房総林道ツーにて林道攻め! 前編

ムコ殿先輩の主催される房総林道ツーに参加させていたいた。

DSC_0364.jpg

日曜日のアクアラインは房総半島を目指す車で渋滞している。
オートバイの機動力を最大限発揮させていただいてツルンと海ほたるにて待ち合わせである。
15分前であるが、みなさんすでに集合されてらっしゃった。

DSC_0363.jpg

まず食べる。そこからツーリングは始る。
近くのソバ屋さんで食事である。
林道では体力を消耗するに違いないのでゴツンと注文。
カキアゲ蕎麦ととろろご飯。
うむ~、食べ過ぎてしまった…。ちょっと苦しい。


DSC_0365.jpg

大多喜のコンビニて昼飯の買出しである。
ここで空気圧を落として林道アタックの始まりである。

DSC_0366.jpg

あれ、ここは道じゃないような気がするけど…。
いや、気のせい、気のせい。
ここは道だ、うん、道だ。

DSC_0367.jpg

先輩方によるとどうも房総の山の深部はヌシや目に見えない何かの影響が強いらしく、
塩、米、酒にて清める必要がある。
今度から自分も最低塩は持っていこう。



DSC_0371.jpg

道があまりにも細く、草や木で覆われているので分かりにくいが、斜面になっており倒れれば斜面を転がっていき復帰は難しいという状況。
一人一人間をあけて進む。
もはや林道ではなく、林道以上の道と言ってもいいくらい、非常に刺激的な道で心臓バクバクである。

くひ~たまらん!!


DSC_0390.jpg

最高に楽しい道をガンガン走りお次は川に入った。
いや、川じゃない、見える!私にも道が見える!!
セローに乗っていると道が見える。

…こんなところアドベンチャーで来たら速攻で動けなくなっておしまいである。
Uターンすらできないかもしれない。

…セローの走破性は異常。

DSC_0385.jpg


DSC_0384.jpg

自分もタイヤがツルツル滑って困ったが、みんな大体同じ場所で困るのである。
ただ、ツーリストと言う特殊なタイヤを装着している方はスイスイと通過されていく。
やはりツーリストはオフロード最強のタイヤのようだ。

DSC_0375.jpg

これマジで登るんですか?
写真ではわかりにくいが、かなりの斜面である。
ただ、先輩が登ってらっしゃるので自分もがんばれば行けるはずである。

思い切ってやってみたらできた!うれしい!


DSC_0387.jpg

かもねぎさんがここでもお清めをされてらっしゃる。


DSC_0388.jpg

たっぷりの米と塩。
自分が10代のころはわからなかったが、目に見えないものの脅威は最近感じることができるようになった。
八百万の神様が味方になってくれるか、なってくれないかの差は大きい。
運というのも非常に大切なもの。


DSC_0389.jpg

みんなで登って一服。
携帯電話はあたりまえのように圏外。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

Takesi Godaさん おはようございます

楽しそうですね。

これはもはや、林道ツーリングというより
林道アタックみたいですね(笑)

楽しそうです・・・・・・・・・・・・・(^^ゞ

楽しかったですね。

先日ご一緒させて頂いたぱるです。

私もこの道は初めてでしたが・・・しびれましたね~w
ただやはりセローにツーリストは偉大でして、ドヘタな私でも川の遡上は難なくクリアできてしまいました。
江戸道と川遡上だけでも相当体力消耗したのにこの後更にですからね~
続きを楽しみにしております。

お疲れ様でした!

おはようございます(^^)
先日はお疲れ様でした!
林道二回目とは思えない走りっぷりにやっぱ若いっていいな~と感じた次第です(笑)
>いや、川じゃない、見える!私にも道が見える!!
>セローに乗っていると道が見える。
このくだり・・・CRFに乗っていたら道に見えないとこもセローに乗ると道に見えてしまうんですよね!
あ~ら不思議(笑)

今回ちょっとヘビーだったかなとも思ってますが、まずは楽しんでいただけて何よりでした(^^)/
つづきも楽しみにしてます(^^)

No title

Godaさん、お疲れ様でした~♪気の合う林道ツーの仲間が出来てとっても羨ましい おじ3デス♪
おじ3はいつもソロツーリングだし~おまけにバイクも125ccと非力ですから~250ccのトレール車がスイ♪スイ♪行ける道でもとっても激しく揺れたり、ハンドルを取られ易いので、乗りにくさを痛感する事が多々ありマス!
先日も地元の林道行ったら、今回のガレ場の様な道をモトクロスタイ輪履いているので、何とか行けましたけど~雨で林道がV字溝に侵食されていて~タイ輪一本分に近い狭い右か左の通れる処をやっと進んで行ったりしたけど~ソロツーリングなのと~おじ3の体力の限界!とかで~更に激しい状態のガレ場になってしまったので~引き返してきました。お腹も空いていたので~舗装路へ出る前の川の脇で一休みデス♪そこでノドを潤し、舗装路へ出て、田舎の食堂を求めて少し彷徨い、喫茶店風の感じの良い和食処(蕎麦処)をやっと見つけ午後3時頃遅いランチタイムでしたよ~~ww (^^ゞ
おじ3も昭和初期生まれの人間なので~ソロツーリング時とかバイクで出かける時には、いつも家の仏壇にお水を取り替えて(←おじ3のお袋が仏壇内にいつもコップ3つに水入れて毎日取り換えてました)『家内安全・交通安全・無病息災出来ます様にご先祖様お守り下さい』と忘れない限りは祈ってから出かける様にしてます。
だから、そのお仲間さん達が【塩】を持参して清めてから通過して行くのは、とっても良くわかりますよ~♡♡
おじ3は、その林道へ行ってきた翌日から膝痛で一週間足を引きずっていました。
膝痛がやっと治った♪と思ったら~今度はギックリ腰で~今、やっと痛みも落ち着いてきました~ww
楽しく安全に林道ツーリングをお互いにやって行きたいものですねぇ~~(^_-)-☆

房総ツーお疲れさまでした。

新しいタイヤと、新しいチェーン、ムコ殿さんのスペシャルルートを思う存分楽しまれましたね。
最後の一本、一番奥の手前まで行かれました。あの山を上って戻って来るなんて、凄いです。
久里浜港からの帰りは、一番早かったでしょうか・・・?

No title

小熊のプルーさん、ありがとうございます!
めっちゃくちゃ楽しかったです!
主催者のムコ殿さんがかなり房総の林道を研究されてらっしゃいましてドキドキワクワクの連続でした!
自分一人で調査してもこれだけの林道を探し当てることは至難の業です。
いや~本当にありがたいことです!「

No title

ぱるさん、ありがとうございます!
先日はありがとうございました!
自分のツギハギセローは最初ツーリストが付いていまして、最近D605というノーマルタイヤに戻したんですが、
ノーマルも結構イケル感じがしましたが、やはり肝心なところはツーリストが抜群の安定性を発揮するようですね。
おそらくここの違いで難所においてうまくいくかどうか大きな差が出てしまうんでしょうね。
貧乏性な自分は長持ちなD605でほっとしておりますが、これから先おそらくツーリストにムラムラとしていくかもしれません。
ただやはり川の遡上は自分はすごくキツかったです!
つるんつるん滑りましたし、リアに加重させるために足でふんばって尻をシートに思いっきり押し付けたりしてなんとかクリアできました。

No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
ムコ殿先輩のおかげでこんなに楽しい思いさせていただいてしまいまして、
本当に感謝の気持ちで一杯です!
第一回目の林道では体に力入りまくりでヘロヘロでしたが、
今回はうまくリラックスできましたので2回こけちゃいましたがおかげさまで前回よりもやや上手に走れたかもしれません。
自分はバイクライフ16年目にしてオフロードの世界に触れましたが、こんなに楽しいならもっと早く
気が付けばよかったなあと思います。

No title

Nおじさん、ありがとうございます!
自分は大変恵まれているなと強く感じております。
そもそもが、あの日きのこ山にてNおじさんとお会いしなければこうしてセローに乗っておりません。
Nおじさんとお会いできたことによって本当に素敵な世界に触れることができております。
やはり自分は運がいいんだなと思います。

雨の後の林道はかなり難易度高かったでしょうね。
逆に自分はソロではまだオフロードにたどり着けていませんので、一人でもオフロード行ってみたいです。
林道初心者で先輩の後ろにいるから走れるだけであって、まだ危険予測もぬるい状態ですから、
もっともっと林道のことを知って行きたいです。
やはり、安全が一番大切ですよね。自分も絶対無事に帰るんだと心に決めてバイクに乗ろうと思います。

No title

チェローさん、ありがとうございます!
あの最後のお山は頂上でこけてしまったんですが、これもいけるんだといい経験でした。
ただ、まだ自分は何ができるのか、何ができないのかわかっていないので、もっと慎重になろうと思います。
あの後、おかげさまで横浜横須賀道路と横浜新道を使ってスルッと自宅に着きました。
チェローさんはあのあと134号線経由で帰られたのでしょうか、江ノ島らへんは大変混雑でご自宅まで大変だったのでは…。

充実した1日

今回の房総ツーリングはムコ殿さんとかもねぎさんが下見を重ねたコースですから充実感が半端ないですよね。
これを味わってしまうとごく普通の林道ツーリングでは物足らなくなってしまいます(^^)/
後半の奮戦記も楽しみにしていま~す!

No title

はじめまして。
林道楽しそうですね!
セローの走破性に感動して、
思わずコメントしてまいました。笑

そして、勝手にリンク追加しちゃいました。笑

No title

クマさん、ありがとうございます!
これがトレイルということなんだなあと我が身を持って体験しております!
クマさんがお声をかけていただかなければこういった体験をすることはなかったです、
本当にありがとうございます!

No title

iwaさん、ありがとうございます!
同じ横浜ですね、よろしくお願いします。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム