スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10日ぶりのアドベンチャー

前回の長距離ツーリングから休みの日が雨が続き、バイクに乗れない日が続く。
7月25日は嫁さんと朝から横浜市鶴見区にあるRAKU SPA (らくスパ)とう大きなお風呂屋さん、風呂あり、サウナあり、岩盤浴あり、休憩所ありと非常にゆっくりできる施設に行くことになっていた。

せっかくの晴れの日の予報だったが、久しぶりの嫁さんと休日がかぶる日だったので致し方ない。
それはそれで楽しんだ。

だけど、こうバイクに乗れないとウズウズしてくるのである。
次の日バイクに乗れないと分かっていたので24日に仕事が終わったらアドベンチャーに火を入れる。

夕方のムアっとした湿度の中、アドベンチャーのタイヤに空気を入れるだけで汗だくになった。
横浜新道までの一般道を走っているとき、全身でオートバイの風を受ける。
その気持ちよさたるや、実に爽快であった。


横浜新道を時速80-100で駆け抜けるとき、空の広さを思い出した。
頭上に広がる空間を感じながらアドベンチャーで走っていく。

今まで何度と無く経験したというのに、あまりの気持ちよさにうっとりとなった。
なぜこんなにリラックスできるのか?なぜこんなに心地いいのか?
オートバイというのは本当に素晴らしい。

世の中の多くの人たちがオートバイの素晴らしさを知らないまま生きていらっしゃる。
なんてもったいないんだろう!!!!


IMG_0012_R.jpg

戸塚の来来亭に到着し、夕ご飯をいただく。
うむー、美味しいが、味を濃い目にしてもやはり横須賀の来来亭の味は再現できない。

自分の中で、横須賀以外の来来亭のラーメンを食べる意味はないなと思った。
自分が求めているのは横須賀の来来亭の味であるので、今度からもう横須賀以外は行くのを辞めようと思った。
いくら他の店で食べてもあの味が出せないのならば、食べる意味が無い。

ラーメンを食べてまた横浜新道で戻っていくが、あまりの気持ちよさに、これは嫁さんが仕事が終わったら
バイクで迎えに行ってあげたら嫁さんもこの風を気持ちいいと思ってくれるのではないか?

そう考えて、嫁さんにLINEにて久しぶりにバイクで迎えに行ってあげると伝える。
今度はCB125Tにて迎えに行く。

CB125Tの元気のいいエンジン音は楽しいし、アドベンチャーと違い身にあたる強烈な風がまた気持ちがいい。

嫁さんの職場に到着して自宅に向かう。
嫁さんも結構オートバイの風が好きなので、喜んでいた。


KIMG0115_R_201507262125523ca.jpg
KIMG0114_R_20150726212555dc5.jpg


次の日、夕方嫁さんとCB125Tで回転寿司スシローに行く。
スシローを食べ終わると、いつも嫁さんはバイクでみなとみらいを走ってくれとねだる。

今日は前から嫁さんを連れて行きたいと思っていた港の見える丘公園に連れて行った。

ここは夜九時を過ぎても観光の人で公園がにぎわっている有名スポットらしい。

確かに夜景がきれいである。

嫁さんも喜んでおった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。