セロー225 キック増設 部品取り編

前回遭難しかけた時にセルスターターを使いまくってバッテリーが弱ったのか、
ワンウェイクラッチがへたっているのかわからないがセルでエンジンがかかりにくくなった。

いざ林道でエンジンがかからなかったら本当に残念賞なのでキックスターターを増設することにした。

といっても、セロー225の後付キックキットは絶版でヤフオクで新品が30000円という
高値で取引されている。
30000円なんて出してられっか!!

どうにかして安く調達する方法を探し始めたところ、
なんとヤマハのキックの部品は全車共通という情報を手に入れた。

さらに、キックペダルだけバイクごとに違うということである。


ネットをたんねんに調べてみると、いましたいました!!
TW200からキックキットを取り出してセロー225につけている人が!!!
いただきまーす!!!!!

これで格安でキックが増設できるってもんよ!!!

IMG_20161212_130746_R.jpg

早速ヤフオクで5000円で落札したTW200のエンジンが到着する。
送料は1575円であった。


IMG_20161212_154557_R.jpg

キックペダルを取っておく。
セロー用のキックペダルじゃないとだめだけど、ステップにスペーサーを挟めればTWのキックペダルも使えるらしい。
ヤフオクでセロー用のキックペダルが手に入るまでこれを使おう。
というか、これでいいのかもしれない。



IMG_20161212_155617_R.jpg

ボルトを外してカッターで切れ目を入れてパカーンっと。

(実際はカッターを使うと傷ができてガスケットを新品にしてもオイルが漏れてしまうのでご法度らしい。本番でやらなくてよかった。いい勉強になった)

ウム、中はきれいなもんだ。
まずはクラッチを外す。

IMG_20161212_160456_R.jpg


ここを取っていくと24mmの大きなナットが現れる。

IMG_20161212_165422_R.jpg

ストレートで買ってきた特殊工具である。
これがないとお話にならない。


IMG_20161212_173150_R.jpg

24mmのソケットがなかったのでホームセンターに駆け込み買って来た。
さらにこのくらいの大きさになると短いスピンナハンドルじゃぜんぜん緩められなかった。
ながーいハンドルを使ってやったらすぐに取れた。

IMG_20161212_174059_R.jpg

サークリップを外すのに苦労した。
専用工具スナップリングプライヤーも注文済みである。


IMG_20161212_174358_R.jpg

すごくキレイだけど、部品が変なふうに組み付けてあったし、足りない部品があった。
おそらく工場で組み付けた人が間違えたんじゃないのか。

足りない部品とサークリップを注文した。
キックのシールも注文済み。


IMG_20161212_175238_R.jpg

調べていないけど、クラッチ板が使えそうなので一応保管しておく。

あとはガスケットと工具やちょっとした部品が届き次第早速セローにキックを取り付けである。

コメントの投稿

非公開コメント

すげ~!

そんな事まで弄っちゃうGODAさんがすげ~(^^;)

尊敬しちゃう(ウットリ)ww

キックとセルで最強のセローできちゃいますね(^^)

完成楽しみにしてます(^^)

Re: すげ~!

ムコ殿先輩、本当は今の段階でリアサスをオーバーホールに出し、
来月にはツーリストに履き替える予定だったんですが、セルスタートに不安を覚えたのでキック増設を決断いたしました。

キック増設後はセルスタータークラッチを修理しまして、今後はなるべくキックでエンジンをかけていき、
セルとバッテリーの延命を図り、いざというときセルが使えるようにしようと思っております。

そろそろ山の中は雪が積もり始めて本当に美しい風景が楽しめますので、今こうして修理している間ももう
走りに行きたくて仕方がないです。

今回の作業は難易度がさほど高くないようですし、実際TW200のエンジンから部品を抜いて要領が経験できましたので、
おそらくうまくいくと思います。
念には念を、インパクトドライバーとガスケットリムーバーも用意して手術に取り掛かります!
次の休みにやりますので楽しみです!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム