スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥沼のトラブルシューティング

IMG_20170101_201006_R.jpg 
セロー225のツーリスト装着時の時速30-40kmしかでていないのに謎のひどい振動をなくすためにあれこれやることにした。

タイヤのバランスをとるためにバランサーとウエイトをアマゾンで注文する。
友人にも分けて上げられるように5g×12個×20セット=1.2kg分買った。


IMG_20170101_202750_R.jpg 
一見大変な作業のように見えるが、どの位置でもタイヤが回転しないようにウエイトを取り付けていくだけの作業である。


IMG_20170101_203451_R.jpg 
ビッシリととりつけた。
5g×12個=60グラムである。

タイヤのバランスはばっちり取れたのだが、実際走ってみると以前ほどの振動はないものの、
やっぱり上下にガクガクと健在である。

どうしたものか、やはり無理なのかとあきらめかけた。


一旦自宅に戻り、風呂に入りながらipadでビードストッパーやタイヤのバランスのことについて研究していたら、もしかしたらビードストッパーがちゃんと装着されていないのかもしれないと思い、
夜中の1時であったが、気になったら止まらない。
早速モンキーを走らせてセローを見てみる。


やれやれ、リアタイヤ脱着はこれで何度目か。
ただ、おかげさまでもう目を閉じてでも後輪は脱着できる。しかも早く。

ビードストッパーがちゃんと装着されているのを確認できた。

だが、空気を抜いた状態でふとタイヤを見ると、なんとタイヤの一部のビードが中途半端に下がっているのである

!!!!!!!!!!


そういうえば、この振動、茨城でノーマルタイヤにクギがささってパンクして空気が抜けていくときに感じた振動に非常に良く似ている。

なるほど。
おそらくビードがきちんと上がりきっていない。

つまり、正常とパンクの中間の状態にあり、振動が出るのではないか。


もう一度ネットを丹念に調べてみるとヒントがあった。
ツーリストにチューブを入れるとき、ノーマルのチューブではビードが上がりきらなかったり、
走行中にビードが下がってしまうとの記述があった。


そうか…そうだったのか、自分自身のタイヤとチューブに対する理解が足りなかったということか。


ということは、おそらくこのツーリストにぴったりのチューブに変えればすべてが解決するはず。

ただ、この時点でも、一体なんのチューブを使えばいいのかさっぱりわからずにいた。
色々調べてみたがよくわからない。

アマゾンでいくつかチューブを買って試してみればいいのだが、費用がもったいないので
思い切ってyahoo知恵袋で聞いてみたら
4.00-18のチューブを使い、空気圧2-3kgでビードを上げろとのアドバイスをいただいた。

そうか…そうだったのか、ツーリストのリアには4.00-18が正解だったのか…。
しかも、チューブに結構な空気圧をかけないとならないのははじめて知った。
早速注文した。

到着しだいすぐにやるつもりである。

もうこれ以上できることはないので、これをやれば絶対うまくいくはずである。

コメントの投稿

非公開コメント

おじ3の経験

おじ3も~今乗っているKLX250の標準装着トレールタイヤのD605が減ったので、今度の新しいタイヤは【公道走行可能】とうたってある『ダンロップのD909』エンデューロ用タイヤに交換したのデス。
そうしたら~過去に乗ったKLX125に履かせたダンロップのモトクロスタイヤとはエラク違って実に不安定な舗装路の走行状態だったのデス!!・・・今回のタイヤは地元の大きなバイク用品専門店にてバランスウェイトまで装着してもらいましたので、これはただのタイヤの特性と言う事になります。

オフロードバイク雑誌のタイヤテストを見て選んだのですが、テスターは有名なライダーさんですから~おじ3みたいな~老体にはこのタイヤは合っていないのでした~~ww

。。。で、色々とバイクのフロントフォークの16段階に調整出来る機能をチェックしたら~一番堅いところの一つ下だったし~wwww・・・それに おじ3は滅多にしないタイヤの空気圧調整をすべく少しづつ空気圧を抜いてみたら~フロントが「1,5kg」位入れてあったのを【0,8】位にしたら~フロントがノーマルタイヤみたいに~安定して安心して舗装路を走れる様になりました♪
おじ3にとって【1Kg】以下とするバイク用タイヤの空気圧は初めての経験デスからねぇ~~orz

おじ3は欲が出て~更にテキトーに空気圧を下げたら~おそらく【0、4~0、5kg】位に下げてしまい、その状態でバイク店迄走って行く時に上下に揺れるのデス!!・・・バイク用品店に着いて空気圧を計ってもらったら【0,4Kg】でしたので~フロントタイヤのビードの一部が外れていた事が判明!!!!!!
だから~上下に揺れたのデス~~~www

。。。今は【0,8Kg】位に落ち着きました。

いや~おじ3にはつくづく合わないエンデューロタイヤでしたよ~~ (T△T) ウエエン

今のエンデューロタイヤが減ったら~今度のタイヤは絶対にノーマルのD605を履こう♪と思った おじ3でした~。・・・だってぇ~ノーマルのD605の2分山でも~林道を安心して走れたのですから~~(^_-)-☆

おじ3にとって遅かれ、早かれ~一度は履いただろう今のエンデューロタイヤD909ですが~良い経験をさせてくれましたよ~~www ((^┰^))ゞ テヘッ♪

Re: おじ3の経験

Nおじさん、ありがとうございます!
0.4ぐらいになるとチューブタイヤだとビードストッパーがないとダメなようです。
自分もD605のときは林道ではフロント0.8、リア0.8で走ってました。

高速は前1.50 後1.75くらいでしたよ。
0.8くらいが一番いい感じですよね。ショックを吸収しやすく、車体が安定します。

D605が一番バランスが取れているタイヤで、ツーリングもこなせてダートもいけるし寿命も長いです。
本来は自分もD605で運用していきたいのですが、つるんつるんの岩の坂道で悔しい思いをしたので今回ツーリストを装着しました。

Nおじさんとご一緒にツーリングに栃木方面に行くときは
タイヤ交換にもなれましたので、ツルンとタイヤを履き替え、スプロケを交換して高速使っていこうと思います。
ちゃんとD605もとっておきます。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。