初 メタセコイア ツーリング 前編

朝4時50分にアドベンチャーに火を入れて出発。
早朝の空気の新鮮さがたまらん。
やはりツーリングは早朝に出発するに限る。

夜が明けるまでの時間が長くなってきた。
季節は冬であるということを実感。

IMGP6663_R.jpg

青梅街道に入ってから気温がぐっと低くなる。
アドベンチャーのウインドプロテクションが効かないところにひょっこり顔を出してみると、
顔がとてもとても痛い。
少しはみ出しただけで冬の冷たさに打ちひしがれる。
この感覚…気温は5度以下か?



奥多摩湖で一旦休憩。
7:00


IMGP6661_R.jpg

今年もついにこれを使う時がやってきたか。
長年愛用しているジッポハンディウォーマーである。

もうタバコを吸わなくなりずいぶん経つ。
自分にライターが必要なのはこんなときか、野宿でストーブに火をつけるときくらいだろうか。
以前は年中無休で活躍していたのだが。


IMGP6665_R.jpg

ほんの少しだけ霧がかかる。


IMGP6666_R.jpg

あまり走っていないが、トイレに行きたくなったため道の駅たばやまにて。

青空が見え始めた。

IMGP6667_R.jpg

先に進むとさらに気温は下がり、なんと、雪が降ったようだ。

IMGP6668_R.jpg

道路わきや屋根にも雪が少し残っている。

IMGP6670_R.jpg

雪のせいで川の水がいっそう冷たいように見えてしまう。

ついこの間まで暑くて大変だったんだがな。


道中電光掲示板に気温1℃の文字が。


IMGP6671_R.jpg

アドベンチャーに乗り始めて三万キロが過ぎたが、最近になってやっとアドベンチャーのエンジンがわかりかけてきた気がする。

以前はなるべく高いギアで走るように心がけていた。5速6速を多用する。
大体エンジン回転数2500も回せば非常に快適である。
3000回転以上にするのは高速道路くらいであった。

だが、意外なことになるべく3000回転は出したほうが逆にエンジン音も小さい上にエンジンフィーリングがとても気持ちいいことに気が付いた。
それに、4速で走れば時速40-80kmまで余裕で対応できる上に、ギアチェンジの回数をかなり減らせて楽チンだということを発見する。
ちょっと回転上げてやればよく加速するし速度もグインと上がる。


今まではVTR250のときと同じように頻繁にシフトチェンジしていたが、
このやり方だったら大型バイクの特性を生かしているのか、大型バイクらしい走りができるような気がする。

4速のエンジンフィーリングをたっぷり味わう。



9:00 河口湖に到着。

IMGP6672_R.jpg

空はほとんど雲で覆われいたので富士山は見えなかった。


続く

コメントの投稿

非公開コメント

なにそれ?

 ジッポのハンディーウォーマーって「白金懐炉」のことかな?メタセコイアツーリングってどこだろう。メタセコイアって中国で10数本しか見つからなかった幻の樹木だよね。かつて化石でしか見られなかったもので生きた化石と呼ばれてる。いまや世界中に広がったけれども。

No title

こんにちは

メタセコツーリングで奥多摩?はてどちらに行くんだろ?
と思ったら河口湖・・・ もしかしてあそこかな? 他にも有るのかな?

僕も早朝出発タイプですが今後は凍結注意ですね!

No title

ヨタ5さん、おはようございます。
ジッポハンディウォーマーはハクキンカイロのOEMでございます。
ジッポの触媒は弱いので、触媒だけはハクキンカイロのものを使っております。

メタセコイアは最近まで自分は知らなかったんですが、バイク乗ってらっしゃる方のブログでよく行かれているので
興味を持ちました。

No title

k/riderさん、おはようございます。
今回は無性に奥多摩から丹波山を走りたくなってしまいました。

そうですね、この時期の山奥は大変危険ですよね。
雨が降った後の早朝とかは本当に危ないかもしれません。
凍結防止剤がよく撒かれているので帰ったら水で流してやらなきゃなりませんね。

今回のメタセコイアの場所はリンクさせてもらっている
エフなななGSのh37さんから教えてもらいました。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム