パンクにて無力化

小雨の降る霞ヶ浦の気温はすっかり冷えてあたりはまっくらである。
灼熱の昼のツーリングと打って変わって気持ちのよい走りで横浜に向かう。

すりぬけをするために端っこを走ったわけではない。
国道51号線を茨城県から千葉県に入ってすぐに後輪が泥の上を走ったときのようにヌルヌルしだした。

目の前のガソリンスタンドで試しに空気を入れてみても自分をあざ笑うが如く目の前で抜けていく。
ジャフもチューブタイヤは対応不可。
ガソリンスタンドにチューブがあるわけない。

完全に打つ手なし。
明日バイク屋さんが開店するまで待つしかない。

バイク屋さんをネットで検索するとちょっと離れたところにある。

今日寝る場所をどうするか?
漫画喫茶で安くしのごうかと思ったが、遠くの駅からずいぶん離れた場所にあるから不可。

終電はまだ大丈夫なので電車で自宅に戻り次の日道具を持ってくるコースだと
4500円くらいだが往復6時間かかる。

ビジネスホテルは5800円だ。

……今日はトイレに閉じ込められたし、神様がここで寝泊りしろと言っているんだろうと思い、
素直にホテルに泊まることにした。

ゆっくりたっぷり食って休み、朝一番でバイク屋さんに出して、千葉の風を気持ちよく感じながら帰る、そんなプランでいいではないか。


いつでも動ける自由な状態から一気に転落し、バイク屋さん頼みのこの状態…。
セローを押しながらホテルに向かう。


修理道具を持ってきてたら1時間ほどで解決できたのだが…。
チューブタイヤは予備を持っていなかったらこういうことになるのだな…!
一瞬油断したのだ。林道じゃないからいいやと。
チューブタイヤはオンロードでもリカバリーが難しいことを体で感じた。

林道じゃないからじゃないわ。チューブタイヤだからこそ常に持っていなければならんのかあ。

俺のバカン!
今度から絶対に絶対にセローにくくりつけていったるわ。
ちゃんと空気入れも忘れず持っていく。


IMG_20160704_222126_R.jpg

ホテルに着いたらセローを押してきたので汗だくだったので風呂に入る。
一日汗がしみこんだ下着やシャツを石鹸で洗って干しておく。
明日に備える。
明日のためにホテルを出てガッツリ食いに行く。

嫁さんにもパンクで今日は帰れないと電話。


IMG_20160705_085204_R.jpg

朝起きてホテルの無料の朝食を詰め込む。
ここでエネルギーをガッツリ補給しておくに越したことは無い。
パンを何回も腹いっぱいになるまでお替りしておく。
オレンジジュース、牛乳もたくさん飲む。
昨日は大分体力を消耗したに違いないからとにかく食べまくる。


IMG_20160705_090811_R.jpg

一晩お世話になったホテル。
いやはや、やってなかったらテントもなく、そこらへんにねっころがることを考えると本当にありがたかった。




IMG_20160705_105809_R.jpg

バイクを押していたら、そこらを歩いていたおばさんが心配になったのか、バイク屋さんの場所を教えてくれる。
藁にもすがる思いでウイングショップアサヒナに駆け込む。


IMG_20160705_093859_R.jpg

変わったカワサキのバイクがあったのだが、めっちゃくちゃカッコエエ。

…どうやらクギが刺さっていたようだった。
一番安く済むようにパッチで穴を塞ぐ修理を提案していただいたが、
穴が4個ほど開いていたので安全上、これはチューブの交換しかないとのこと。






IMG_20160705_160201_R.jpg

修理中、バイク屋さんがお土産にと朝取れたばかりの大きなキュウリをくれた。
一本でスーパーで売っているキュウリの三本分はあるかと思わせるほどの大きさ!


自分のセローのサイズのタイヤチューブの在庫がなかったのでどこかしらから手に入れて来てくれた。
近くの市役所のソファーでipadに入ったマンガを読んで時間をつぶして90分後に戻ると完成していた。
アリガタヤ!助かった!これで走れる!

修理代金4800円である。
思ったより安く済んで一安心であった。
何よりまた自由に走れ回れると思うと本当にうれしかった。

お金を支払って店を出たあと、コンビニでジュース類をたっぷり買ってバイク屋さんに戻る。
飲んでくださいとお礼を言って横浜を目指す。

IMGP7691_R.jpg

多古町にて。
昨日のホテルでぐっすり眠ったおかげで疲れは完全に取れていた。
その分、帰り道の走りは相当気持ちがよく、出費は大きかったけれど、これはこれでよかったのではないかと思った。


IMG_20160705_121122_R.jpg

こまごま寄り道しながら…。


kyuuri.jpg


バイク屋さんから頂いたキュウリを嫁さんが冷やし中華、キムチキュウリ、キムチの酢の物にしてくれた。
うむ~、スーパーで買ったキュウリより遥かにおいしい!


いやしかし、今回はパンクに対して考えさせられたツーリングであった。
思えば、アドベンチャーでもCB125Tでも場所によってはJAFもこれない場所もあるだろうし、
パンクの備えは絶対にしておいたほうがいいなと思った。
早速パンク修理キットを入手である。

コメントの投稿

非公開コメント

Takesi Godaさん おはようございます

パンク!
災難でしたね。

林道でなくても、パンクしてしまうと、どうにもなりませんね。
確かにそれは盲点だ。

朝採りキュウリが旨そうですね。
味噌つけて齧りたい・・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

こう言うの嫌いじゃない!

結局パンクと言うトラブルに見舞われ一泊でしたか!
でもおかげで地元の方との一期一会・・・個人的には嫌いじゃないな~(^^)
飛び込んだバイク屋さんも素敵だし普通そんな対応はしてくれないんじゃないかな!
ちょっとお金はかかってしまいましたが、それ以上に価値のあるものを得られたような気がします!
決してタタリンじゃないですね!ナイス旅です!トイレ以外は(笑)

No title

こんちは
パンク、大変でしたね。
親切なバイク屋さんにあった変わったバイクはカワサキの天涯ですね。
超レアなバイクです。
たぶん売り物ではないでしょう。
もし状態の良い売り物だったら掘り出し物間違いなしです。

キュウリづくし~♪♪

突然のアクシデントでは~我々バイクに乗る者は~困ってしまいますよねぇ~~ww・・・幸い泊まれる処が見つかったから良かった様なものの~外でのゴロ寝なんかは~田舎生まれ育ちでも~苦手ですォ~ww (^^ゞ
しかし~今時クギは落ちているものなのですねぇ~~ww・・・この間も本だったか?ネットでだったか?忘れましたけど~やはりクギの餌食になったオフロードバイクを見ましたよ~~ううううう~~!!・・・そうだ!その人は~「クギを安易に道路へ捨てるヤツには~服役2年の刑に処して欲しいな!!!」とか言っていたのが面白かったけど~おじ3が実際にそんな被害に遭ったとしたら~本当にそんな風に思うだろうなぁ~~ww
最後には~めでたし♪めでたし♪と言ったところですかねぇ~~(*^-^) ホッ♪

No title

災難はちょっと油断した時に起こりますねぇ、油断大敵ですわ。
パンクなんて道具が有れば「あ~ぁ面倒くせ~!」程度の事ですが、まさか1泊ツーになるとは(笑)
でも思いで深い、一生忘れないツーになりましたね。

No title

小熊のプルーさん、ありがとうございます!
今までバイクで20万キロ走ってきてパンクの経験は今回含め4回だけです。
5万キロに一回の割合で刺さっているわけで、今回が一番大変でした。
めったにないし、こんなに大変になるとは思っていなかったので道具を持ってこない油断がありましたね。

今までなんとなく、自分だけはこういう事態にならないんじゃないかとうっすら思っている節がありましたが、
やっぱり自分にもキッチリこういったことが起きました笑

ちなみにキュウリはめっちゃうまかったです!!
食べた翌日は体調もめちゃよかったです。

No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
今回を機にもっとタイヤ交換やチューブ交換の練習をしておかなければと思いました。
おそらくタタリはまだまだ続くと思われますが、スキルアップのいい機会、安全意識の向上と前向きに捕らえていこうとおもいます!

No title

Nおじさん、ありがとうございます!
道路の端っこを走っていたわけではないんですが、風で飛ばされてきたか、転がってきたか、もらってしまいましたね。

次は絶対に自分で解決してみせます。
新しい秘密兵器も導入しましたので、準備もバッチリです!

No title

七輪さん、ありがとうございます!
ハーレー乗りの友人が教えてくれたんですが、今現在ヤフオクで天涯が出品されているんですが、
写真ではわかりにくいのですが、フロントカウルのところにorners clubというステッカーが貼ってあり、
ヤフオクの天涯とまったく同じ、かつ、出品者が千葉県の香取市の方なので、このバイクで間違いないようです。

大型の割りに乾燥重量160kgで軽く、
昔のデザインですがすごくカッコイイです。
もう最近のバイクはカッコイイと思わなくなってしまった自分がおります。

No title

クマさん、ありがとうございます!
たぶん、自分は確実に林道でパンクを経験する方向で向かっております。
林道に行きたくてしかたないんです。
だから神様が今後林道でパンクしたときのために困らないように今回前もってパンクさせてくれたのかもしれません。

セローの時はもう絶対に持って行きます。
まあ、もしかしたら走っていて同じようにパンクで困っている人がいたらその人の役にたつかもしれませんし。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム