スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧と雨の中の林道


朝6時半に厚木のコンビニにセロー乗りの友人と集合。
都留市から山中湖の途中の林道と、丹沢湖から秦野に抜けるであろう林道の
探索である。


IMG_20160622_085755_R.jpg 


二時間半ほど走り、林道に入る前に腹ごしらえある。
空は雲で覆われているが時々雨が落ちてくる程度。
イケる!はず!



IMG_20160622_091941_R.jpg 

ダートになったりアスファルトになったり。
雨が強くなってきた。

IMG_20160622_093126_R.jpg 


ここからさらに林道を伸ばそうというのだろうか。



IMG_20160622_093148_R.jpg 


巨大な岩に阻まれ進めないのかもしれない。
この斜面を見ると、林道を作るということがどれだけ偉大な作業であるかがわかる。


IMG_20160622_093200_R.jpg 
雨は日常の感覚を消し、霧は方向感覚を狂わす。
今自分たちがどこにいるのかさっぱりわからない。
横浜がどこの方角なのか、富士山はどこなのか…。
まったく知らない場所に来た、ひたすら新鮮な印象ばかりが胸に残る。




IMG_20160622_093217_R.jpg 
結果が行き止まりだったとしてもこの充実感はなんなのだ?
宝箱を開けるかのような楽しさ。


IMG_20160622_100146_R.jpg 

ガッチリ鍵がかかっていて入れない林道をいくつか諦めた後、
入りなさいと言わんばかりにゲートの横にぽっかり空いた隙間を狙い、
見たことのない世界に飛び込む。

その先にある手ごたえのあるダートに心躍る。


IMG_20160622_100208_R.jpg 


少し雨が降っている。

良い空間のある行き止まり。
ここでおしまいなのだが、ここからさらに始る。


IMG_20160622_101846_R.jpg 

行き止まりだと往復するので二度おいしい。
ふむ、こんな名前が付いていたか。

林道の名前って誰がつけるんだろうか。

ぜひ自分に名前をつけさせてほしい。

IMG_20160622_103731_R.jpg


忍野村の見えるところまで来た。


 今日のツーリングも後半戦だ。
あと二ヶ所探索して帰ろうかとパートナーと相談する。

パノラマ台ちかくの林道に行こうとしたが大型トラックが頻繁に出入りしているので遠慮しておいた。
きっとガンガン工事中なんだろう。


最後は丹沢湖から秦野に抜ける林道の探索である。
アドベンチャーで行った時はゲートが閉まっていたが、セローなら僅かな隙を突いてでも入れる可能性がある。


IMG_20160622_130001_R.jpg 


丹沢湖ちかくの林道の入り口はセローなら入れる隙間があった。
しめしめ。ヒョイヒョイと!
舗装された林道を延々と走り続ける。
かなり距離がある。

雨が降っているのか、濃い霧のためか、全身ぐっしょりである。
メガネもビッショリな上にくもる。見ずらい!
ゆっくりと進んでいく。
一時間くらい走ったような気がする。たぶんそんなに走っていないけど霧が自分の感覚を壊している。



やっとの思いでたどり着いたゲートは両脇を鉄格子でガッチリ固められてセローでも抜け出せなかった。

トホホホ、また戻らにゃならんな。

ましかし、濃霧に覆われた林道を走るのは本当に楽しいので、それもまたよしと道を戻りはじめた。


途中、分岐で虫沢線という部分もあったのでパートナーと相談し、もしかしたら虫沢線から抜けられるかもしれないし、ダメかもだけどせっかくなんで行ってみようということになった。



なんと!
走りごたえのあるダートがはじまった!
お互いうれしくてパートナーと思わず顔を合わせた。

いや~、あそこが抜け出せなかったおかげでよいダートにありつけた。

くう~たまらん!たまらん!

IMG_20160622_125958_R.jpg

突然、大きな広場に出た。
ちょうどいい、ここで休憩しよう。



IMG_20160622_125954_R.jpg


霧の向こうはガケ。

空気が凛としている。

霧で何も見えないが美しい…。
空気がひんやりしていてなんだか気持ちがいい。

想像していなかった世界が目の前に現れる、楽しさ!!




IMG_20160622_130922_R.jpg


ふぅ~!!!
ラッキィッ!!
空いていた!!!


終わりよければすべて良し!!

自分もパートナーも大満足!
1530自宅着。


コメントの投稿

非公開コメント

いい林道ですね!

おはようございます(^^)
霧の中の林道もいいですね~(^^)
今度ぜひ連れて行ってください!

>結果が行き止まりだったとしてもこの充実感はなんなのだ?
>宝箱を開けるかのような楽しさ。
なんだかどっぷりオフにはまってきましたね(^^)

素晴らしきモノ♪それは林道♡♡

いや~♪Godaさん、実に羨ましい~位に~林道を走れて~良かったですねぇ~~(^_-)-☆♪♪♪
梅雨空でも~お仲間さん達と~林道に行ってしまう程に~本当に【林道】ってのは~言葉では言い表せない魅力が満載ですよねぇ~~♪♪♪\(^o^)/♪♪♪
Godaさんは~何台もバイクを所有されておられ、特に一番重いBMWアドベンチャーに乗り慣れているので~セロー等の車重では軽い♪と感じるのでしょうねぇ~~(^^ゞ
おじ3は~昨年の2月5日より30年ぶりに~中古車のエイプ100を買い、You Tubeで見た「エイプで林道」に刺激されて~最初から~おじ3の短足でも~両足がベッタリつくエイプの機動性の良さ♪に助けられて~動き出したので~2台目のKLX125では~いささかその足の半分位しかつかない不安定さ!と、昔おじ3がリアルタイムで所有して乗っていたヤマハDT-1(250ccトレールバイクの先駆者)と同じ重量の112Kgは~~バイクを倒していざ起こそう↑ とすると~超重い!!!と~感じてとっても苦労するんですよ~~orz (´;ω;`)
・・・でも~そんな経験も帰宅すると~心地よい♡思い出となり~また林道へ行きたくなる♪のですよねぇ~~(^∇^)
おじ3も~今は色々と~今年の林道への誘い♪の~計画を虎視眈々と~している途中でして~ご一緒出来る日が来るのを~楽しみにしておりますぞ~~(^_-)-☆

幻想的な景色

晴れと雨は、やっぱり晴れの方が良いんですけど、林道に関しては、雨や霧の時って、迷っているような別世界感があって、それはそれで楽しめますよね。
自分の場合は、単独行が多いので、そりゃーもうコワイです。
あたまの中ではケイトブッシュが、歌っています。
でも、止められない・・・。TakesiGodaさんも?

確かに。

こちらの林道は牧野へのアクセスやショートカットとか
昔の街道跡、或いは伐採系が多いんですけど・・・
確かに考えてみれば、「新たに開通させる」のって
かなりの難行苦行になるんでしょうね。

自分は以前、逆に35年前に捨てられた国道へと
忍び込んだことがあります。
後の長大トンネル開通で付け替えられ見切られた
30kmぐらいありそうな山越えのルートなんですけど
舗装されているのに捨てられ荒れた風情もかなり
不気味で怖かったですよ・・・。

最後は4枚目の画像そっくりに全て道が抜け落ちて
自然に還っていました。最終的に人工物って地球の
パワーには敵わないんだ、と妙なことを悟ったりして。

No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
いつも連れて行ってくださるダート比べると刺激が少ないかもしれませんが、是非今度ご一緒に行きましょう。

最後の林道を走っていたら、林道管理者の車が二台走っておりました。
秦野側のゲートは本当に強固に作ってあり、二輪で入り込むのも不可の状態です。
神奈川県の林道は規制が強い傾向にありますので、もしかしたら今後すべての出入り口に強固な柵がかかるかもしれませんので、早めに行ったほうがいいかもしれません。

今回ダートは坂道にありました。下っていったんですが、やはり速度があまり出せませんでしたので、
もしご一緒に行く際は寄(やどりき)の林道入り口から入りダートを登っていく形を取ったほうが楽しいかと思います。

最後は丹沢湖に出ます。

神奈川県は走った気になっていたんですが、セローのおかげでまた新しい世界が見えました。
本当にはまってしまいヤバイです!!

No title

Nおじさん、ありがとうございます!
もしご一緒していただいたとき、是非自分のセロー225に乗ってみてください。
恐ろしく軽く、軽い分パワーもありめっちゃすごいです。
倒したときはホント自転車みたいに起こせますよ。

アドベンチャーは走れる場所もルートもやっぱり決まっている気がします。
あくまで長距離を走るために特化したバイクですので、
近距離で楽しめるかというとやっぱり難しいです。
大型ですのですり抜けも難しいですし、常に2手3手先を予測して動かさないとリスクがあります。

自分にとってセローが来たことによってバイクライフが大きく変わりました。
アドベンチャーはしばらく手放さないと思いますが、今後のバイクとの付き合い方を大きく見直すべき時が来たようです。

No title

チェローさん、ありがとうございます!
山の中から帰ってきたときに電車で横浜駅にいったんですが、あまりの世界のギャップに変な感じがしました。

あの林道の中のサワヤカな香りとひんやりとした空気がとても忘れることはできません。
雨の日にバイクで出発することはほとんどありませんが、
本日は天候には恵まれませんでしたが、感動はより一層強いものでした。

実は、雨に濡れるのもオートバイは楽しいと感じてしまいました。
雨だと林道は一層危険性が高まりますが、たまには思い切っていくのがいいのかもしれません。
特に霧が本当に美しかったです。

No title

こんのすけさん、ありがとうございます。

捨てられた国道なんてイメージするだけでなんだか怖いです。
以前、横須賀にある廃村を訪れたことがあるんですが、
かつて人が住んでいた場所が廃れると不気味な感じがすごくしました。
あの世界の終わりのような怖い感じは一体何なんでしょうか。

一方で、山の中とか自然はほったらかしにしていても美しいですし、清々しい気持ちになります。
やっぱり、人間が作ったものは二重の意味で「不自然」なのではないでしょうか。
人間が作ったものはずっと管理されない気持ち悪いものがあります。

掃除したり、キレイに色を塗ったり、明かりをつけたり。

そんなことをしなくてもあるがままが美しい自然に引かれていく自分がおります。

かといって、オートバイは林道が作られるように人の手が加わらない場所だと走れません。
少しだけ矛盾しているオートバイ。
そこがまた魅力なのかもしれません。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。