スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロー225 外装を純正に戻し、ZETA アーマーハンドガード補修

DSC_0194_20160328235255ab1.jpg

本日は夕方から渋谷に用事があったので午前中にセローの部品など4点を受け取り早速修繕に取り掛かる。

横須賀の公郷にあるGT商会の通信販売からジータ用のボルトを注文する。
GT商会は昔は店頭で販売もやってたが、今は問屋業に専念されており、小売は通信販売のみの展開をされている。

横須賀のお店の通信販売で取り付けるなんて少しうれしい気持ちになる。


DSC_0195_201603282352575ef.jpg

元々このようにガムテープで固定されていた。
これでは強度もよろしくないし、転倒したときにそもそもがハンドガードの意味をなさない可能性もありうる。

さらに逆にこのハンドガード自体が地面にぶつかったときにハンドルとガードの間に手が挟まれば凶器となる可能性もある。


DSC_0196_2016032823525756b.jpg

ガムテープを外すと固定されていないボルトが現れる。これをガムテープで強引に留めていたのだ。

DSC_0197.jpg

さすがに純正品である。ガッチリ固定できた。
これで一安心。転倒への備えはバッチリである。


DSC_0198_201603290005457e8.jpg

次はフロントフェンダーを元に戻す。

DSC_0199_201603290005320ea.jpg

ここに純正のフェンダーがつるんと付けられた。
完成の写真を撮るのを忘れていた。


DSC_0200_20160329000547553.jpg

お次はこのいかにもみすぼらしいシートを補修である。
これでも問題はないが、なんかテキトーで中途半端感が漂うので修正である。

DSC_0201.jpg

毎度同じみの切り張りして使う粘着シートである。1400円くらいか。

DSC_0202.jpg

大きいホッチキスでパチンパチンと留めてある。
全部外す。

DSC_0203_2016032900134842b.jpg

前オーナーが張っていたシートを外すと標準のシートが現れた。
これはこれでいいけど、せっかく補修シートがあるので使う。


DSC_0204_20160329001350c7d.jpg

えっさほいさと貼り付けていく。

DSC_0206.jpg

ウホッ!そこそこいい感じにできた。


DSC_0207_20160329001640295.jpg

最後にプラグを交換することにした。
前オーナーは変えたばかりだと言っていたが、とりあえず自分自身の手をかけた記録を元にしなければならないから交換だ。


つーか、サイズは同じだが、メーカー指定のプラグではない。
DR8EAというプラグがついていた。
確かに交換したばかりのようで新品とほぼ変わらないくらい全然磨耗していない。
このプラグを調べると、確かに小売店では89年製造のセロー225でOKと書いてあるが、それはメーカー指定ではない。


パーツリストによると自分のセローは
DR8ES-Lというプラグがメーカー指定である。
これをトルクレンチで17N・mで締め付ける。
(NGKでは15~20N・mの間の指定があるがその真ん中を採用した)


早速新しいメーカー指定のプラグで走行してみたが、笑っちゃうくらい調子がいいのである。
まず、アイドリングがめちゃくちゃ安定したし、力強さもメーカー指定のプラグの勝ちである。

メーカー指定ではないプラグではアイドリングが不安定であったし、パワーも劣る。


CB125Tのときも指定のプラグではなかった。
みんなプラグは適当につけているんだなと思った。
メーカー指定のプラグが一番最高なのに。


やっぱり、純正品、メーカー指定は絶対なめちゃいけないと思う。
メーカー指定じゃなくても走れるんだけど全然調子が違うじゃん。
もう!メーカー指定の大切さを全然わかっとらんがな!プンプン!

もう外装はここらへんにしてあとは尾灯とチェーンスプロケ交換の重要なところを手にかけていかなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

やってますね~(^^)

こんにちは~(^^)
コツコツと元の形に戻してますね~!
ハンドガードは林道ツーには欠かせませんからね(^^)
あとは尾灯とチェーンスプロケ交換・・・完了したら房総のお山に遊びに行きましょう(^^)
楽しいですよ~!
あっ!リンク貼らせてもらいますね(^^)
よろしくです!

Takesi Godaさん こんばんわ!

精が出ますね!

中から出て来た、赤いシートが泣かせますね。
いかにも、ある時代の、
YAMAHAのオフ車って感じです(笑)

カバーかぶせちゃうの、もったいないけど、
前より全然綺麗に仕上げましたね。

タイヤのパターンが特徴的!
もしかして、前後トライアルタイヤですかね?
舗装路走るとすぐ減りそうですね(笑)


着々と・・・

元のセローは、1989年にセルつきになったモデルのチャピイレッドだったんですね。フォークブーツを黄色に替えてタンクやグリップと合わせていたようですね。
私が乗っていたのも、このモデルのこのカラーでした。シートは、やはり張り替えてもらいました。
懐かしい感じがして、嬉しくなりました、ありがとうございます。

No title

ムコ殿先輩、ありがとうございます!
房総の山楽しみにしておりますので、よろしくお願いします!

No title

小熊のプルーさん、こんばんは!
自分のポンコツセローはシュラウドを外すとタンクが塗装されていない状態で昔の色が残ってます。
このシュラウドは結束バンドで留めてあるのでいつか劣化してポロンと外れますので、それまでにタンクもちゃんとした色にしてやりたいです。

おっしゃるとおり、タイヤはツーリスト?という特殊なタイヤのようです。
先月までは山盛りだったんですが、800kmほど走った今は無残にもうすぐつるつるになりそうです。

あまりにも経済的によくないので、通常のセローのタイヤに戻すつもりです。
セローのエンジンフィーリングがとても好きで、一般道も色々行ってみたいんですが、このタイヤだと走るたびに
減っていくことを考えると精神衛生上よくないです。
オフロード専用タイヤなので、本来は軽トラなどに積んで林道でおろしてアタックする役割なのでしょうね。

No title

チェローさん、ありがとうございます。
よーく見ると、前ブレーキのディスクカバーも黄色に塗ってありました。

このセローが製造されたとき、自分は小学校3年生でした。
そのときチェローさんは何をされてましたか?
27年の歳月というのは考えるとものすごいものがありますね。
時代も大きく変わりました。世の中も全然違ってます。

もうこのポンコツセローはおじいちゃんバイクの部類になってしまいましたが、
まだまだ走れますし、部品もまだまだありますので、老体にムチを打ち、がんばってもらおうと思います。
林道で壊れて走れなくなったらこのバイクも本望でしょうね。

No title

いや~!・・・これだけでも~おじ3は結構大変な作業ですなぁ~~ww・・・自分の愛車となると~話は別で~一生懸命に作業何故か出来ちゃうんですよねぇ~~(^_-)-☆

No title

Nおじさん、ありがとうございます!
前後スプロケとチェーン交換なんですが、自分でチャレンジすることにしました。
もうすでにスプロケは純正品を注文済みです。
16年前と違い、最近だとアマゾンで安い工具が売っているし、youtubeなどでやり方がアップロードされているので、
この程度なら自分にもできそうです。
さすがに尾灯などの電装は今後とも触れる機会は少ないと思うのでプロにお任せしようと思います。

このスキルが身に付いたらCB125Tのチェーン系統交換でも工賃が大分節約できますので、ちょっと楽しみです笑
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。