スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドベンチャー オイル交換

KIMG0658_R.jpg

累計11回目のオイル交換である。
最初に比べたらオイル交換にかかる時間がすごく短くなってきた。
手馴れたもんである。

今回もマンションの入り口のゴミバコに捨てられていた古新聞を頂いてのケチオイル交換である。
オイルパックリにかけるお金の余裕などないのである。


前回のオイル交換からちょうど2500km走行。
通常であれば3000kmごとに交換にしているが、前回のツーリングにて2時間ほど渋滞にはまりのろのろ運転が多かったので
念のためということで早めの交換である。

正直なところ、オイルが劣化しているのかしていないのかはわからない。
アドベンチャーのエンジンは一般道3000回転。高速道路4000回転も出せばOKでこれ以上まわすことは本当に稀なので
エンジンオイルの劣化を体感することはほとんどない。

ただ、アドベンチャーにすまないことをしたなあと思うのと、普段より油温を上げてしまったのは間違いないので気持ちをリセットするためにもオイル交換である。


KIMG0659_R.jpg

ポロ 15w-50 は不思議なオイルで、オイル窓から見るとツヤツヤしているので、ああポロのオイルだなあとすぐにわかる。

オイルを出し切ったのでトルクレンチで32Nでドレンボルトを閉める。
思えばトルクレンチの使い方も最初の方は毎回マニュアルを見ながらだったが今はもう見なくてもわかるようになった。

KIMG0661_R.jpg

いつもペットボトルにオイルを入れてアドベンチャーのところに持ってきている。




KIMG0663_R.jpg

オイルは温まると熱で体積が増えるので、それを考慮に入れると入れすぎたかも。
までも、すぐに燃えるでしょう。

ディーラーでオイル交換、または補充してもらうと、エンジンが十分あたたまり、オイルが熱で膨張した状態で上限ギリギリになるよう計算して入れてくれるのでさすがと思う。



さ、次のツーリングはこれで気持ちよく走れるぞ!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。