茨城は有明の松、きのこ山、真壁町にて 後編

IMGP6968_R.jpg

きのこ山を下りて桜川市真壁町に着いた。
どうもこの真壁町は国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているということをうっすら知っていたので、前から行ってみようと思っていたのである。

IMGP6976_R.jpg

なんとも風情のある町並み。
どうやら大正や明治からの建物のようだ。

IMGP6970_R.jpg

ここらへん近辺を写真をたくさん撮っていたら、近所のおじさんが話しかけてきた。
どうもおじさんの嫁さんの実家がここらへんで今日は訪ねてきたらしい。
なんでも、ひなまつりのときがここらへんはすごいので、ひなまつりのときに是非来てごらんなさいとおっしゃっていた。

おじさんは下妻市から来ていたようだ。

貴重な情報をいただいたので、ひなまつりにもう一度来て見るかな。





IMGP6979_R.jpg

本当はもっとゆっくり見て行きたかったが、今度はCB125Tで来て見るかな。
原付でも横浜からなら3時間ほどでこれる。


IMGP6982_R.jpg

真壁町を後にし、県道を走っていくと駅に出会った。
関東鉄道常総線の黒子駅である。
途中通り過ぎようとしたが、やはりこれは見ておかなければとアドベンチャーを反転させ駅を見てみる。

IMGP6983_R.jpg

なんともシンプルな駅だこと。
パスモ、スイカが使えるというのがハイテクだなあと感じさせる。


IMGP6984_R.jpg

東京駅まで片道2050円という金額がここが東京からかなり離れているということを物語っている。

いやしかし、片道2050円ていうのは気軽に行ける金額ではない。
アニメおたくの青年がいたとして、気軽に秋葉原に行けはしない。
自分がここに住んでいたらスーパーカブで東京に行くだろう。距離を測ると75kmなので、カブだったらガソリン1.5リットルでお釣りがくるな。

そう考えるとスーパーカブとはとんでなくすごい乗り物だ。


IMGP6986_R.jpg



IMGP6985_R.jpg

なんとも珍しい!
変わった形である。
このオリジナリティにすんごくムラムラ来た。
関東鉄道常総線…。以前から駅全部を巡ってみたいと考えていたのだ。

この黒子駅との出会いで完全に火が点いた。
これはいくしかない。
どっぷりと茨城の風に浸かろうじゃないか。

IMGP6987_R.jpg

途中、初めて4号線に乗った。
無機的な感じのする道路で、走っていると長閑な風景が単調に感じられてしまう。
やはり、ツーリングは県道の方がよい。

でも、すごく走りやすくて高速道路の代わりになれそうな感じである。
これは色々と使えそうな道路であった。

そしてまた裏道に戻り、江戸川沿いの気持ちいい道を走る。

夕日が最高に美しい。ああ…生きているというのは本当に素晴らしい。
ツーリング最高!


ところが、これから始る地獄の序曲であった。

間違っていた。認識が甘かった。
首都高速道路があんなに凶悪だなんて知らなかった…。
16時30に三郷から乗ったのだが、もうずっと渋滞である。

前回15時乗ったときは全然平気だったのだが、この時間は帰宅ラッシュ時間帯でちっとも身動きできなくなってしまった。

ゆっくりのろのろ走っていると、23区の首都高速道路の作りが狂っているのがよくわかる。
二車線がいきなり一車線になって他の方面と接続。こりゃ渋滞させるために作ったのか。
欠陥道路である。
ツーリングに使ってはいけない。

早朝か、夜20時以降だろうな。

普段よりエンジンオイルの温度一メモリ上の状態であったが、クラッチがやけた匂いだろうか?
いつもと代わった匂いもしてきたし、読みが本当に甘かった。

東京おそるべし。

東京を抜けても渋滞しており、結局横浜着は18時45分であった。


こんなんだったら20時くらいまで温泉でゆっくりしてパーッと空いているところを帰った方がよかったのだ。
もしくは、また九十九里浜までもどりアクアラインで。
距離は走るが、そっちのほうが遥かに楽だった。

いや~認識が甘かった。

しかし、いい経験になった。
やっぱり、平日の17-19時は避けるべきであった。
今度からはもっとうまくやってやる。

こんなに渋滞にはまったのは過去最高なので、あと500kmで定例エンジンオイル交換であったが、
早めにオイル交換しよう。アドベンチャー、すまん。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
有明の松ですか…周辺の長閑な景色が堪りませんね!
私もこういう雰囲気が大好きです。
真壁町の街並みもいいかんじですね、
重厚な門構えにアドベンチャーが似合ってます。

No title

h37さん、ありがとうございます!
真壁町付近は石細工がさかんなようで、走っていると大きな灯篭がぽつんとあったりします。
なんとも風情を感じる町です。
今回はほんの少し立ち寄っただけなので、今度はじっくりと時間をかけて真壁町を探索してみようと思います。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム