CB125Tにて小湊鉄道、いすみ鉄道の駅をめぐるツーリング その2

KIMG0370_R.jpg
KIMG0369_R.jpg

上総牛久に到着である。
駅の傍にあるタクシーの営業所があり、中をのぞいてみたらそれらしい雰囲気であった。
電車で来てこの駅で降りたら旅の風情にぐっと来るであろう。
男はつらいよの舞台になってもおかしくないくらいである。


KIMG0373_R.jpg

田んぼの真ん中で電車が停まったので、大急ぎで近づいてみた。

KIMG0374_R.jpg

なんと、田んぼの真ん中に駅があったのである。
上総川間という駅である。

KIMG0375_R.jpg

なんという素晴らしい駅であろうか…。田んぼの真ん中にあり、まるで神殿のようである。


KIMG0376_R.jpg

こうしてみると、完全に木で隠れてしまうのである。
全国に果たしてこのような駅があるであろうか?
実に美しい駅である。

いやはや、千葉には何度も来た事があったが、自分はまだまだ手ぬるかった。
この上総川間駅はツーリングで訪れるべき場所ではないだろうか。素敵過ぎる。


KIMG0378_R.jpg


KIMG0381_R.jpg

反対側から見てみた。

いやはやなんとも。
こんな田んぼの真ん中にそれはたいそう立派な建物が建っていたとしたら実に不自然。

この上総川間駅の駅舎はみすぼらしさがいい味を出して風景に溶け込んでいるとか言いようがない。
実に美しい。


KIMG0382_R.jpg

お次は上総鶴舞に到着である。
夏休みで田舎に来ているのか、中学生か高校生くらいの女の子二人が電車を待っていた。
このあたりの風景が青春の思い出として彼女たちの心に刻まれるのであろうか。


KIMG0385_R.jpg

上総鶴舞駅近くの田んぼがあまりに見事だったので入り込んでみた。


KIMG0386_R.jpg

田んぼが美しい自然なカーブを描いている。

KIMG0388_R.jpg

上総鶴舞駅が小さく見える。


KIMG0389_R.jpg

次の駅へと向かい、どこかで見たことあるような景色に遭遇する。
これはよく写真の雑誌などで目にする木である。


KIMG0391_R.jpg

あの写真はここの駅だったのか…。やっとめぐり合えた。
ワクワク、心躍る。

KIMG0393_R.jpg

上総久保駅に到着である。


KIMG0394_R.jpg

なんだかこの駅もオーラが違うのである。
美しいのである。
なんなんだろうね、この懐かしさは。このあたたかみは。
心がこもっているのではないのかと錯覚するほどである。


KIMG0396_R.jpg

大きな大きなイチョウの木である。

KIMG0395_R.jpg

夏でも美しいが、秋に来たら本当にとんでもないくらい美しいであろう。


KIMG0398_R.jpg

小さく写るCB125T。
CB125Tのおかげで、美しい千葉をまた一つ見つけることができた。
ありがとう。

続く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム