蔵王から新潟にて野宿し、奥只見湖を目指す。その3

IMGP6379_R.jpg



IMGP6378_R.jpg

夜が明けた。
時刻は5時42分。
久しぶりの野宿は物音が気になってぐっすり眠れなかった。
ただ、目をつむってじっとしているだけでも体力は回復する。
今日一日走り回るには十分。
さあ、出発の準備だ。



IMGP6380_R.jpg

国道290を走る。
なんという快走路なのか。

新潟県魚沼市長鳥乙14−1にてコーヒー休憩である。
魚沼産コシヒカリで有名な魚沼市か。
霧で覆われている。


IMGP6382_R.jpg

美しく紅葉の山が現れる。

IMGP6381_R.jpg

山が本当に美しいし、道も走りやすい。
なんという素晴らしいところなんだろうか。

IMGP6384_R.jpg


IMGP6386_R.jpg

あまりにキレイなものだから、すぐ走っては停まりの繰り返し。

IMGP6387_R.jpg

国道289になり、ものすごい快走路が続く。
前から来るライダーのテンションがすごい。
みんなめちゃくちゃ手を振ってくる。

わかる、この道は本当に気持ちよく、景色もきれいなのでみんな気持ちが高ぶっているのだろう。

IMGP6391_R.jpg

IMGP6390_R.jpg

福島県南会津郡檜枝岐村下ノ原981にてコーヒー休憩である。

快走路もここで一旦終わり、長い長い峠道がはじまった。

IMGP6394_R.jpg

こんなに紅葉に囲まれて走るのは初めてだ。
黄色や赤の葉っぱが桜の花びらのように舞い散る。
本当に美しい。

IMGP6395_R.jpg

峠は細く、ガードレールもない。
携帯電話も通じない。

道中、プリウスが路肩にタイヤを脱輪させてしまっていた。
JAFを呼ぶしかない。
ずいぶん後から気がついたのだが、そういえば携帯電話が通じなかったのである。

自分が携帯電話が通じるところまでいったらジャフを呼ぶようにすればよかったなあ。

奥只見湖の樹海ラインが道が細く、本当にきつかった。
後で調べてみたら、この道路は酷道と呼ばれる道であった。
次回はアドベンチャーではご遠慮させていただきたい。
ただ、CB125Tなら気楽に走れたであろう。

来年にはCB125Tでここに来てみたい。



IMGP6406_R.jpg

かなり大変だった峠道を走り終えて、朝から何も食べていなかったので、食事をすることにした。
新潟県魚沼市大湯温泉421にある、「お食事とつりぼり大和屋」というちょっと変わったお店で食べることにした。
ご夫婦で切り盛りしてらっしゃる、温かみのあるお店である。

昨日のアドベンチャーの引き起こしの疲れがあるので、肉をガッツリ食べたいと思っていたが、
このお店のメニューはラーメン、ソバ、山菜定食、焼き魚定食の四種類しかなく、
今自分が一番食べたいと思う品がなかった。

どうせだったら、せっかくだし、一番高いやつを頼んでやろうと思い、
山魚定食1650円を注文してみた。


IMGP6403_R.jpg

すっぱいものは食べられるか?と聞かれて、大丈夫ですと応えると、漬物をサービスしてくれた。

いやしかし、この漬物の一つ一つが恐ろしいくらいにうまいのである。
そう、びっくりするくらいにうまい。
市販品ではない。手作りでしかも素晴らしいくらいにうまいのである。

こんなにうまい漬物ははじめてである。

IMGP6405_R.jpg


IMGP6404_R.jpg


結構時間がかかった。30分はまっただろうか。

あれ?これはなんとなく、山菜がメインのようだが。

食べてみた。
ウメーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!

本当か!?これが本当に山菜なのか????????
信じられない…。

今までの山菜は一体なんだったんだ。

今日のこの山菜は、一つ一つが生き生きしていて、香りも歯ごたえも味も本当に美味しいのである。

山菜って、本当はこんなにうまかったんだ…。

米は魚沼産コシヒカリ。ふっくらと炊けていて実にうまい。

そしてメインのヤマメがこれまた塩味がきいており、ふっくらとした白身がこれまたご飯をがっつかせますなあ。

もう、夢中になって食べていた。
この店はすごい、本当にすごい。


最後、支払いのときに、魚も美味しかったんですが、山菜がこんなに美味しいなんて知らなかったですと
おばちゃんに伝えると、
山から採ってきてすぐに漬けたり特別な工夫をしているのよと教えてくれた。

本当に美味しかったとお礼を言うとまたアドベンチャーに火を入れた。


IMGP6407_R.jpg

本当は二泊三日の野宿ツーリングの予定だったが、昨日のアドベンチャーの一件もあり、もう一日は家でゆっくり休もうかと思った。

いやしかし、一泊二日だけど、やっぱり嫁さんがソバにいないのは寂しいのう。
嫁さんに早く会いたいというのも正直あった。

帰り道も日曜日なのにこれまた快走路が続き、実に気持ちが良い。
国道17号をひた走る。

ずいぶん長くお風呂に入っていなかったのもあり、16時35分、
地蔵温泉・地蔵の湯 スパリゾート ゆにーいく に到着した。

KIMG0552_R.jpg

IMG_0020_R.jpg

サウナが併設されていたので、サウナでじっくり汗を流す。
汗にまみれていたし、久しぶりのお風呂、実に気持ちがいい。

お風呂で汗を流した後は、ガッツリ食事である。

いやしかし、ここの日帰り温泉、食事がめちゃくちゃうまいのである。
料金もリーズナブル。
うむむむ、気に入った。


18時43分、出る。

後は下道で 埼玉の与野という首都高速の入り口まで。
ここからだったら横浜まで高速道路代金が900円しかかからないから。

23時前、自宅に到着する。
嫁さんがデザート買って来いというので喜んで買ってきますよ。




山形、福島、新潟、群馬と走ったが、どの県も巣晴らしい景色と快走路にあふれた道があった。

また計画をたてて走りに行こうと思う。

終わり

コメントの投稿

非公開コメント

うわああ

 景色はすごく良いですね。こんなキレイな紅葉はそうそう見たこと無いですね。良かったですね。

 自分も野宿したことありますが、1人だと結構不安で、まわりが気になり寝付けませんでした。その時の自分は鹿児島の桜島の裾野(すその)でしたが。やっぱり何人かで居たほうが気分が全然楽ですよね~今度付き合いますよ。暴漢に襲われても私が制圧しますし(もしかしてあれ?)。しかしバイクでかいなあ・・。

 食べ物も満喫できて楽しい旅行でしたね!

No title

ヨタ5さん、GN125HとCB125Tで林道ツーリングなんていうのも面白いかもしれませんね。

浦賀の首切り場で野宿したこともありましたよ。
逆に野宿を目撃した人の方が怖いかもしれません。

今回はできませんでしたが、ヨタ5さんとご一緒のさいは是非焚き火をやりたいです。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム