スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CB125Tにてヨコスカへ散髪に

20150626

前日の一日走り回ったツーリングの疲れも一晩寝てしまえばすっかり回復してしまう。
アドベンチャーの走りの疲労度の低さには毎回驚かされる。

前日、道志の湯を出る前に電話でいつもの横須賀の床屋に電話して1230に予約をした。

それと別件で横須賀の実家の妹のパソコンが今度は無線LANがつながらなくなったらしい。
今度は有線でつなげてやることにしたので、散髪前に行くために、朝九時半に横浜をCB125Tにて出発する。


KIMG0029_R_20150628011759b9b.jpg

横須賀にたどり着く前に、横浜市磯子区の家系ラーメンの杉田家で朝ラーメンである。



KIMG0028_R_2015062801180126e.jpg

やっぱうめーな!!

このラーメンは自分にとっては思い出深いラーメンであって、
20歳のときに初めてできた彼女と食べに来た思い出のラーメンである。

それから、このラーメン屋の近くにクロネコヤマトの大きな基地があって、
そこで深夜の宅急便の荷物の仕分けのアルバイトを半年ほどやったことがあった。

そのとき朝の六時に仕事が終わるのでお腹が空いている。
ラーメン屋にしてはびっくりするくらいの早朝から営業しているので、
早朝からうまいラーメンにありつけたのである。



腹も一杯になって横須賀へと向かう。
CB125Tのエンジンから湧き出るエンジンの振動とタイヤに伝わるトルクの感覚がたまらない。

アドベンチャーと違い、ウィンドプロテクション無しのCB125Tの受ける強い風がまた新鮮に感じる.
250ccほどのパワーはないが、50ccほど貧弱ではないこの扱いきれるパワーが走っていてウキウキする。
時々イタズラ心がわいてきて、レッドゾーン近くまでぶん回してやろうという気にもなる。
全力出しているんだぞという気持ちよさというか…。

125ccにしか存在しないこの感覚…排気量ごとに存在する魅力とでも言えばいいのだろうか。
排気量で楽しさは決まらない、オートバイというのはつくづく不思議な存在である。



野島公園、追浜、田浦と走る。
なるべく遠回りでいいから、海の香りをかぎながら横須賀に向かうのである。

時間がかかってもいい。
まだまだ時間はある。


PCの修理、散髪が終わって横浜に戻る途中、金沢区にあるコストコでピザ食べて帰ることにした。

コーラ付きででっかいピザ一切れが360円。
味もそこそこおいしい。
しかし、フードコートがゲキ混みで他人と他人の間に申し訳なく座ってさっさと食べて終了である。
せっかくの美味しいピザの味もよくわからなかった。

おばちゃんたちが世間話で盛り上がっているので回転が悪く、なかなか快適に食べることはできないのである。
おばちゃんたちだってくつろぎたいから文句は言えないのである。

どうせだったらテイクアウトにして海の見えるところで食べたらよかったのである。
失敗失敗。
今度コストコでピザ食べることにしたらテイクアウトで決まりだな!


横浜スタジアム近辺で、アイドリングが急に落ちてきた。
あれあれと思ったら、プスンとエンジンが停止した。

またしてもガス欠である。
トリップメーターはエンジンオイル交換の目安として使っていているので、ガソリン入れてどれだけ走ったかまったくわからないのである。
それに、あまり頻繁に長い距離は走らないので、またしてもガス欠をやらかしてしまった。

ipadで付近のガソリンスタンドを探したら200メートルほどのところにあったので、
押していく。

CB125T、すまん。
やっぱり、CB125Tももっと頻繁に乗ってあげないとだめだな。
シート下にガソリンを補給した走行距離を記録するノートでも入れておくか。

本日の走行距離89km
次のオイル交換まであと97km

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。