熊野神社ラリー3回目 その3

IMGP6301_R.jpg

千葉県旭市八木2466にあるであろう熊野神社の捜索開始である。
この場所は関東で一番早く初日の出が見られる犬吠崎の近くにある。

この狭い路地、アドベンチャーで突っ込んだら詰む…確実に!

IMGP6298_R.jpg

あれ?と思ったが、脇に細い道があり、どうやらここを進めば熊野神社があるはず。

IMGP6285_R.jpg

IMGP6286_R.jpg

本当にあるのか自信を失わせるかのような道の細さ。

IMGP6287_R.jpg

やっと鳥居が見えてきたが、人の家の畑に入っているんじゃないかと大変恐縮させられる。


IMGP6289_R.jpg

IMGP6291_R.jpg

これは珍しく、竹の枝が縄でくくりつけられている。

IMGP6290_R.jpg

IMGP6292_R.jpg

ピントがずれてしまっているが、今まさにクモが仕留めた獲物を食べようとする瞬間である。
よーく見ると、そばに子供のクモがいる。母さんクモなのだろう。

よく考えると、ここにくるまでにクモの巣を一つ壊してしまった。
クモの生きたいという気持ちと、自分の生きたいという気持ち、まったく同じ。

生命という点で考えると自分の命とクモの命、同じ変わらない大切な命である。

一生懸命作った巣であっただろう。
そう考えるとクモの巣を壊してしまったのは申し訳ないことをしたなと思った。
今度から気をつけよう。


IMGP6294_R.jpg

IMGP6295_R.jpg

階段を上りきると、とても質素な本殿のお姿がそこにあった。

まるで今日朝、袖ヶ浦で見かけた小さな神社のようだ。

今までの熊野神社の中で一番小さい神社である。

正直、みすぼらしいお姿であるが、胸の奥で畏敬の念を抱いてしまう。
これもまた熊野神社のお姿。
型にはまらない、自由なお姿。

形や大きさにとらわれてはいけないということなのかもしれない。

IMGP6296_R.jpg

IMGP6299_R.jpg

ここで本日のツーリングは折り返すことになる。
あとは九十九里浜の田んぼの中の二つの熊野神社を巡る。

続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム