横須賀 葉山 武山 小松ケ池 首切り場 走水 ◎後半

IMGP6561_R.jpg

小松ケ池に到着である。かなり久しぶりである。
10年以上前にジョルカブ50ccで三浦市を探検してたときに偶然発見した。

この大沼は「小松ヶ池」あるいは「お松ヶ池」といい、古くから里人の間に、この沼にまつわる物語が語り継がれています。
むかし、この池のあたりがまだ、いくつかの小さな田に分かれていた頃、お松という働き者の嫁が一人、田植えに励んでいました。
お松は、意地悪な姑に、一人ではとても無理なほどの、田植えを言いつけられたのです。
すでに太陽は西山にかくれようとしているのに、田植えが終わらず、困り果てたお松は、
天を仰いで「あと半刻あれば田植えを終わるものを」と嘆き悲しみました。
すると不思議なことに、西山に沈もうとした太陽が、にわかに数尺も高く東ヘ戻り、おかげで、お松は無事に田植えを終えることができました。
しかし、その時、あたり一面は深い沼田と変わり、お松は水に呑まれてしまいました。
それからというもの、雨の多い年が続いてやがて、この一帯はごらんのような大沼になったといわれています。

と近くの看板に記されていた。
なんの罪もないお松が田んぼに飲み込まれるというこの理不尽さ。
日本昔話にはよくある話だが、池を舐めてはいけないということなのだろう。

IMGP6567_R.jpg

ゆっくりとカモが池を動き回る。
近くには爺さまたちがフナを釣ろうとしているか、それともコイなのだろうか。
ずいぶん型の古いカブが停まっていた。爺さまの愛機だろう。

ゆっくりと池を眺めて、武山に向けて再びCB125Tのエンジンに火を入れる。

IMGP6577_R.jpg

武山近くの住宅地から武山の頂上までいけそうな道を発見し、どんどん上っていく。
途中、こんな山の中でネコが気持ちよさそうにのんびりしていた。
こちらの姿を見ても逃げない。ノラネコではなさそうな感じがする。

IMGP6575_R.jpg

木々の間にぽっかりと空間ができており、澄み切った日ならここから富士山が見えるとのこと。

IMGP6570_R.jpg

武山の頂上に来た。
20年以上横須賀に住んでいたが、ここに来るのははじめてである。

IMGP6571_R.jpg

展望台から見た風景に感動した。
北久里浜が見える。桜ヶ丘はきっとあれだ。あそこは防衛大学だ。

ビーナスラインのような美しさは無いが、自分が長年暮らしてきた街の風景を改めてこうして眺めると感慨深い。
しばらく立ち尽くし眺め続けた。

IMGP6572_R.jpg

IMGP6573_R.jpg

横須賀、三浦は山と海でできた町。
自分はやっぱり横須賀、三浦が好きだ。

IMGP6579_R.jpg

佐原の来来亭でラーメンを食べた後、燈明堂、通称、首切り場に到着する。
今現在、一般的には首切り場という呼び方はあまりされていないようだが、
自分も含めて地元の人々は首切り場という言い方を普通にする。

IMGP6580_R.jpg

対岸の千葉がきれいに見える。
家族連れがレジャーシートを引いてお弁当を食べている。
景色が本当に美しい。

IMGP6582_R.jpg

首切り場の由来は昔このあたりが罪人の処刑場であったためこういう通称ができた。
幽霊が出るなどという噂があった。
自分もとあるとき、近くのトンネルを夜中の二時くらいにジョルカブで走ったときにありえない寒気を感じたことがある。

だが、10年前くらい、ここがまだ全然整備されていなかったとき、この場所で野宿をした。
幽霊はいない。呪いも無い。
月明かりに照らされた海が本当にきれいだった。打ち寄せる波の音が実に心地よかった。

IMGP6604_R.jpg

走水にて。
小学校のときによく遊んだ公園でコーヒーを買ってきて友人と一時間ほど他愛もない会話を楽しむ。
彼に会うのも半年振りくらいだろうか。

もうすでに23年前のことだが、この公園はそんなに変化していない。

なんの変哲もない公園だが、やはりここも自分にとっては思い出の公園。
当時からの付き合いの友とここで語る幸せ。

当時はこの公園は「新公園」と呼ばれていて、仲間内ではシンコーとあだ名をつけていた。
シンコーで通じたのである。

だが、今ネットで調べてもこの公園のことは出てこない。
出てこなくて構わない。自分だけが知っていればよいのである。

終わり

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

 さすがに燈明堂では、自宅(浦賀丘)に近くて野宿さずがにしないね。奥に民家があるなあ・・なんだろ。首切り場なのはそうかもしれないね。

 大楠山に登りに行かないといけないですね。かなりダートですよ。

No title

ヨタ5さん、5年前くらいですかね。首切り場近くにおそらく別荘のような建物ができたんですよ。
そこに人が住んでいるわけではなさそうです。
地元民以外はなかなか首切り場のことを知る由もないでしょうね。

アドベンチャーが戻ってきて例の件が終わったらご一緒に大楠山アタックいかがでしょうか!

了解しました

 そうですね、アドベンチャー早く戻ると良いですね。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム