台風の中のカブ90

IMG_20160920_112905_R.jpg 
朝8時50分に横浜市神奈川区の神奈川区役所に行き廃車の手続きを行う。
ところが、前オーナーが貸してくれたシャチハタでは受け付けられないと言う。
しかし、記入欄の生年月日はわからなくていいという。
近くのハンコ屋が開くのが10時からなので、大幅に予定がずれてしまった。

電子サインのこの時代にハンコ?
しかし、カブに乗るためにはこのお役所の古い体質とお付き合いしなければならない。

ハンコ屋が空いて100円でハンコを買い納税課に戻るとものの3分ほどで廃車手続き完了した。


11時10分ごろ横須賀市役所に到着である。


IMG_20160920_121550_R.jpg 
こちらも書類がそろっていれば早い早い。サクッとナンバープレートが発行される。

久しぶりの横須賀の新鮮な空気を感じながら電車で横須賀中央に戻り嫁さんと川崎に映画を見に行く。

台風で大雨の降る中、夜八時半ごろ自宅を出発しカブ90を取りに行く。

IMG_20160920_211207_R.jpg 
前オーナーから軽く説明を受け、キックを下ろす。
キック2発でポロロロロと軽快に動くエンジン。

思わずニヤリとしてしまった。
このカブエンジンの独特のフィーリング。


CB125Tに比べて加速もそれほどでもなく、高速巡航中の安定度、ブレーキの効き具合、
共に完全にCB125Tに軍配が上がる。

だがなんなんだろうか、このやさしい気持ちにさせ、遠くに行こうと思わせるフィーリング。

BMWが言うにはオートバイで大切なのは馬力などの数値上の性能ではなくてフィーリングなのだと。
このカブはオートバイで大切なもの、素晴らしいフィーリングを備えている。

カブにはじまりカブに終わるとよく言われるが、分かる気がする。
世界の人々の役に立ってきた、そしてこれからも経ち続けるカブ。


俺の新しい翼、スーパーカブ90…。
今、神奈川区ナンバーから解き放たれ新しい横須賀ナンバーとして生まれ変わった。
まだ前のオーナーがどれほど整備をしていたかさっぱりわからない。
だが、いずれ俺の血と汗と鼻水とオイルの匂いにまみれるだろう。
仲良くやろうぜ…おまえ。

痛い思いもするだろう…。
苦しいときもあるだろう…。
でも…いつもおれはおまえと一緒だ。

俺の愛機よ!

IMG_20160920_211240_R.jpg 
早速次の休みはオイル交換と横須賀の走水神社に納車のお参りに行かなければならない。

49742kmからスタート。

コメントの投稿

非公開コメント

Takesi Godaさん おはようございます

やばい!
カブ欲しくなりそう・・・・・・・・・・・・(^^ゞ 

素晴らしきカブ号の世界♡

おじ3が高校生の時に初めて乗り出したのがホンダのスーパーカブでした。おじ3の生家の前の仲良しの同級生がすぐ近くの自転車店で「3千円」で中古のカブが売っている♪・・・とおせ~てくれたのでした。今だってたったの3千円でカブ号買えたら~素晴らしく安いでしょうけど~当時高校生だったおじ3でさえ~3千円は小遣い貯まっていたし~簡単に買えた額でした。それ程出回っていたのでしょうねぇ~~♪
地元宇都宮でガソリンを満タンに入れて~日光街道をひた走り、何度か「おまわり屋」さんに止められて~免許証検査だけで済んだ!・・・強制保険入っていなかったの鴨!??。。。で、イロハ坂をアクセル全開で出るスピードは【40Km/h】デス~~ww (^^ゞ 戦場ヶ原を通過して~金精峠のトンネルをくぐったら~すぐにUタ~ンして宇都宮へ~🚴♪・・・打つ飲み屋でまたガソリンを入れてみると~2L入るか!?入らないか!?・・・一番最初の「OHVエンジン」でしたけど~あの難所のイロハ坂をアクセル全開で~走り!たったコレだけしか~ガソリンを喰っていない♪♪・・・当時からカブ号は日本中のイヤ!世界中の人達の足となり大活躍でしたよ~♪♪♪\(^o^)/♪♪♪
そんな素晴らしいカブ号を手に入れた~Godaさんのバイクライフは~益々楽しく充実したものとなる事でしょう~~ (*゚ё゚)/~~♡♡
自然に座った感じで乗れる手軽さ♪身軽さ!♪・・・そして抜群の燃費良さ♡♡・・・乗り心地だってぇ~バカにしたもんじゃナイ!!。。。そんなスーパーカブ号を最初作った本田宗一郎おやっさんは素晴らしいよなぁ~~💛♡👨♡
これからの~Godaさんのブログが~益々楽しみになりましたよ~~ (^∇^)/~~♪♪

黄色のナンバーまだ有ったんだ?

 最近、黄色とか水色ナンバーあんまり見ない気がしたが、まだあったんだあ。うちの近所はみんなピンク色みたいな気がする。中間排気量の機種自体減ったのかな?

カブ号のエンジンのタフさ!!!

追記デス♪ (^^ゞ

その生まれて初めて手にしたバイクだったカブ号は50ccでした。おじ3は免許取得には~①原動機付自転車を最初に取り、次には②自動二輪車(当時は一種類のみで最高排気量車まで乗れるタイプの免許だった!)に100人中たったの4人だけが受かった中に~おじ3がいた~💛♡ (*゚ё゚)/~~・・・しかも、当日初めて乗った最高排気量のホンダCD125だったのデス~~www

そのカブ号のエンジンオイルなんかは~家の前の同級生の親父さんが乗っていたダットサンバンの~エンジンオイルを交換して抜いた【廃油】をもらって~継ぎ足し!継ぎ足し!だけで~高校生だった~お金にあまり余裕のない時でしたし~バイクのエンジンに対しての知識もなかったので~オイルは入っていればイイ♪程度にしか~考えていなかったのでした~~wwww ((^┰^))ゞ テヘヘ

そんなわずか50ccのカブ号で~イロハ坂をアクセル全開で走り続けても~エンジンは一切【音(ね)を上げる】事にはならずに~良く走り続けてくれましたよ~(^_-)-☆

タフな逞しいエンジンでした~ ♪♪♪\(^o^)/♪♪♪

Re: Takesi Godaさん おはようございます

プルーさん、カブはお金のかからないいい子ですし、買い物や低速でのんびりツーリングするのは本当に最高ですし、
趣味として一台手元に置いておくのはアリですよ!

Re: カブ号のエンジンのタフさ!!!

Nおじさん、やっぱりカブはまずはじめにバイクの楽しさを教えてくれるお母さんみたいな存在なのかもしれません。
バイクの楽しさ、厳しさ、悲しさであったり。
カブにはバイクで体験できるすべてがそこにある気がします。

エンジンオイルも、本当に入っていれば大丈夫なんじゃないかというくらいのようです。
wikiによると廃車まで一度もオイル交換をしない固体もあるとか。

一応1500kmをめどに交換していこうと思っておりますが、やっぱりカブだったら3000kmごとでもぜんぜん構わないのかもしれません。

Re: 黄色のナンバーまだ有ったんだ?

ヨタ5さん、黄色もまだまだぜんぜんありますよ!
確か100cc超えるとピンクだったような。

黄色のナンバープレートもまた味があっていいと思います。


50ccの原付のころ、黄色やピンクのナンバープレートを見ると二人乗りができるんだなあ、車と同じ速度で走れるんだいいなあと
指をくわえて見ていました。

今やすべてのバイクに乗れるのでいいなあと思うことがなくなりました。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム