スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの伊豆ツーリング

20160203
久しぶりに伊豆を走ることにした。
どうも昔から伊豆は道が細くてグネグネしているイメージがあって苦手意識がある。
いやしかし、だったら自分は伊豆の良さをしっているかと自問自答してみると、あまり走ったこともないくせに判断するのはよくないと思った。
面白くないのはあまりよく知らないからということもある。

というわけで、ツーリングを通して伊豆という地域のよさを研究することにした。
道も研究すれば走りやすくて景色もいいコースを発見できるかもしれない。
それに、せっかくセロー225がやってきてくれたのだから、伊豆の林道だって面白いかもしれない。
食わず嫌いはよくない。いこう。


DSC_0025_R_20160205002320a04.jpg

朝5時20分、アドベンチャーに火を入れて出発である。
国道1号線を走っていく最中、松屋を発見したので、しめしめ。朝ごはんである。
お腹一杯になったら走りがまた楽しくなる。

IMGP7182_R.jpg

国道1号線から134号線に変更し、西湘バイパスを抜けて箱根へ。
箱根は渋滞しているイメージが強かったが、それは昼間で観光客渋滞のようだ。
朝の通勤時間帯はそれほどでもない。

七時すぎ、箱根の山に入り雪が多くなっていく。

IMGP7183_R.jpg

もう少しいくと完全に雪景色となる。
道路は凍結防止剤のおかげで問題は無かったが、もしかしたら凍っていた場合にそなえて速度控えめに走るも、
この時期は箱根の山は普通の山と比べても標高が高いので避けたほうがいいと思った。
今度からは246号線から御殿場からの伊豆というコースなどがよさそうだ。

IMGP7189_R.jpg


伊豆スカイラインを通らずにひたすら伊豆の県道を走っていく。
途中山の中でウンコがしたくて仕方なくなる。
だがしかし、公衆トイレもコンビニもあと一時間以上走らなければないだろう。

もはやこれまでかと思われたが、漏らさなければどうということはない!

そこらへんでしてしまえ!
こういう事態に備え、ちゃんとアドベンチャーのパニアに紙を入れてある。

アドベンチャーを道路わきに止めて草むらに入っていく。
よっこらせっと。ここなら誰かに見られることもないし、誰かが踏んづけることもないだろう。
ズボンを下ろした瞬間に冷気が尻をヒヤっとさせるがこれが意外と新鮮で気持ちが良い。

ご苦労さまでした。
自然の中で出すものを出し切ると心の中がサワヤカな気持ちでいっぱいになる。
そうか…。ツーリング中にこういった山の中とかであればトイレとかコンビニ探さずその場でいたしてしまえばいいのか…。

人里離れた山奥なのだから、いつもと違うのだから頭を切り替える必要があったのだ。

その後走ると森を抜けて眺めのよいところに出た。

IMGP7184_R.jpg



実に気持ちがいい快走路…。伊豆にもこういった道があったのか!


IMGP7191_R.jpg

そうか、昔来た時は伊豆の東の方の海岸線を走っていたので交通量も多いし大変だったんだなあ。
伊豆の快走路を見つけたり。

しかし、今度は西の伊豆に来たときに、のろのろ走る車によく遭遇する。
アドベンチャーはパワーに余裕があるのでスイッと追い越せるのだが、一旦追い越してしまえばまた抜きたくないので、
景色の良いところでも立ち止まらずにそのままグングン進んでしまった。

ふむ、次回の改善点でもあるな。ここをうまくやれば伊豆ツーリングはさらに楽しくなる。


IMGP7193_R.jpg

オニギリのような、ラクダのこぶのような山がいつくつも並ぶ。

IMGP7195_R.jpg

伊豆の半島自体が山と考えたほうがいいかもしれない。
地図を見てもグネグネ道が多い。

だとすると、小排気量のバイクのほうが楽しめるんじゃないだろうか。
つまりだ、ここはCB125Tでも何度か来て見る必要があるだろうな。


IMGP7197_R.jpg

井里絵という県道17号線沿いにあるお店を発見したので飛び込んでみる。

DSC_0026_R_20160205010643b96.jpg

イカとアジの定食を頼んだ。
これがアジとイカの量がかなり多い。

これでは米が足りない!
なので米をお代わりした。

うむ、非常にうまかった。

本当は今日はひものが食べたかったのだが立ち寄る店を決めていなかったので、次回こそは干物が食べられるお店に行ってみよう。


DSC_0027_R.jpg

無料の伊豆縦貫道を通り、御殿場から246にて東名高速マツダにて横浜にブインと帰還。
東名高速はついついいつも110-130ほど出してしまうが、ふと思った。
こんな速さ出す意味あるのか?もっとゆっくり走って楽しんでみたらどうか?
大型トラックとかの後ろについてのんびりと走ってみたらいいんじゃないのか?
次回はもっとゆっくり走ってみよう。

凍結防止剤で汚れてしまったので、キリフキで水をかけて落とす。


DSC_0028_R_20160205011433adb.jpg

午後三時すぎ自宅着。
走行距離約400km。





まだまだ伊豆の研究が足りない。温泉にも入ったり、おいしそうなお店を探して食べてみよう。
もっと面白そうなルートを研究しなければならない。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、
おっ、伊豆半島行かれたんですね♪、冬のツーリング先としては貴重な地域ですよね。
とは言っても、山間部は凍結している場合があるので油断禁物です。
県道は長閑な味がありますよね!
房総とはちょっと違った寂びな雰囲気があると思います・・・

No title

h37さん、おはようございます!
房総と違って伊豆はどこかしら整理整頓されている感じが強いです。
房総は農業色がかなり強いのですが、伊豆は漁業と温泉の色が濃厚です。

まだ自分の中では伊豆ツーリングのスタイルが房総ほど確立していないのですが
もしかしたら温泉で一日ゆっくりすごして帰りは高速使ってサーッと帰るのがよさそうな気もします。

とにかく次回は干物をねらっていきます。
h37さんが食べられていた干物が非常にうまそうでしたので笑
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。