スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊野神社ラリー 古墳を探しにアドベンチャーにて その3

IMGP6143_R.jpg

千葉県長生郡長南町佐坪にある、熊野の清水に到着である。
実際現場で始めてわかったが、熊野神社も併設されていた。

名水百選のひとつに選定されており、水質検査も行っているようだが、
自分としては近くにゴルフ場があるので飲まずに手を清めるのみにとどめておいた。

IMGP6146_R.jpg

コイが隠れており、なかなか出てこなかった。
おそらく、ネコやら鳥やらにイタズラされて怖くて人影があるとなかなか出てこないのである。
見かねた近くの売店のおじさんがエサを投げ込んでくれてようやくコイが姿を現す。

おじさんと少し話したが、おじさんが自分でウグイを取ってきて、この中に入れたのだが、やはりネコなどにやられてしまうと
少し寂しそうだった。

IMGP6147_R.jpg

その昔、この近辺で水不足で困っている土地の人を見かねて、弘法大師が法力を使って水を沸かせたのがこの
熊野の清水の由来だという。

法力を使って…。
今では考えられないけど、今の今まで伝わっているということは本当に法力を使って湧き水を起こしたのかもしれない。
今は衰退したけど、昔の人には法力のような特殊能力が備わっていたのかもしれない。

もしそうじゃなかったら、本当にウソかもしれないことをここまでがんばって伝えるだろうか?

もしかしたら…もしかしたら…。
そう考えるだけどもワクワクしてくる。ニュータイプがいたのかもしれない。


IMGP6148_R.jpg

早速熊野神社を拝ませていただく。

IMGP6149_R.jpg


IMGP6151_R.jpg

ここの熊野神社もものすごく立派な雰囲気である。
凛としており、なおかつ神々しさを放っている。

思わず祈りたくなる気持ちになってしまう。

いや、実に美しい。


IMGP6152_R.jpg

今回のツーリング最後の熊野神社に向かう。

熊野の清水からバイクで五分程度の距離にある。


IMGP6154_R.jpg

このしめ縄がなんとも言えず、旨に清々しいものを与えてくれる気がする。


IMGP6155_R.jpg

いや~、正直言うと階段キツイっす。
神社は基本高いところにあるからいい運動になる。


IMGP6156_R.jpg

凛とした空気。
なんだか神社にいると元気が出てくる気がする。

IMGP6158_R.jpg

下り。結構のぼってきた。

IMGP6159_R.jpg

日本の原風景ではないか。
田んぼと鳥居が似合いすぎている。


IMGP6153_R.jpg

空の雲の色が濃くなってきた。
さあ、帰ろうか。

今日は三つの神社を回ってみたが、三つともその場所にいて脳みそが安らぐ気がした。
目には見えないが、神社には何かがあるのかもしれない。

そういえば横須賀市の走水に住んでいたころ、走水神社でよく遊んでいた。

木更津に向かっている途中、今まで気がつかなかったが、実は神社はそこらじゅうにあるのである。

日本は神社国家と言っていいほどたくさんある。
ちょっと調べたら、全国で10万以上はあるらしい。
コンビニの数よりも多いのだ。

神社は誰が作ったのかもわからない。
神社は人々の生活の中にすでに溶け込んでいるがゆえに気がつきにくいが数は相当ある。
神社だらけなのだ。

でも神社は積極的な活動を一切しないので、人々の中で存在はぼんやりしている。
自分たち日本人はすごいところに住んでいるのかもしれない。

今後も千葉県の熊野神社を少しずつ巡っていきたいと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。