絶景ビーナスライン、闇を恐れる心 その2

IMGP5847_R.jpg

出発から6時間後、午前1130、これからビーナスラインに入るところである。
遠くに見えるお山がそうなのだろうか。

甲府市に入り、県道12号線が無料の自動車専用道路であり、そのあとも交通量の少なく走りやすい道で、一般道でいく場合は
この道を活用するといいなと分かった。

IMGP5851_R.jpg

青空がとても気持ちがいい。
この雲がまたいい味を出している。

IMGP5853_R.jpg

走ってきた後ろを振り返る。
どこを見ても美しい。まだビーナスラインではないのだ。

行ったことのないところに行くと、見たことのない風景と出会うことができる。
そしてオートバイならその土地の空気や匂いを直に感じ取ることができる。
最高の乗り物じゃないだろうか?

寒くてガタガタ震えたり、雨が降れば濡れてしまい寂しくなり、太陽が照り付ければ暑くて参ってしまう。
ただ、こういう場所に来たときの喜びは大きい。
だからオートバイは楽しいんだと思う。


IMGP5855_R.jpg

白樺湖に到着である。
河口湖の神々しい美しさとは違い、なんとなピンと来ないなと思っていたら、
どうもここは人口の農業用のため池らしい。
自然が作ったものではないのでやはりオーラが違うのだろう。


IMGP5856_R.jpg

ビーナスラインに突入した。


続く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム