドカティのもののどれにしようか検討していた。

自分も世の中どんなバイクがあるのか体験してみたかったので、早速友人が試乗を予約したのでモトラッドヨコハマにて待ち合わせである。

ヤマハの試乗は茅ヶ崎の別のバイク屋さんに行き、お店のスタッフの方の先導付で10分間試乗。

一方でBMWのモトラッドヨコハマでは試乗時間は一時間でETCもついているから第三京浜でもどうぞと。

まずはR nine Tからである。


S__3678212_R.jpg 
友人は乗る前はデザイン的にボクサーエンジンが横に張り出しているからどうしてもいただけないと言っていたが、
実際乗ってみるとすげーいい、すげーいいとそればかりであった。
やっぱりオートバイで大切なのはフィーリングなんだろうな。

第三京浜で走りを堪能した後、自分も近くの畑でほんの少し乗らせてもらったが、なんつー乗りやすさか。
大型バイクとは思えない軽さで、セローのように気軽に乗れる。
R1150GSアドベンチャーがでかすぎるだけかもしれないけど、R nine Tなら渋滞や距離計算せずにいつでも飛び出して構わない。


R1150GSアドベンチャーと比べボクサーエンジンであるといういことは変わらないのだが、こいつはまったく別の乗り物である。
なんというか、味付けがぜんぜん違うし、軽快に吹けあがるし加速がすばらしいし、何より排気音がとても楽しい。
いや、これは実にすばらしいオートバイである。
自分も欲しくなった!

というわけで友人はヤマハの試乗に行かずにR nine Tを購入することにしたのである。

自分も、アドベンチャー、セロー、モンキーに加えてR nine Tが加われば最強のバイクライフなのだが、さすがに駐車する場所もないし、今のバイクの維持で精一杯だから、金持ちになったら絶対買おう!


友人はZX-6Rというニンジャというバイクを売却することにしたのだが、
売却する前にということで実際自分も走らせてもらった。
環状二号線を軽く走らせてもらった。


いやはや、おっそろしいくらいの加速力である。
文字通り、周りの交通を蹴散らしていける。
姿勢はきついけども、このエンジンフィーリングが本当にすばらしい!
まわせまわせ、どんどんまわせぃ!!!!っていう気持ちになる。

実に面白いバイクなのだが、速すぎて前にいる車の群れにすぐたどり着いてしまう。
公道で楽しめるシチュエーションは本当にわずか。
面白いバイクだが、性能がとがりすぎてサーキットでないと楽しめない。
エンジン特性、姿勢のポジションからして遠くに行こうとは一切思えない。


なるほどなあと思った。
工具でいうなら特殊工具で活躍する状況が限定されるのによく似ている。
サーキットも行く友人なのだが、サブのセローに乗る機会が多いし、林道を楽しみに行くのが多くなるのもうなずけると思った。

オートバイには性格の違いがあるということを強く感じた一日であった。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます!
ご友人RnineT行きましたか~(^^)
確かにいいバイクです!
でもZX-R6とニンジャ乗ってたんですよね!それと比べると性質がまったく違うバイク・・・
物足りなくならなければいいですが(^^;)
私も宝くじが当たったら2017年モデルのGSが欲しいと思う今日この頃です(^^;)

あっ!そうそう来月の19日に茨城にあんこう鍋ツーリングするんですがGSでご一緒しませんか?

Re: No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
あんこう鍋、ぜひ参加させてください!仕事休みます!!!

ていうか、ムコ殿先輩は唯一無二のGSを新車で買われたばかりじゃないですか!

ZX-6Rの友人はむしろセローにも夢中になってますので、
スーパースポーツにはもう悔いはないようです。

自分のアドベンチャーにも乗ってもらったんですが、もともと自分のは足つきが悪いので
逆に怖がらせてしまう結果となり失敗しました。
GSに持っていこうと仕向けていたんですが…!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム