スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レッドバロンへ

オフ車を買うと決めてからいてもたってもいられない。
早速CB125Tにて近所のレッドバロンにどんなもんなのか見に行った。
ここのレッドバロンはCB125Tを買う前に125ccのバイクを見に来たことがある。


久しぶりにBMW以外のバイクがたくさん集まる場所に来たが、小さいバイクばかりだなあ~と感じる。

普通に考えてアドベンチャーがでかすぎる。
でも自分にとってはアドベンチャーの大きさが普通になってしまっている。
アドベンチャーに乗り続けるとそう感じるようになるのかと、自分自身でも新発見であった。


原付の免許しかない15年前、ジョルカブの整備でバイク屋さんに行くと中型から大型まで色々あったけど、
中型も夢のまた夢だなあと思っていた。

今は大型免許がある今ではバイク屋さんにあるすべてのバイクに乗っていいんだと思うと実に気持ちがいい。



KIMG0664_R.jpg

ボロそうなセローを発見する。
うむむむ~、このヤレ具合といい、気になるお値段は15.8諭吉。
ふむむむ!いいんじゃないのか???
月に一回乗るか乗らないかだったらこんな感じで上等だし、一応部品もまだまだあるようだ。


KIMG0665_R.jpg

オフロードで何度もこかしたようで、キズだらけである。
こんなにキズがついていたら、気楽に乗れるわ。

走行1.5万キロ。
93年式で、自分が中学生のときに製造されたセローである。

またがってみたら、サスがふわふわしてる。うむー、こんだけふわふわしてたら悪路も相当平気だろうな。

エンジンをかけましょうかと言って下さるのでかけてもらったが、絶好調である。


見積もりをしてもらったら、乗り出し21万円である。
うむー、これならがんばれば2ヶ月、遅くとも春までにはオフ車デビューができるなあ。


金が用意できるまでにこのセローが売れてしまう可能性もあるが、それはそれで新しいご縁を探せばよいだけのこと。

横須賀の友人が最近シャッター付きの車庫を借りたとのことで、
そこにハーレー、カブを置き、レストア中のトーハツのランペットの作業場もかねるらしいが、
余裕があるのでそこに月3000円で置かせてもらえることにもなった。
駐車場の準備もOKである。

セローがあれば、林道を、ダートを制圧できる。
アドベンチャーで千葉の金谷の林道走ったとき最高に面白かった。

アドベンチャーは一人でダートで倒すとほぼ起こせないことが分かっている。
セローなら一人で起こす自信がある。
一人で気軽に林道、ダートに走りに行ける。

また世界が広がる。楽しみだなあ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。