スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セロー三人で房総林道アタック


20161025
08:00に横須賀のフェリー乗り場に集合する予定が、友人一人が寝坊!

08時過ぎ、友人起きる。
気を取り直して環状二号線上永谷近くにて集合。
横浜横須賀道路にて横須賀に向かい、10時20分の便で浜金谷へ。

この便を逃すと12時まで次の便がなく、危なかった!

メジャーな林道以外に、
廐屋台林道
細野林道
の二つをアタック。

三人とも汗だくで疲れたが大満足で横浜に帰還。
スポンサーサイト

セロー225 セルスタートスイッチ交換

IMG_20161021_201851_R.jpg

接触不良がとことん悪くなり、中と外を同時に指で押してやらないといけなくなったセルスイッチ。
このままでは水が浸入したりし非常によろしくない。

新品だと8000円以上するのでヤフオクで92年式のセローの部品を送料込2408円で手に入れる。

ヤマハのホームページでパーツリストを確認すると89年式と92年式はここの部分はまったく同じである。


IMG_20161021_201953_R.jpg 
たのむ、ちゃんと動いてくれよ…。

IMG_20161021_201946_R.jpg 
うむ、間違いなく同じ部品だ。


IMG_20161021_202503_R.jpg

セルスイッチの配線をよ~く見るとヘッドライトのところに何かがありそうだ。 
久しぶりにヘッドライト部分を外す。

IMG_20161021_202631_R.jpg 
写真中央の接続部分に差し込んでやる。
ヤフオクで落としたパーツはバッチリ動き、セルが一発で反応する。
いやはや、よかった。


IMG_20161021_210017_R.jpg 
嫌なものを発見した。
チョークレバーのケーブルの一部が折れている。
今は大丈夫だけど、そのうち交換が必要だなこれは。

IMG_20161021_210832_R.jpg 
久しぶりに定位置に収まる。

いやしかし、assy交換したが、ちゃんとこの部品の原理と構造を理解できていれば、
簡単な工夫で本当の意味での修理が行えたんじゃないかなと思う。
取り外したセルスイッチは後学のために分解してどういう原理なのかを知っておこうと思う。
工夫して治ったらまた取り付けて、いらなくなったほうのスイッチをヤフオクで売ればいいのである。

IMG_20161021_210839_R.jpg 
ウインカーもちゃんと純正の位置に戻した。
次の林道が大変楽しみである。

筑波山近くにて野グソし、自由になれた気がした36の朝

IMG_20161021_052613_R.jpg 
最近はセローの林道の活動もあり、セロー半分、アドベンチャー半分になっている。
今日は筑波山から九十九里周辺を回って横浜に帰るライトツーリングをやろうと思い、
4:30におきて支度をする。
空気圧補充オーケー、エンジンオイル補充オーケー、燃料はそこそこ。
特に問題なし。
5:25にアドベンチャーのエンジンに火を入れて首都高速で三郷で降りる。


IMG_20161021_074532_R.jpg 
エンジンオイルは今回からモービル1の15w-50を100パーセントの割合で使用したが、
いやはやなんとも、エンジン回転の滑らかさがまったく違う。
エンジン音が非常に小さい。
やっぱりモービル1はいい。

三郷から江戸川沿いを北上していく。
途中国道4号線にたどり着いたが、五霞あたりから激しく渋滞しており、回り道をして筑波山をめざす。

もう一つの4号線で走っていると、食堂が目に入った。
なんと、朝七時台だが、営業なさっている。
腹も減っているし、行くか!

のもと食堂
埼玉県久喜市栗橋東6丁目22−48


IMG_20161021_072521_R.jpg 
おふくろさんという言葉が似合いそうなおばさんが切り盛りされている。
とても居心地がいい、温かみのある店内だ。
目玉焼き定食を注文した。

IMG_20161021_073113_R.jpg 
心温まる家庭料理である。
こんな感じの料理を俺は食べたかったんだよ!
うん、ウマイッ!!

おばちゃんと色々話したのだが、どうやらこちら側の国道4号線は空いているらしい。
今日は横浜からツーリングで来ており、これから筑波山に行くと言ったら今日は筑波山に行くにはすごく天気がいいよと言っていた。

帰り際、なんと栄養ドリンクをくれた。
ありがとうございますと言って店を後にした。
会津方面に行くときにはここらへんはよく通るので、そのときの朝ごはんを食べるときにまた利用させてもらおう。

IMGP7800_R.jpg 
筑波山がとてもきれいに見えるところを発見したので写真を撮ろうと立ち止まる。
アドベンチャーから降りたとたん、便意が襲う。
こりゃたまらん!

近くにコンビニがあるのかないのかよくわからん。
がんばって探すか、我慢せずにこの場で出し切るか。

がんばったところでトイレがある保障はない。
ここは田舎である。
後者を選ぶのに時間はかからなかった。

キョロキョロと周辺を見回し、茂みを見つけたのでパニアケースから紙を取り出し向かう。


誰にも見られぬように茂みに入る。
日ごろから食物繊維を豊富に摂っているので出し切るまでにわずか10秒。

我慢せずに出したくなったときに出す。
こんな当たり前のことを素直に実行するだけでなんとも清々しい気持ちになれた。
何より、この青空の下、少しヒンヤリした空気の中行うごく自然な行動がこんなに気持ちいいのかと。
痛快である。

IMG_20161021_113518_R.jpg 
筑波山を走る。
すると、自分が行きたい先の道がなぜか二輪のみ通行禁止なのである。
確か、過去の二輪ブームのときに二輪が邪魔ばっかりするもんで通行禁止になったと聞いたことがある。

そのときのなごりというか、現在進行形である。
ここで自分が交通ルールを無視して侵入したところで誰に迷惑がかかるであろうか。
誰に迷惑がかかるわけでもない。
峠で暴走する人を排除するためのねらいであることがすごくわかる。
果たしてここで自分が向かうことはルール違反かもしれないが、善か悪かと聞かれればどちらでもない。
警察がいたら切符を切られるだろうが、この平日の午前中のこんな場所に警察が来る可能性はほぼ0に近い。

……。
筑波山近くの長閑な風景を楽しみ、霞ヶ浦に到着した。



IMG_20161021_111025_R.jpg 

急に眠気がどっときたもんで、アドベンチャーを停めて湖岸で昼寝をした。
風もなく、暖かい陽射しがジンワリと体を暖める。
30分経ってハッと気が付いた。
かなりスッキリした。


IMG_20161021_131751_R.jpg 
また来てしまったふじや菜館。


IMG_20161021_125710_R.jpg 
前回と同じものを注文した。


IMG_20161021_161323_R.jpg 
午後16時12分、帰還する。

走行距離293km

モービル1は化学合成油なのでエンジンオイル量の減りも少なかった。

バイクライフは終わらない。南足柄林道アタック

カブが盗まれた当日は友人とヨタ5さんと南足柄で林道アタックとなっていた。

カブはいなくなった。

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。
たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。

受け入れて前に進むんだ。行こう。
カブがいなくなったからといって自分のバイクライフは終わらない。
神様が別のバイクに乗りなさいとおっしゃっているのだろう。
むしろこれはスタートなのだと捉える。

徒歩でセローの秘密基地まで行くのは本当に大変だ。
だったら!ということでアドベンチャーの秘密基地まで歩いていきエンジンに火を入れる。



一ヶ月ぶりのセローに火を入れるためにセルスタートのスイッチを押してみたがウンともスンとも言わずエンジンがかからない。
前々からセルスタートのスイッチの調子が悪かったが、一ヶ月乗らなかったら悪化してしまったようだ。

仕方ないので押しがけしてみたがこれがまたかからない。
ふと見たら下り坂があったので、しめしめ、これでエンジンかけてやろうと思ったが、長い下り坂を使ってもエンジンがかからない。

やべえ。カブは盗まれるわ、エンジンはかからないわ、試されている…。

あきらめてたまるかってんだ!!!
絶対今日は林道に行ってやる!!!!!
オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ~ッッッ!!!!

今自分に何が出来る!出来ることをやる!!とりあえず分解してみっか!!
パンク修理キットの中にドライバーを入れておいたので
セルスタートスイッチを分解してみる。
おそらく経年劣化で接触が悪くなっているのだろう。
分解して内側と外側を指で圧力かけてやったら見事エンジンスタート!
ざまみろ!!

とりあえず分解したままにしておいて今日は内側と外側を指で直接押す形で乗り切ろう。
(部品を入手する段取り完了)



IMG_20161011_131001_R.jpg

結果、大幅な遅れを回避でき、無事にツーリングを成立できた。
一年ぶりのヨタ5さんが元気そうでなによりであった。


IMG_20161011_131011_R.jpg 
ありがたいことに入れた。いける。いけるぞ今日は!


clrorin1101.jpg 

ヨタ5さんのブログから写真パクらせていただきましたよ。
もうすっかり寒くなってしもうた。
今年もコミネJK-555の大活躍の季節がやってきた。


IMG_20161011_134203_R.jpg 
一緒に来た相方も大喜びの林道であった。
景色も本当に素晴らしい。
空気が最高にうまい。
オフロードの世界は本当に素晴らしい。


IMG_20161011_134519_R.jpg 

IMG_20161011_134525_R.jpg 

IMG_20161011_143748_R.jpg



 IMG_20161011_143805_R.jpg

抜けられた。前回は自分もここまでは来ていないので未知のスタート。


1476241254269_R.jpg  
現場は急な上り坂なのだが、写真はどうみても平坦な道にしか見えない。
枕木が靴で乗ってみてもツルンツルンかつ、斜めに配置されているのでツルンと転倒。
オンロードバイクで転倒はただの悲劇にしか過ぎないけど、オフロードバイクだと転倒も楽しめてしまう。

ヨタ5さんもこの後別の場所で転倒する。
新車の外装ならし完了!あとはエンジンだけですね!


IMG_20161011_154033_R.jpg 
林道の中で珍しい洗い越しを発見したのでここで一休み。

IMG_20161011_162339_R.jpg 
午後4時半ごろ。
しばらくしたら林道は闇に包まれる。
もう走ってはいけない時間が始る。

ススキが秋の訪れを感じさせる。


IMG_20161011_161816_R.jpg 
ただただ素晴らしい。
やっぱりオートバイは素晴らしい。
次の林道の計画を立てよう!

カブがいなくなった…

カブよ~どこへいったあ!!
オラのこと嫌いになっただかぁ!!
戻ってくんろ~!!!戻ってくんろ~!!!!

さきほど盗難届け済み完了。
なんと応対してくれた警察官は地元横須賀の同じ中学出身であった。

今は横浜に住んでいるが、やはり横須賀がいいと自分とまったく同じ思いを抱いてらっしゃった。

おそらくカブは戻ってこねえ。
どうすんべ?
オラやっぱりカブがええ。
カブに乗りたいさ。

そうだ、もう一回カブを買おう。
今度はちゃんとレッドバロンのカギをして盗まれねえようにすっからさあ。



自宅の倉庫で厳重に保管できるモンキーを手に入れることに決めました。
どなたか8万円でノーマルのモンキーを譲ってくださる方はいらっしゃいませんか???
年式問わず、実働でノーマルであれば構いません。
東京、神奈川、千葉、茨城、埼玉、静岡、山梨にお住まいの方で実働のモンキーをお持ちの方いらっしゃいましたら是非御連絡くださいませ!!!!
お金を用意して直接受け取りに参ります!!!

た、実働ノーマルモンキーを8万円で譲ってもいいという方を紹介してくださった方、成約になった場合は
紹介してくださった方にお礼として一万円差し上げます!!

お話がやってきた時点で一旦締め切りとさせていただきます。
是非是非ご協力お願いいたします。

20161018
おかげさまでモンキーとのご縁があり、来月上旬にモンキーがやってくることになりました。
ありがとうございます。

アドベンチャー オイルとオイルフィルター交換 65306km

IMG_20161007_132539_R.jpg 
3253kmぶりのオイル交換。
今回はオイルフィルターも交換する番である。

IMG_20161007_133537_R.jpg 
オイル漏れは見られない。


IMG_20161007_133906_R.jpg

夏の暑い時期を走った。油温を通常より少し高めたので心なしかいつもより黒く見える気がする。

最近はなるべくエンジン回転を3000~4000で走るようにしている。
燃費は落ちるが、一般道は4速、高速は5速メインたまに6速で走っているとギアチェンジの回数が減る上にエンジンフィーリングがなんだか気持ちよい。

どちらかというと低回転トルク型のエンジンなので2000~2700回転で事足りるのだが、このくらいだとバルブにカーボンもつきやすくあまりよくないとのことであった。

ただ、高い回転数だとエンジンオイルの消費が大きい。
こまめにチェックする上に200-300kmごとに100mlずつ追加するようにしている。


IMG_20161007_134227_R.jpg 
オイルフィルターも外す。


IMG_20161007_134453_R.jpg 
新しいオイルフィルターにエンジンオイルを補充する。
たっぷり入る。

IMG_20161007_135722_R.jpg 
前回は残り物のオイルのブレンドであったが、
今回からキレイにモービル1の15w-50である。


IMG_20161007_140156_R.jpg

エンジンオイルが減りやすいエンジンなので多めに入れておく。

防備録
ドレンボルト32N
オイルフィルター11N

これで次のツーリングの備えはバッチリである。

道志の森キャンプ場

20161003

仕事が平日休みの仲間とキャンプをすることになっていた。
ツーリングがメインではなく、キャンプがメインであったので
昼の13時くらいに出発。






IMG_20161003_150847_R.jpg 
スーパーアルプス愛川町店に到着する。
この店にくるのは10年ぶりくらいのことである。

IMG_20161003_150834_R.jpg 
相方はこれ以上積載できないということで、4人分の食料をパニアに詰め込む。
寝袋だけ外につけた。
やっぱりパニアケースがあるとキャンプは楽チンである。

IMG_0152_R.jpg 
二人で出発したが、もう二人が仕事の都合でやや遅れるとのことであったので
道志の湯でのんびりとすごす。

IMG_20161004_081440_R.jpg

キャンプ場は雨で濡れていた。雨の中のキャンプをどう乗り切るかが今回のテーマであったが
午後七時くらいから雨が止んで星のきらめきが見えた。


IMG_20161004_103205_R.jpg 
薪の入手に失敗してキャンプファイヤーをあきらめムードであったが、湿った木を集めて濡れて
はいるが油を含んでそうな枯葉を大量に集めて着火したところ案の定たき火が成立した。
濡れていても木は燃える。火の力はすごい。改めて思う。

IMG_20161004_103220_R.jpg 

IMG_0154.jpg 



IMG_20161004_103238_R.jpg 
川の水に入ってみたが気温の暖かさとは裏腹にひんやりと身に染みる冷たさであった。

IMG_0153_R.jpg 
道の駅どうしにて。
平日なのにライダーの集まり方がハンパなかった。

これから寒い時期になるにつれその数は減っていくのであろう。

帰りは圏央道の相模原から東名を使い横浜に帰還。ゆっくりしていたので16時ごろ横浜到着。

カブ90 リアサス交換!

IMG_20161002_224104_R.jpg 
当初は丸目のカブがよかったのだが、実際乗り始めると角目のカブが可愛くて仕方なくなる。
まったく不思議なものである。

乗っていてリアサスはまだコシがあってまだまだいけるのだが、少しの段差があったら底付きをする。
社外品のリアサスだとバッチリだという話を聞いて早速アマゾンで注文する。
今の時代はすごいもんだ。朝注文したら夜までにはの近くのコンビニに届けてくれるのだから。


IMG_20161002_224117_R.jpg 


IMG_20161002_224506_R.jpg 
早速作業に取り掛かるが、ツルンとリアサスが外れた。
うむむむ…実に素晴らしい整備性…さすがカブだ!
ボルト2本で付いているだけなのである。


IMG_20161002_224652_R.jpg 
SP武川 リヤサスペンション 06-04-0027
を注文した。
アマゾンではカブ90には使えませんと説明されているのだが、入っている説明書にはカブ90
HA02はもちろんOKとある。



気になるお値段は…
2本セットで6725円

CB125Tをもち続けてリアサスを交換した場合リアサス単体で36000円である。

うむむ…やはりアドベンチャーとセロー重視の今の状態では
カブのハンパ無い経済性のおかげで家計は大助かりである。

IMG_20161002_230311_R.jpg 
装着完了である。

プリロードといってバネの硬さを調節できる特殊な工具がついているのだが、
バネをちょっと手で縮めてあげてもう片手でまわすと工具なしで調整できた。

実際公道でテストしながら自分の好みで調節してみたが、
ノーマルのサスと比べると時速60kmを超えたときの安定性が大幅に向上した。
ノーマルのときはやたらフワフワしていてカーブもなんだか曲がりにくかったが、
曲がりやすくなった。

いつも底付きしていた場所でもしなくなり、実によくなった。

今後サスがヘタッたときも同じものを使う予定ある。

ただ、ノーマルサスの自然な感じのデザインが大変よかった気がする。
この新しいサスだといかにもヤルキマンマンといった印象がありすぎる。
までも安いから納得してしまう。この値段でこの性能はかなりお買い得である。

排気モレが止まらない

IMG_20160930_130333_R.jpg 
マフラーの穴を埋めるベく作業を開始する。まずは排気モレしている部分のススを落とすため
マフラーガードを外す。

IMG_20160930_130345_R.jpg 
まあまあキレイになった。
ぽっかりと穴が開いている。

パズルのようにこの穴の部分はマフラーガードのところにポツンと付いている。

IMG_20160930_130341_R.jpg 
もう一ヶ所、マフラーガードのための溶接の部分にわずかな穴が開き漏れている。


IMG_20160930_131143_R.jpg 
ホームセンターで買ってきたこれで埋めてみるのである。

IMG_20160930_131426_R.jpg 
ウム、なかなかいいんじゃないの?


IMG_20160930_132640_R.jpg 
マフラーガードを取り付け、ハリガネでガッチリと固定する。


IMG_20160930_133019_R.jpg 
これにて完了。

試運転をしたところ、マフラーの振動もなくなり、排気モレがなくなったようだった。

ところがしばらく走っているとパテからわずかながら排気が漏れているのである。


この漏れがが原因でエンジンのトルクの変動が起こるらしく、
漏れる前は普通のフィーリングだったのが、漏れ出した後はなんだかほんのわずかだがギクシャクするような気がするのである。

もしかしたらクラッチが滑っているのかもしれない。
エンジンオイルが温まって粘土が低くなり、クラッチが滑っているのか、排気モレでトルクの変動でへんな感じなのかわからない。

とりあえず中古マフラーを手に入れて装着してだめだったらクラッチ修理か。




カブ90 前タイヤとプラグを交換する 49800

IMG_20160929_190506_R.jpg

カブ90の前タイヤがもうミゾがなかった。

アマゾンで見てみると

前タイヤは
IRC フロント 2.50-17 4PR
がなんと1565円!!

チューブは
IRC バイクタイヤチューブ 2.25/2.50-17
がなんと532円!!

送料込で合計2097円である。

恐ろしいほどの安さでびっくり仰天である。
カブは金のかからんいい子やねえ。

こんなんだったら、高校生でもちょっとしたバイトをすればカブを維持できる。
いや実に素晴らしい。駐車場代がかからない人だったらセカンドバイクとして持つと
かなり優秀な相棒となるであろう。


IMG_20160929_190836_R.jpg

取り外す前に構造を写真を撮っておく。

IMG_20160929_191257_R.jpg

ボルトを外そうとしてたときにうっかり反対側を忘れていた。
カラーがあった。

ドライバーと17mmと14mmのソケットレンチがあれば外すことができた。

IMG_20160929_191435_R.jpg

タイヤを外すことができた。

IMG_20160929_190525_R.jpg

新品タイヤ。
軽点の印もないし、回転方向の指示もない気楽なカブタイヤである。


IMG_20160929_191949_R.jpg

セローで使っているタイヤレバーでサクサクと外していく。

チューブを取り出すことができた。
ホイールのサビが付いている。
再利用できそうだが、チューブ代532円をケチって
出先でパンクなんて面白くないので交換である。

IMG_20160929_192852_R.jpg

タイヤ交換の最終兵器を初使用である。
このチューブのバルブをホイールに合わせるのがかなり苦労する。そのための道具である。


IMG_20160929_193314_R.jpg

ビードワックスをギットギトにぬったくってやったわい。

クッソ簡単にバルブがインできた。
いやはやありがたい道具である。

IMG_20160929_194520_R.jpg

できた!!
これができるようになったのもセローのおかげである。


IMG_20160929_194732_R.jpg

アクスルシャフトに油分が一切なかった。
ヌリヌリして差し上げる。
盛りすぎた。

IMG_20160929_200109_R.jpg

無事にチューブをこじることもなくタイヤ交換が完成した。
お次はプラグ交換である。

プラグの場所がどこかわからないかったが、すぐに見つかった。


IMG_20160929_200128_R.jpg

カブってすごいと改めて思ったのが、メンテナンスが簡単にできるように徹底されている。

まったく難しくない。
これもまたツルンと外すことができた。


IMG_20160929_200342_R.jpg

外してみてプラグの電極が磨り減っていた。


本来ならばCR6HSAというプラグが標準なのだが、
C7HSAというプラグがついていた。

CB125Tのときもそうだったが、メーカー指定のプラグに変えるとエンジンの調子がすごくよくなった。

カブ90もメーカー指定のプラグに変えたところより一層元気になったというか、
これが本来の力なのだろう。

こだわって変更しているならまだしも、形があえばいいという感じなんだろう。
実際のところバイク屋さんもあんまり気にしない。
ホームセンターもさほど多くの種類をおかないのもあるだろう。
動けばいいのだろうが、絶対メーカー指定のほうが調子がいい。


トルクレンチで10N・mで締め付けてやり完了。


これで気持ちよく走れる。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。