スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蔵王から新潟にて野宿し、奥只見湖を目指す。その2

KIMG0547_R.jpg

国道113号線をひたすら走る。
ここらへんの道路はずーっと快走路で気持ちが良い。
線路と併走する、山の中の線路が時々ちらちら見えたが、その風景の美しいこと!!

しかし、走っていてあまりに気持ちが良かったので立ち止まらずに駆け抜けてしまった。
ここらへんはCB125Tでもぜひ訪れたい。

新潟県岩船郡関川村土沢にて踏切が閉じようとしていた。

急いでアドベンチャーから降りる。
遠くに写る米坂線。完全にシャッターチャンスを逃した。
自分はこれから先、あの電車に乗ることはあるか。
走っていく米坂線。
もしかしたら米坂線とも一期一会なのかもしれない。

いや、そんなこと言わずにまた来ようよ。


IMGP6349_R.jpg

新潟県新発田市下中江280にて。
用水路の風情を感じ、思わず立ち止まる。

IMGP6344_R.jpg

IMGP6345_R.jpg

IMGP6357_R.jpg


IMGP6343_R.jpg

スーパーカブに乗ったおばあちゃんが通り過ぎていった。
やっぱりカブはこういった風景がよく似合う。


IMGP6362_R.jpg

IMGP6354_R.jpg

IMGP6363_R.jpg

時刻は15時20分。
16時になったら真剣に野宿場所を探さないといけない。
日が暮れてからでは野宿場所発見が難しくなるからだ。

このあと30分後に新潟県阿賀野市畑江210−2のセーブオンで幕の内弁当と、カップラーメン、ポテトチップ一袋、ブラックのコーヒー1リットルを購入する。

本来は味噌汁を作ってその中に野菜とうどんをぶち込み、ほうとうを作り、肉を買って焼肉をしようと考えていたのだが、
田舎なのでスーパーマーケットが大分遠くにあったため、あきらめてコンビニ食。
しかし、ここのコンビニが品揃えがあまりよくなかった。
田舎なので品数を少なくして勝負しているのだろう。

コンビニの店員のおばちゃんが、旅人センサーが働いたのだろう、話しかけてきた。
横浜から来たというと、びっくりしていた。
今日はこれから野宿するつもりなので食料を買いに来ました、この付近にキャンプ場はあるんですか?とたずねると、近くにキャンプ場があるけど、この季節はやっていないかもしれないと情報を頂く。


201510171828160db.jpg

16時22分
新潟県阿賀野市上小中山75にて。

野宿場所を探し回っている最中、田んぼのあぜ道を走っていると、地面に通常よりかなり多めに砂利があるのを感じた瞬間に
アドベンチャーはバランスを失い、転倒となった。
魔法がかかったかのようにあまりにあっさりと転倒した。

トップケースと右側のパニアを外して引き起こそうとするも、足場が砂利なので力が入りにくい。
半分くらいまでは起こせるが、そこから一瞬手を持ち替えて体を入れたいが叶わない。
たのむから起き上がってくれよとアドベンチャーに語りかけるも、アドベンチャーは黙ったままだ。

ああ、これはだめだなあ。
もう体力を使い切り、手足が震えている。これはしばらく休んでもう一回挑戦してみよう。
今がんばっても結局起こすことはできない。
その場に座り込み、アドベンチャーによっかかり、パニアに忍ばせていた午後の紅茶を飲む。

なんと静かなところなのだろうか…。虫の声が聞こえる。
空を見ると太陽が沈みかけている。美しい夕焼けが見える。
なんとキレイな風景なのだろうか。
今日はこのままここにテントを張って野宿してしまおうか。

思えば遠くへ来たもんだ。こんなところで行動不能に陥るなんて、考えてもいなかった。
アドベンチャーに乗っているんだから、こういうことももちろんありうる。
逆にピンチを楽しむ自分がいる。

絶対大丈夫、この事態は乗り越えられる。
倒したときから根拠のない自信があった。
自分ならやれる。必ず解決できる。他に方法はいくらでもある。

10分くらいのんびり寝転んでいただろうか。
遠くからそれはそれは大きな農耕機がこちらに向かってやってくるのが見えた。


「おーい!大丈夫ですかあ~!!!」
農耕機から26歳くらいの若者が駆け寄ってくれる。
すみませーん、倒してしまって動けません、申し訳ないんですが、手伝ってもらえますか、すみません!!

スーパーヒーローは本当にいた!!!
本当にこのお方は自分にとってヒーローであった。
このお方のおかげでまた走ることができる。

住所を教えてもらって、あとでお礼の品でも送りたかったのだが、一刻も早くアドベンチャーにパニアをつけてその場を離れなければ
邪魔であったので聞く心の余裕が無かった。

今度から手伝ってくれた人のお名前と住所をちゃんと聞くことにしよう。ちゃんとお礼をしよう。
本当に助かったと伝えたい。
そして、普段からちゃんと筋力トレーニングをしようと心に決めたのであった。


IMGP6365_R.jpg

大きな川が見えた。野宿できそうな匂いがプンプンした。
少し進んでみると、国道沿いにあたりから隠れられるようなところを見つけた。
そこからもうちょっといい場所はないかと少し探した。

17時29分
よい野宿場所を見つけた。
国道から100メートルくらいは離れており、橋の下なので完全に見つからない。

新潟県阿賀野市小松
の橋の下

IMGP6369_R.jpg

IMGP6370_R.jpg

アドベンチャーを起こすことで体力のほとんどを使い果たした。
もうヘロヘロである。
汗もびっしょりだが、銭湯や温泉を探す気力もない。

疲れ果てて食欲もわかないが、とりあえずコーヒーを温めて飲むことにした。
コンビニにインスタントコーヒーの類が一切なかったので、一リットルボトルに入ったブラックコーヒーをクッカーに入れて温める。

ブルーシートの上でねっころがる。虫の声が心地よい。
対岸には線路が走っている。ガタンゴトンとかすかな音が聞こえる。

IMGP6373_R.jpg

あたりは完全に闇に包まれた。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。