スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城は有明の松、きのこ山、真壁町にて 中編

KIMG0656_R.jpg

霞ヶ浦から有明の松を目指してひたすら走る。
県道でもない、市道と言えばいいのだろうか。
裏道を駆使して有明の松に近づいていく。

裏道の景色がまたいい。

とあるところで、セイコーマートが登場する。
見かけると嬉しくなる。


IMGP6932_R.jpg

有明の松に到着したが、アドベンチャーの向きを変える為に入り込んだ路地にて。

あまりに景色がきれいだったのでアドベンチャーから降りる。
ヘルメットを脱いでみる。
何も音が聞こえない…。車もあまり通らない。
遠くのほうからカラスの鳴き声が聞こえる。

しばらく景色に見惚れて立ち尽くした。
深呼吸する。

お前はここにいるべきなのだと自然が語りかけてきている気がした。

IMGP6939_R.jpg

なんと心休まる場所なのだろうか。
なんて素晴らしい場所なんだろうか。
実に素敵な場所を発見した。
このままこの場に座り込んでずっと景色を眺めていたかった。

何もない何もないと人は言う。
こんなに心休まる風景があるのに、何を見ているのだろうか?
コンクリートで作られたビルディングの方がいいというのだろうか?…わからん。
誰にも紹介されることもない野山の風景。


IMGP6944_R.jpg

こ…これが伝説の有明の松!
場所はこちら


IMGP6945_R.jpg

どんだけすごい松なのかと期待していったが、どこにでもあるような松がちょこんと生えているだけであった。


IMGP6946_R.jpg

IMGP6947_R.jpg

!!!!!
どうやら本来の有明の松はずっと昔に枯れてしまっていたのである。
二代目を植えるも、これもまた枯れたらしい。
今生えているのは三代目ということなのか…。

matsu.jpg
webより転載
在りし日の有明の松

昔はずいぶん立派な松が生えていたようだ。
しかしこうしてまた松を新しい松を植えるのが健気というか、なんだかぐっと来るものがある。

有明の松の詳しい伝説はこちらから

いやしかし、有明の松のあまりの小ささにびっくりしたが、ここらへん一体は風景がとても素晴らしいし、
独特のサワヤカなオーラが漂い、ただいるだけでも本当にくつろげる場所である。
願わくばここで野宿できたら最高だ。

IMGP6948_R.jpg

できればもっとゆっくりし、ゴザでも引いてお弁当を食べたい気分だったが、それはまたいつか。
「きのこ山」というかわいらしい名前のついた山を目指す。


ojisan_R.jpg

県道から林道に変わる。舗装された林道を走る。どんどん高度が上がっていく。
木々の間から見える風景がすごくなっていく。
きのこ山頂上付近に到着である。

アドベンチャーを停めようとしたとき、別の一本の道からオフ車が上がってきた。
ム!あれは自分も欲しいと思っているカワサキのKLX125ではないか!

そのライダーが話しかけてきた!
どうやらこの下にある別の道のダートですっころんだとのことである。
宇都宮にお住まいのTさんは目をキラキラ輝かせながら今さっき起こったことを楽しそうに話してくれた。
どうも、30年ぶりのオートバイということで本当に楽しそうであった。

これも何かの縁ということで記念に一緒に写真を撮ることにした。
連絡先を交換し、別れる。

KLX125のエンジンがかかるときの音が忘れられん。
あの単気筒の軽やかなエンジン音。
ああ…やばい…。
ホスィ…。ホスィ…!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


自分もオフロードを思いっきり駆け回ってみたいっ!!!!

いくか、オートバイ三台持ち!!

オフ車ならさらに世界が広がることは間違いないのである!!
一度しかない人生、ここはもっと世界を広げるべきであろう。
やろう!!!


IMGP6962_R.jpg

きのこ山からの風景は恐ろしいくらいに美しかった。超強力な風景である。
目の前のこの場所はどうやらパラグライダーの出発場所のようだ。

栃木を絞りつくすほど走ろうと決めてすぐ後で栃木のライダーと出会う。
神様がご縁をくれたんんだろうなあ。


続く

コメントの投稿

非公開コメント

Takesi Godaさん おはようございます

普通の、里山や田んぼ・畑の風景って良いですよね。
ものすごい絶景も良いし、そういうのも良いと思います。

セイコマ見かけると、ちょっと嬉しくなるのは、自分も同じです。

オフ車始めるようですね!
応援しますので(笑)

No title

小熊のプルーさん、ありがとうございます!
オフ車はもう気持ちが固まりましたので、今お金を確保しております。

オフ車もCB125Tもアドベンチャーの補助の位置付けで考えておりまして、
めったに乗らないはずなのでボロボロの中古を買おうと思っております。

次のツーリングは佐野市に行って佐野ラーメンを食べに行こうと思っております。
ちなみに、栃木県はこの時期は雪は積もったりしますか?
神奈川、千葉だと積もることはめったに無く、一年に一度くらいです。

栃木県の県道246号線などを走ってみようかと思っているんですが、今の時期はやはり危ないでしょうか??

県道246号

こんばんわ。
まず、栃木の積雪についてです。
那須や日光などの北西の山間部を除けば、
積雪の回数は、首都圏とほぼ変わらないです。
普通ならば、年に3回くらい積もる感じでしょうか。

積雪量は、都内よりは多くなります。
都内5cmなら、栃木の平野部で10cmとか、そんな感じです。
佐野のあたりなら、普通に天気予報を見ていれば大丈夫だと思います。

県道246号、粟野から山のほうに入って行く道ですね?
民家があるあたりまでは、上記の状況とさほど変わらないと思います。
その先は、どうでしょうねェ?
自分も、冬はその先までは行かないので、良くわからないのですよ。
晴れた日が続けば、ほとんどドライ路面かもしれませんが、
日陰は凍結があるかもしれません。
とても怖いブラックアイスな状況もあるかもしれません。

今年は、まださほど冷え込んでないので、大丈夫かもしれませんけど、
やはり、冬はオススメしにくいです。
はっきりした事が言えず、申し訳ないと思います。



No title

小熊のプルーさん、貴重な情報ありがとうございます!
千葉県や山梨県は年がら年中行っているので大体状況が予想できるのですが、
自分は本当に栃木初心者なので大変助かります。
山の中はちょっと遠慮しておいたほうがよさそうですね。CB125Tであればノロノロ行けそうですが。

雪の予報が無ければ平野部は冬でもツーリング行けそうですね。
今回の冬の栃木は平野部をたくさん走ってみます。

神奈川の方ですと、年一回雪が積もるかどうかですので、それでも栃木の3回は
すごく多く感じます。
普段から栃木の天気予報を頭に入れておいて残雪の状況を想定してツーリングしないといけませんね。

佐野ラーメンは一度も食べたこと無いので、本当に楽しみです!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。