スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB125TにてGN125Hと共に、秋風の中の鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 その3

IMGP5939_R.jpg

二駅の哀愁を胸に次の駅に到着した。
距離にしてたった1.7km。

長者ヶ浜潮騒はまなす公園前駅である。

なんとなくパターンが読めてきた。駅の配置、構造。
ここの駅も踏み切りはない。
踏み切りの代わりに陸橋があり、陸橋を降りたらすぐに駅になる。

そして駅は駐車スペースが大きく取られている。
田舎特有の土地の余裕があるからこそである。


IMGP5942_R.jpg

ヨタ5さんとも話し合ったのだが、駅名がすごく長い。
もっと短くはできなかったのだろうか?

ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ…22文字である。
一体どういう風にこの名前が決まったのか。何か思いいれでもあったのだろうか。

おそらく地元では長者ヶ浜駅とか略されているだろう。


こちらかつしかくかめありこうえんまえはしゅつじょ

こちかめ

ちょうじゃがはましおさいはまなすこうえんまえ

ちょうしお

まさか!


IMGP5941_R.jpg

ホームに謎のわんちゃん。
飼い主さんが自動販売機で飲み物買うのでホームで待っていたようだ。
このわんちゃんも人懐っこく、かわいかった。
ネコ、イヌと続き、これもご縁。

人じゃなくて犬がいるというのが、やはりここも哀愁を漂わせる駅である。
神奈川だったらなかなかこうして駅のホームに犬がいることはないだろう。
この自由さがやはりローカル鉄道の駅である。

気持ちのいいくらいまっすぐ伸びる線路。

何もない…とても静か。



IMGP5943_R.jpg

ヨタ5さんが気がつかれたのだが、本来はこのサビきった鉄の枠に広告が載るのであろう。

しかし、誰も広告を載せようとはしない。
それもそのはずである。
朽ち果てるまでここで放置されるのだろう。


さあ、次の駅へ。


IMGP5944_R.jpg

2.3km走る。
鹿島大野駅に到着である。


大きな広い駐車スペースはもう見慣れてきた。慣れるものである。


IMGP5945_R.jpg

この駅は上り、下りの列車がすれ違い可能な駅になっていた。

IMGP5946_R.jpg

反対側の入り口では大きな木がドンと生えている。

IMGP5947_R.jpg

あまり細かいところまでは読んでいないが、昔は相当苦労したようで、ご先祖様に感謝しましょうということが
書いてあるのだろう。
後日、この地域の歴史を調べてみよう。

IMGP5948_R.jpg

これはこれは。
今までで一番立派な建物である。

もしかしたら、電車の運転手さんが眠れるような施設になっているのでは?
と思ったが、全然そうではなかった。

IMGP5949_R.jpg

何だこれは????
ポストの中を見てみると、DVDが何枚か入っている。

下の取り出し口にはカギがかかっていて、ある程度溜まったら18禁のブツを
回収するのだろう。

しかし、これを作った人は純粋な人なんだろう。
これで子供がエロ本とかは手に入れるのを防げると考えるとは…。

自分は小学生のころ、こういう箱からガムテープを使って引っ張り出すのが得意な少年であったのだ。
こんなのガムテープさえあればカンタンに回収できてしまう。

もっとも、自分の場合は裏山にエロ本がいっぱい転がっていたので不自由はしなかったが。
拾ってきたエロ本にはムカデが入っていたりとびっくりしたことはあったが。
懐かしい思い出である。

エロ本は野ざらしで濡れているのでそのままでは読めない。
自宅の新聞紙にはさんでおき、一週間ほどすると水分が抜けて読めるようになる。
今思えばなかなか小細工を使って工夫していたな。


この白ボックスの上のサッカーボールのサビがなんとも言えない空気をかもし出している。
やはり、これもまた2002年ごろ作られたのだろうか?
わかった、わかった、サッカーを愛しているのは十分よくわかった!!
今、楽にしてやる~!!!!!!
と言いたい気分になってしまった。

IMGP5953_R.jpg



IMGP5950_R.jpg

駅の駐車場では若い兄ちゃんたちが4輪のオイル交換をしているようだった。
ここら辺の地域だったら駐車場を借りなくても駅に置いていてもいいのかもしれない。
ここらへんだと駐車禁止も取られそうにない。
そういった意味で住みやすそうである。


IMGP5951_R.jpg


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず。ただ春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。

静かな駅にただただ、秋の風が吹き続けている。


続く。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。