茨城、栃木を駆け抜け喜連川温泉へ 前編

朝4時に目覚めたが、一瞬油断して3分経ったと思ったら30分経っていた。
前日の腐りはじめたの村での二時間動いた疲れが残っている。
朝5時20分、アドベンチャーで出発。


IMGP6849_R.jpg

6時すぎに首都高速からの常磐自動車道、流山にて一般道に下りる。
野田市つつみ野のスキヤにて朝食である。

IMGP6850_R.jpg

納豆定食タマゴ付きで280円。
よっしゃこれで元気に走れる。

IMGP6853_R.jpg

ちょっと進んだところで唖然となった。
予定していたルートは川を越えるのだが、通勤のクルマやトラックの列が2kmはあろうかという長さであった。

まじでこの列に並ぶの?何しに来たの?
アホらしくなったので、5kmほど離れた橋を目指す。
その途中でどんよりとした雲の切れ目が見えた。
栃木方面は晴れている。

遠くに見える山が美しい。


IMGP6860_R.jpg

渋滞に参加しなくて良かった。
橋は有料であったが、210円でそこまで高くは無い。
それに、ガラガラであった。

…この210円を回避するためにみんなあんなに並んでいるのだろうか。

よくわからないが、もう一回ルートの再構築だ。
ツーリングは渋滞に参加したら負けである。ツーリングの意味が無い。

いやしかし、自分の高速をなるべく使わないケチツーリングでは高速道路代金をケチればケチるほど
渋滞にはまる可能性があるという非常にバランスが難しい。
地図を良く見て渋滞の無いところを見分けるスキルも重要であるが、本当は高速道路代を気にせずにガンガン使いたいところである。

IMGP6861_R.jpg

最初の渋滞を回避した後は、ずーっと快走路が続く。
クッソ気持ちいい!!!
30kmは駆け抜けた先に水戸線 東結城駅に出くわす。

仕事の後輩がこのあたりに実家があるらしく、駅を見ておこうと思った。


IMGP6865_R.jpg

キタキタ、これキタよ!!
田舎らしさが漂う質素な駅である。
なんと、スイカパスモが使える。上等な駅である。

IMGP6864_R.jpg

うむ~、実にイイ。

IMGP6866_R.jpg

どうやら一時間に一本しかこないようだ。
…今人がホームにいるということは、近いうちに来るんじゃないのか???


IMGP6870_R.jpg

運がよかった。バッチリ電車が来た。
5両編成でそこそこ長い。

IMGP6871_R.jpg

水戸線かあ。鹿島臨海鉄道を巡ったときの最後の駅から来ているんだろうなあ。

IMGP6867_R.jpg

周辺は細く余裕が無いので駅の人の乗り降りがスムースにできるよう車がくるんと回れるスペースがある。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム