スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野神社ラリー 二回目 その3

IMGP6188_R.jpg

道中、印旛沼を一周することにしていた。
走りやすいフラットダートが現れた。実に走りやすい道だ。

2001年に原付で印旛沼に来ているのだが、当時来た場所がどこだったかもうすでにわからなくなっていた。
14年前の自分はこんな大きなバイクで再び印旛沼に訪れるとは思ってもいなかっただろう。

IMGP6189_R.jpg

時刻は11時10分。

千葉県香取市鴇崎888にある鴇崎農村協同館の近くにてコーヒー休憩をする。

IMGP6191_R.jpg

公民館的な建物なのだろうか。

IMGP6193_R.jpg

長閑な農村である。
県道ではない、市道とでも言うのだろうか。

こういった道をゆったりと速度を落として走るのが実に楽しいのである。

地図の情報によれば、田んぼを挟んだ反対側に、目的の本日三つめの熊野神社が存在しているという。


IMGP6202_R.jpg


千葉県香取市関548にあるであろう熊野神社を捜索に来た。
どうやら目的の熊野神社は集落の住宅の奥の細道を上っていった裏山にありそうなので、
アドベンチャーでこれ以上進むのは危険と判断。

徒歩にて近づくことと相成った。

しかし、この道も実は民家への道かもしれない。まだ油断はできない。

IMGP6201_R.jpg

ふう~、一発目の熊野神社の経験がここで生かされた。
これはアドベンチャーでは転回できないパターンだわ。
おそらくこの先に熊野神社があるはずだ。

民家がなくなって少し経つので、この道は熊野神社へ行くために作られたはず。


IMGP6194_R.jpg

ここから階段か…。
どんどん雰囲気があやしくなっていく。
間違いない。もう少しのはずだ。

いや実に楽しい。
未知の領域に踏み込む楽しさ。
今回の熊野神社はどういうお姿を見せてくれるのか。

今はもう知っている人は少ないかもしれないが、インディジョーンズを見ている気分だ。

IMGP6195_R.jpg

鳥居発見!!
近い!!!

IMGP6197_R.jpg

失礼いたします、入らせていただきます。

…この森すべてが神社かと思わせるような神々しい神社である。

集落を見下ろすかのような位置に存在するこの神社。
完全に山の中である。
外から見たら、ただの山の中にこのような神社があろうとは、誰が想像したか。


IMGP6200_R.jpg

しめなわが独特の形をしている。
美しいと思う。


IMGP6199_R.jpg

きれいにコケが生えている。



IMGP6203_R.jpg

アドベンチャーのところに戻ってきたら、近くで世間話をしていたおばあちゃん二人から「あっ、もどってきた」という
声が聞こえた。



まさかわざわざ誰も来ないような神社を見に来ているとは思わないだろう。

この太子堂という建物、なんに使われるのであろう謎である。


続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。