スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山!山!山づくしを駆け抜けるツーリング 前編

朝4時半に起きて5時にアドベンチャーにて出発した。
梅雨の最中ではあるが、運よく晴れである。

普通のオートバイと比べ、元々BMWのRシリーズはオイル消費が大きい。
出発する前にエンジンオイルレベルゲージをチェック。ゲージの窓のちょうど半分くらいだが、
本日の走行で少し減るだろうから、POLO Lubricantsエンジンオイル15w-50 SLを100ccほど補充する。


以前使っていたカストロールRSエッジ10w-50 SMと比べ、ややエンジンオイル消費が多い気がする。
自分のアドベンチャーの場合、400キロ走行で100ccほど減るようだ。

カストロールRSエッジ10w-50は化学合成油で、POLO Lubricantsエンジンオイル15w-50は鉱物油である。
これが一般的に化学合成油の方がオイル消費は少ないといわれるがやはりここでそれが現れたようだ。


ただこのポロのオイルのフィーリングは非常に素晴らしく、エンジンが滑らかに力強く回るし、とても気持ちがよいので
気に入っている。
エンジン音も今までより小さくなったので、快適さもアップである。




有料道路は帰投の際に厚木から横浜町田の東名高速のみ使用。


KIMG0001_R.jpg

さすがに横浜を5時に出発すれば悪名高い相模原周辺の国道16号もガラガラである。
このように空いていると異常なくらい速度を出す車が現れる。
しめしめ。万が一のネズミ捕りの盾となっていただく。
速い車の後方を走る。取り締まり回避の鉄則である。

午前7時ごろ、飯能市に到着。
ここで缶コーヒー休憩を取る。

コーヒーを飲みながらゆっくりしていると、0720分の時点で高校生か中学生かわからないが自転車で学校に向かっているようだった。
八時半に教室にいればいいはずなのだが、今の段階で自転車で向かっているとは…。
彼の学校はここからかなり時間がかかるはずだ。

勝手な想像だが彼はおそらく毎日自転車で学校まで行くことを苦にも思わず、当然のことだと思いながら自転車を前に進めているに違いない。

彼の中の距離と時間の感覚と、自分の中のそれは大きく違うはずだ。
願わくば自分はこの彼のような時間の感覚でいたい。


先週までは田んぼの稲に囲まれたツーリングであったが、本日は山に囲まれるツーリングである。
山と山の間の快走路を駆け抜けるのは、なんと気持ちのいいことであろうか!


KIMG0003_R_201506242245133c5.jpg
KIMG0002_R_20150624224515172.jpg

近くに流れる川では魚が釣れるようだ。
中学生の頃、教科書に載っていた釣りキチ三平のカジカの夜突きのお話を思い出す。

未だかつて自分はカジカを食べたことがないので、機会があればぜひ食べてみたい。


KIMG0006_R_2015062422451078c.jpg

8:00丁度。
横浜から出発してちょうど120キロ。秩父市に到着である。
これから先、ガソリンスタンドにありつけるかどうかわからないので、アドベンチャーにガソリンを補充する。
どうやらガソリンは10リットル残っていたようで、20リットル入った。

合計30リットルの状態。これで今後無給油で横浜に帰れるだけの距離は走れるだろう。
アドベンチャーはガソリンがたくさん入るので、普通のバイクと比べガソリンの心配をする機会が本当に少ないのでありがたい。


ガソリンスタンドから見える、近くのハゲヤマが気になった。

KIMG0009_R_20150624233650da6.jpg

秩父市にてちょこっと通勤ラッシュにぶつかったが、すぐに小鹿野町に入り込み、あとは快走路が続く。

朝9時丁度、20140523に来ていた、恐竜の足跡の近くのトイレで少し休憩である。
ここに来るのはちょうど10年前の新潟ツーリングと去年来たのを含めて三回目である。

KIMG0007_R_20150624233650717.jpg

先を急ぐ。
群馬県上野村を通過する。
御巣鷹山が近くにあるようだ。
かつての日航機の事故現場の近くのようだ。

慰霊碑が近くにあるようだった。
以前はあまり気にしていなかったが、なんとなく、上野村周辺の山々、それ自体が墓標のようなイメージをしてしまい、
なんとなく寂しい気持ちになってしまった。
川は美しく、釣り人もおり、きれいなところであるが、早く立ち去ってしまいたかった。



KIMG0011_R_20150624233646e58.jpg

下仁田町に到着する。
ここも川が非常にきれいであった。
ここを走る国道254号線がとにかく快走路で走りやすくかつ、景色がとってもきれいであった。


KIMG0014_R.jpg

以前から気になっていた、荒船の湯に到着する。




料金は500円。コインロッカーが有料で100円なのが残念であるが、お湯は塩素の臭いがちっともしないし、かなり気持ちがいい。
さらに、うれしいことに低温のサウナも併設されており、気持ちよく汗を流すこともできる。
仮眠室はないものの、しっかり空気を読んで空いているなら食堂で少しくらい寝てもかまわん雰囲気。

個室が1500円で二時間とか借りれるので、3-4人でツーリングだったら借りて少し寝るのもいいかもしれない。

この日帰り温泉は自分の家の近くにぜひ欲しいなあ。


KIMG0013_R_201506250022311c5.jpg

出発して6時間経過して初めてご飯である。
焼肉定食800円。家庭的な味であるが自分はこの味は気に入った。

ご年配のおばあちゃん三人組がおばあちゃんなりのおしゃれをして温泉に来ていた。
会話に聞き耳を立てているとなんとも幸せそうな感じである。
料金のワリカンが計算できなくて店員さんに聞いていた。

近所の方々であろうか?
おばあちゃんの声が良く聞こえる。
おばあちゃんの声を聞いていると、なんだか自分まで幸せな気持ちになってくるのである。

おばあちゃんたちの会話を子守唄に30分ほど寝ることにした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。