スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクライフ史上最悪の納車

IMG_20161104_105922_R.jpg

2016年11月4日、待ちに待ったモンキーの到着である。
はるばる九州からやってきてくれた、35年前に製造されたモンキーである。

午前11時に金沢区幸浦にある久留米運送の倉庫に取りに行く。

キック一発で始動。
感動した。

今では珍しい、6Vのコンタクトブレーカー方式のモンキーである。

ところが、3.8km走った所でエンストして、キックを何度もおろしても動かなくなった。

…なんたることか。

20分ほど経ったらエンジンがかかったが、200メートルほどしたらエンストである。

それの繰り返しで、いつになったら自宅に帰れるのやら…。


IMG_20161104_133944_R.jpg 


譲ってくれた人は整備はバッチリで問題なしといっていたが、たまたまなのだろうか。
35年前のモンキーなのでそれを承知で購入したとは言え、ちゃんと走ってテストしたのだろうか。
なんとなく、そこらへんを一回りしてチェックするというのはやっていなかったのだろう。
エンジンがかかってアイドリングする、それだけしかテストしていないのだろう。
それならそれでそんなテストしかしていない、まとまった距離での走行性能は保証できないと言うべきである。

その証拠に、乗って持って帰ると言ったら旧車なのでそれはやめておいたほうがいい、ちゃんと車を用意して引き取ったほうがいいとその人は言っていた。
自分としては、整備がキチンとされているなら問題ないはずなのにと不思議に思っていたが、そういうことか。
おそらく、キャブがおかしいか、プラグがおかしい。

とってもとっても裏切られた気分になったが、他人を責めるな。
外装はとてもキレイで、いたるところに補修や細かい心配りがなされている。
タイヤは新品である。感謝しなければならない。

こういう事態になったのは、その人の整備が不十分であったとも考えられるが、
本当に他人のせいなのだろうか?

結局のところ、自分自身の決断によるものに他ならない。

このバイクを手に入れると決めたのは自分自身。
その人から買うと決めたのも自分なのである。
今回は自分の決断はオオハズレであったということなのである。
何が起ころうともそれが自分の実力なのだと受け入れなければならない!

押してはエンジンをかけてを繰り返したが、一向によくならないので、倉庫から11.5km離れたところでジャフを呼んだ。

ジャフが来るのに一時間かかるというので、ラーメン屋で食べた後、近くのモスバーガーでゆっくりすることに決めた。



IMG_20161104_140335_R.jpg 
ラーメンを食べている最中に、道が空いていてすぐ着くと連絡が来た。
ありがたや。
ズズッとラーメンを食べ終わって待ち合わせ場所に行く。

人生初のジャフでの輸送である。

モンキーを追いかける形で電車で向かおうと思ったが、
なんと、ジャフは逆に一緒にトラックに乗らなきゃならないらしい。

ありがたや!!!電車賃が節約できる!!!

スイスイと自宅まで運んでくれたのである。
押してはエンジンがかかったら乗ってを繰り返し、がんばったかいがあって、ジャフが来てくれた現場から自宅まで15km以内であったので無料であった。

もしバイクに何かあった場合もジャフを気軽に呼んで、自分も一緒にバイク屋まで連れてってくれるという非常に便利なサービスで、これは何かあったらどんどんジャフに来てもらおう!


IMG_20161104_161314_R.jpg 
とにかく自宅に着いたので、自分の家の中にモンキーを引き込んでオイル交換である。


IMG_20161104_161115_R.jpg 
なんじゃこりゃー!!!!!

ドレンボルトを外すときは手が汚れないようにティッシュを持ちながらドレンボルトをまわすのだが、今までのバイク人生、こんなにスラッジが出たのははじめてである。

オイルは確かに新しかったが、エンジンが動いたことにより長年の汚れが一気に出たのだろう。


早速プラグを抜いてみたら、プラグが真っ黒に汚れているし、ガソリンで濡れている。
おそらく、キャブに何かが起こっていてオーバーフローしているのだろう。


IMG_20161106_223909_R.jpg 
45年前のカブ70に乗るハーレー乗りの友人にキャブの写真を送る。
(写真ではチョークレバーが上がっている状態だが、今回はこれが原因ではない。)


IMG_20161106_224004_R.jpg 
IMG_20161106_223938_R.jpg 
友人いわく、キャブレターのつなぎ目が液状ガスケットのようなもので塞いであるとのことである。

こんな調子じゃキャブレターの中はろくな整備がしていないかもしれないとのことであった。


ところが、この1981年式のモンキーの部品がどうしてもネットで探してみても見つからなかったのである。一日かけてもネットでもヤフオクにも見当たらない。

これが旧車…。

旧車の世界なのかッ!!!クソッ!!!

部品がなくて当たり前の世界、みんなどうやってしのいでいるのか?

あまりの旧車の敷居の高さに、恐れ慄いた。

こっ、これは自分の手には負えない…。撤退!撤退!!!退避!!!!!!


ところが、次の日、45年前のカブ70の友人がサクッとキャブオーバーホールのためのパーツを売っているお店を教えてくれたのである。

ああ、これがあれば治せるかもしれない。


しかし、納車から不調なエンジンはなんだか気持ち悪く、カブエンジンを載せ変えてやると決めて、
ヤフオクでカブ50を落札した後の出来事であった。


もうすぐカブ50がやってくる。
そして、あろうことかモンキーのキャブオーバーホールパーツもやってくる。

自分って、なんて短気でバカなんだろうか。

もし会社の社長だったら真っ先に会社をつぶしてしまうだろう。

功を急ぎすぎる。自分は絶対に他の人の力を借りなければならない。
なんでもかんでも自分一人で決めちゃだめだ。

モンキーが治らなかったらモンキーのフレームにカブ50のエンジンとハーネスとキャブをぶち込む。

…しかし、オーバーホールキットでモンキーが直ったら、
なんと原付が2台もあることになってしまう。

そんときゃそんときだ。
カブを売るなりすればよろしい。

とにかく前進あるのみ!!!!!いくぞー!!!!!!!!
今がどん底なら、のぼりつめるだけのこと!!!GOGO!!!!!
とにかく結果はハッピーエンドで終わらせる!!!!

コメントの投稿

非公開コメント

似ています♪

。。。得てして~バイク乗りとかは~Godaさんと同じ感じだと~思いますよ~~(^_-)-☆

おじ3だってぇ~昨年急に30年ぶりにバイクに突然乗りたくなり、ネットで探して中古のエイプ100を買った時には~任意保険に3年加入しておきました。・・・まさか~たった8ヶ月で~飽きて次のバイクが欲しくなるなんて、買った時には夢にも思わなかったし~~ww・・・でKLX125の新車をかなり安く買えたのですが~林道へ行く度に~特に友人のKLX250(300ccにボアアップ済みエンジン)と一緒に行くと~舗装寄りのタイ輪なのに~モトクロスタイ輪履いたおじ3のKLX125に~フラットダートなら~平気でついて来られちゃいまする~~ww・・・で舗装路で乗せてもらったら~まったく125とは~別格な安定感♫・・・すぐに欲しくなり~またまた~8ヶ月で~ネットで探して~KLX250を買っちゃったのでした~~www (^^ゞ
だから~Godaさんは、おじ3と同じ様にすぐに次のバイクが欲しくなる人だと思いマス ((^┰^))ゞ テヘッ♪

ただ~おじ3は心配性なので~ある程度安心出来る金額相応なバイクを買う様にしておりマス🚴・・・でないと~自分で不調や故障は直す気もない(←正確には直せない!)のですよ~~ww(^^ゞ

それにしても~モンキーだけではなくて~いつの間にか~カブ50もゲットしちゃっていたとは~恐れ入りました~ww ((= ̄□ ̄=;))*ヒイィィィ!!

Re: 似ています♪

Nおじさん、ありがとうございます。
そうなんですよね、安心できる金額のバイクを買うのが一番なんですよね~!!

今回は35年前という古さに引かれてしまってですね、そんな古いバイクに乗れたら素敵なことではないかと思ったのですが、
実際自分で治そうにも部品がぜんぜん見つからなくて参りました。
ところが、旧車には旧車の付き合い方があるようで、ハーレー乗りであり、45年前のカブ乗りの友人は糸も簡単に見つけてしまいました。

いつもは動かなくなったバイクではなく、ユーザーが定期的に乗っているちゃんとメンテナンスされたバイクをヤフオクなどで手に入れる形だったんですが、
あまりの古さに思わず衝動的にやっちまいました。

モンキーとカブのお金を考えると、かなりいい感じのモンキーが買えてしまいます。

今回の件でも、自分自身の性格がよくわかりました。
短期で、嫌なことが合ったときはその場その場で解決しなきゃ気がすまなくて、じっくりと時間をかけてコツコツ修復していくことが嫌という、結構ダメな感じです。

それから、やっぱり、自分自身の知識のなさを自覚して、詳しい人にちゃんと聞いてアドバイスをいただくということをしなかったのもよくなかったです。

ただ、今の現状、カブはくるわでめちゃくちゃな状況ですが、
これもこれで、すごく楽しいです!!!!

同感です

はじめてコメントさせていただきます。
思わずうなずいてしまいました(笑)
私も何度も同じようなことをしています。
その度に自分には学習能力がないのではないかと責めてみたり。。(笑)
それでもやめられない、宝探しのような楽しさがありますよね、オークションには。
バイクには何の罪もありませんので、これも何かの縁と思い、愉しんで行きましょう♪
失礼しました。

Re: 同感です

えびぞうさん、ありがとうございます!
いつもブログ拝見させていただいております!
動かなくなったときは本当に悲しくなりましたが、
何があってもまず受け入れて前に進まないとなりませんね。

結局このモンキーはタンクキャップの空気穴の件で燃料が落ちていないだけで
無事元気よく動いております。
今後ともよろしくお願いいたします!


> はじめてコメントさせていただきます。
> 思わずうなずいてしまいました(笑)
> 私も何度も同じようなことをしています。
> その度に自分には学習能力がないのではないかと責めてみたり。。(笑)
> それでもやめられない、宝探しのような楽しさがありますよね、オークションには。
> バイクには何の罪もありませんので、これも何かの縁と思い、愉しんで行きましょう♪
> 失礼しました。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。