春の風の中、東金山武を北上し成田周辺のわき道を楽しむ

IMGP7387_R.jpg

アクアラインを降りて信号のない快走路をひたすら走っていると
突然湖が現れた。
一部の田んぼに水が引かれ始めた。
田植えの季節が近い。

この二ヶ月の間は色んなところの田んぼを見に行かなきゃ。
茨城のあそこの田んぼの風景を見てみたい。

IMGP7416_R.jpg

風があまりに気持ちよい。
いつのまにか成東・東金食虫植物群落に到着する。
入ろうとしたらボランティアの老紳士が案内してくれるとのことであった。

IMGP7396_R.jpg


IMGP7405_R.jpg

前回来た時は真冬でお目にかかれなかった食虫植物の立派な姿である。
五月になれば実際この食虫植物が虫を捕らえて食べている姿を拝見できるとのことである。
それでは早速来月も来なければなりませんなあ。

IMGP7410_R.jpg

なんとも上品な老紳士がありとあらゆることを説明してくれるのだが、
地面にはそこらじゅうに赤い食虫植物が広がっていた。

IMGP7417_R.jpg

自然にできた川だと思っていたら、食虫植物の群落を守るために作った水路とのこと。

IMGP7404_R.jpg

逃げ出したペットじゃない、野生のウサギがこのあたりには出没するのだという。

IMGP7402_R.jpg

建物の中には農薬で絶滅しかかっているという食虫植物が水槽にいた。

IMGP7401_R.jpg

イヌタヌキモという珍しい名前…。
こんな食虫植物がいたのかと大変びっくりした。


この袋の中に虫を閉じ込めて食べてしまうのだという。
絶滅危惧種とのこと。

こんなにユニークな植物がこの世から消えてしまう可能性があるなんて、さみしいなあと思う。

IMGP7418_R.jpg

老紳士が非常に親切丁寧に説明してくださったおかげで、色々なことがわかった。

この成東・東金食虫植物群落は一ヶ月ごとに種類の違う花が咲き乱れとても美しいのだと写真を見せてくれた。

自分が気が付いていないこと、知らないことがあまりにも多すぎる。
老紳士が自分に生きることの素晴らしさを伝えてくれたような気がした。

来月は茨城の田んぼを見るついでにここに来よう。


IMGP7419_R.jpg

大きな国道を走らずにちょっと入ったわき道を走る。
信号の一切無いのどかな一本道。
誰もいない、自分ひとりだけを選んだ。



IMGP7421_R.jpg

栗山川沿いを狙う。
冬に来たときは何もなかったのに、いつの間にか菜の花の道ができている。
春って本当に素晴らしい季節だ。


DSC_0224_R.jpg

人の背の高さほどの菜の花の道をゆっくりと走っていく。
この道がいつまでも続くかと思われた。

IMGP7423_R.jpg

成田近くにて。
田んぼのわき道のルートを組んだ。
今日は田舎道をじっくりと味合う所存であったのだ。


DSC_0225_R.jpg
DSC_0226_R.jpg


多古町にある「ふじや菜館」にて食事。
二回目の来店である。

おばあちゃんと足の不自由な娘さんの二人で営業されているので、
料理は熱々ではない。

だけども前回狙っていた、モツ煮込はバッチリ仕込完了してあり、
めっちゃくちゃ柔らかく、非常においしい。
この食堂の売りの多古米がいくらでも腹に入ってしまうかのような感じだ。

それに、今日はタン焼きも追加してみたがこれもまた自分は気に入ったのであった。

DSC_0227_R.jpg

帰り際お会計のときにおばあちゃんがどこから来たのか聞いてきた。
横浜からと伝えると、実はおばちゃんは40年前に川崎に住んでいたそうな。

それから多古に来て食堂を営業して40年になるとのこと。
40年も食堂をされているなんて、とんでもなく立派なことである。
そのおかげでこうして自分もおいしい多古米にありつけているのだから感謝である。

おばあちゃんには息子さんがおり、もう50代になられるとのことだったが、息子さんも大型バイクに乗っているとのことだった。
おそらく息子さんは離れて暮らしているのだろう。

おばあちゃんは気をつけて気をつけてと何度も言って自分を見送ってくれたのであった。

また食べに来ますと伝えて横浜に向かった。





横浜に到着し電工ペンチとギボシ端子の荷物を受け取ってすぐセローの修理に取り掛かったが、
尾灯は治らなかった。
もう自分でやれることは全部やったから、スッパリあきらめてバイク屋さんの兄ちゃん整備士に相談しよう!

コメントの投稿

非公開コメント

いい旅してますね~!

おはようございます!
記事拝見してて自分もこんなツーがしたくてバイクに乗ったよな~なんて思い返しちゃいました(^^;)
あえてメインのルートを外れてまったりのんびり走るのも悪くないですよね!
見た目よりけっこう大食なんですね(笑)
おじさんはもうそんなに食えなくなりました(^^;)
でも美味そうだ!

No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
googleマップのマイマップという機能で衛星写真の地図を見ながらルートを作っているんですが、
本日のルートも大当たりでした!
バイクでうまい空気とキレイな景色の中にいると元気になるのか食欲がドカーンとアップしちゃうんですよね!
おかげさまでデブチンなのでダイエット中なのですが、ツーリングに行くとつい気が緩んで大飯を食べてしまうんですよね!

来月の千葉探検、楽しみにしてます!
きっと林道で体力使って腹が減りますので、もしムコ殿先輩が千葉のときいつも行ってらっしゃる
海鮮丼のお店で食べることになったら、かなりガッツリ食べてしまうかもしれません笑

Takesi Godaさん こんばんわ!

食虫植物の話もさることながら、

青空と
菜の花と
田植え前の水を張った田んぼの風景が良いスねェ。

良い感じです。

ふじや菜館も、良い感じですね。
自分も行ってみたいと思います。

場所により

こんばんは。

いいですね、自分もこういうの好きです。
その土地の方々に会って実際に話してそこでしか知り得ない話を聞かせてもらったりと、バイクに限らず電車旅でもなんでも同じですね。

整備はプロに任せると更に安心ですね~。

No title

小熊のプルーさん、ありがとうございます!
これから秋の収穫の終わりの時期まで田んぼウォッチが本当に楽しみです!
田んぼの湖の風景が見れるのはおそらくこの1、2ヶ月が勝負の時期なので急がなければなりません。

写真ではわかりにくいのですが、栗山川沿いが菜の花で埋め尽くされておりますので、実際こちらも行ってみられたら
相当びっくりされると思います。2kmほど菜の花が続きます。

ふじや菜館ですが、自分の予想としてはおばあちゃんと足の不自由な娘さんを見る限り、
10年以内にお店を畳んでしまわれるかもしれません。
おすすめはモツ煮と多古米です。土曜日が定休日です。

No title

ラオさん、ありがとうございます!
自分たちがツーリングで行く場所は世界のほんのほんのごく一部にすぎないんですが、
広大な田んぼの広がる県道の片隅で人知れず40年も営業を続ける定食屋…。
そして世の中のほとんどの人たちがこの定食屋を知らないまま、店はいつか消えてしまう…。

たまたま偶然バイクツーリングで通りがかってこの定食屋でメシを食べる。
お店のおばあちゃんと世間話をする…本当に特別な体験に感じてしまいます。

いいですねぇ~

こんなノンビリツー好きだなぁ!
人知れずの穴場的な素敵な場所にめぐり会えた時の感動は最高です。
そんな場所を探し出すのにバイクは小回りの利く機動力が魅力ですよね。
セローでトコトコとどこか行って、こんなレポを久しぶりに書きたいなぁ~と思っちゃいました。

No title

クマさん、ありがとうございます!
アドベンチャーに乗ってて、あっ!あそこの脇道はセローだったらいけるのになあと思うことが本当に多いです。
でかいバイクは長距離は快適なんですが、制限が大きいのも事実です。
セローのタイヤを標準に戻したらセローにて田んぼ探検ツーリングもやってみようと思います!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム