アドベンチャーの存在意義を考える


最近はセローばかり乗っていて充電と調子維持のために朝5時半に起きてアドベンチャーに火を入れる。


IMGP7588_R.jpg 
震生湖近くの畑のわき道で秦野市とその山が見えた。


IMGP7595_R.jpg 
人の多いところを避けるようにして裏路地を走っていく。
寄にて。
気が付かなかったが寄は相当山深いところある町だったのか。

IMGP7598_R.jpg 
 細い道をどんどん登っていく。


IMGP7600_R.jpg 
ムムムムム…。
面白そうなダートを発見したが、アドベンチャーなのでやめておこう。
またセローで来て楽しもう。

IMGP7599_R.jpg 
近くに看板があったので写しておく。


IMGP7601_R.jpg 
セローならいけるのに。

逆にアドベンチャーなら何ができる?
アドベンチャーはもっともっと遠くへ行ってはじめて真価を発揮できるんじゃないだろうか。

考えても見れば、自分はアドベンチャーで遠くに行っただろうか?
たしかに遠くには行っているかもしれないが、
もっともっと行かなきゃならない。

セローでは辛すぎるほど遠くの場所へ走らせてみればいい。
行こう!遠くへ!!

まだアドベンチャーで行ってないところはたくさんある。
近距離はセローに任せて、遠くへ行くことを考えよう。


セローはセローにしか行けないところへ。
アドベンチャーはアドベンチャーにしか行けないところへ。

IMGP7602_R.jpg 
パノラマ台にて。

この後、道志の湯に入った後、国道134号線を目指し横須賀の衣笠病院を目指す。

お母ちゃんが高熱が続いて入院していたのだが、
また元気になって退院することになった。
今回の入院したころはヘロヘロだったが今はもう顔色もよくまた家に戻れることになった。

末期ガンと診断され早一年半が経つが、ビタミンcの点滴とリポソーム化された
ビタミンcがよく効いてくれて元気いっぱいだ。

その後ハーレー乗りの友人宅でアドベンチャーを久しぶりに洗わせてもらった。
…右のフロントフォークからオイル漏れに気が付いた。
ああ~これはバイク屋さんに報酬上乗せである。
02年製だからそろそろ漏れるのも当たり前か。


もう一人友人を呼んでお好み焼きを食べて帰る。


…もっとアドベンチャーで野宿しに行こう。
だれもいない田舎で一人さびしく野宿。お地蔵さんの横で野宿…。
日本昔話のような世界に飛び込みに行こう。

霧と雨の中の林道


朝6時半に厚木のコンビニにセロー乗りの友人と集合。
都留市から山中湖の途中の林道と、丹沢湖から秦野に抜けるであろう林道の
探索である。


IMG_20160622_085755_R.jpg 


二時間半ほど走り、林道に入る前に腹ごしらえある。
空は雲で覆われているが時々雨が落ちてくる程度。
イケる!はず!



IMG_20160622_091941_R.jpg 

ダートになったりアスファルトになったり。
雨が強くなってきた。

IMG_20160622_093126_R.jpg 


ここからさらに林道を伸ばそうというのだろうか。



IMG_20160622_093148_R.jpg 


巨大な岩に阻まれ進めないのかもしれない。
この斜面を見ると、林道を作るということがどれだけ偉大な作業であるかがわかる。


IMG_20160622_093200_R.jpg 
雨は日常の感覚を消し、霧は方向感覚を狂わす。
今自分たちがどこにいるのかさっぱりわからない。
横浜がどこの方角なのか、富士山はどこなのか…。
まったく知らない場所に来た、ひたすら新鮮な印象ばかりが胸に残る。




IMG_20160622_093217_R.jpg 
結果が行き止まりだったとしてもこの充実感はなんなのだ?
宝箱を開けるかのような楽しさ。


IMG_20160622_100146_R.jpg 

ガッチリ鍵がかかっていて入れない林道をいくつか諦めた後、
入りなさいと言わんばかりにゲートの横にぽっかり空いた隙間を狙い、
見たことのない世界に飛び込む。

その先にある手ごたえのあるダートに心躍る。


IMG_20160622_100208_R.jpg 


少し雨が降っている。

良い空間のある行き止まり。
ここでおしまいなのだが、ここからさらに始る。


IMG_20160622_101846_R.jpg 

行き止まりだと往復するので二度おいしい。
ふむ、こんな名前が付いていたか。

林道の名前って誰がつけるんだろうか。

ぜひ自分に名前をつけさせてほしい。

IMG_20160622_103731_R.jpg


忍野村の見えるところまで来た。


 今日のツーリングも後半戦だ。
あと二ヶ所探索して帰ろうかとパートナーと相談する。

パノラマ台ちかくの林道に行こうとしたが大型トラックが頻繁に出入りしているので遠慮しておいた。
きっとガンガン工事中なんだろう。


最後は丹沢湖から秦野に抜ける林道の探索である。
アドベンチャーで行った時はゲートが閉まっていたが、セローなら僅かな隙を突いてでも入れる可能性がある。


IMG_20160622_130001_R.jpg 


丹沢湖ちかくの林道の入り口はセローなら入れる隙間があった。
しめしめ。ヒョイヒョイと!
舗装された林道を延々と走り続ける。
かなり距離がある。

雨が降っているのか、濃い霧のためか、全身ぐっしょりである。
メガネもビッショリな上にくもる。見ずらい!
ゆっくりと進んでいく。
一時間くらい走ったような気がする。たぶんそんなに走っていないけど霧が自分の感覚を壊している。



やっとの思いでたどり着いたゲートは両脇を鉄格子でガッチリ固められてセローでも抜け出せなかった。

トホホホ、また戻らにゃならんな。

ましかし、濃霧に覆われた林道を走るのは本当に楽しいので、それもまたよしと道を戻りはじめた。


途中、分岐で虫沢線という部分もあったのでパートナーと相談し、もしかしたら虫沢線から抜けられるかもしれないし、ダメかもだけどせっかくなんで行ってみようということになった。



なんと!
走りごたえのあるダートがはじまった!
お互いうれしくてパートナーと思わず顔を合わせた。

いや~、あそこが抜け出せなかったおかげでよいダートにありつけた。

くう~たまらん!たまらん!

IMG_20160622_125958_R.jpg

突然、大きな広場に出た。
ちょうどいい、ここで休憩しよう。



IMG_20160622_125954_R.jpg


霧の向こうはガケ。

空気が凛としている。

霧で何も見えないが美しい…。
空気がひんやりしていてなんだか気持ちがいい。

想像していなかった世界が目の前に現れる、楽しさ!!




IMG_20160622_130922_R.jpg


ふぅ~!!!
ラッキィッ!!
空いていた!!!


終わりよければすべて良し!!

自分もパートナーも大満足!
1530自宅着。


ホタルを見に行く

本日はセロー乗りの友人と一緒に山梨の林道に行く予定だったがあいにくの雨で中止。
午後になってから雨が止んだのでバイクで走りたいので三浦半島経由で横須賀にホタルを見に行くことにした。


IMG_20160621_174308_R.jpg

三浦の畑にて。
今の時期、風が本当に気持ちがいい。
CB125Tとアドベンチャーには風防が付いているのでこの丁度いい気温の風の気持ちよさを感じるにはネイキッドであるセローがいい。

時速40-50くらいで本当に気持ちがよく、速度を出す気になれない。
なんて気持ちがいいんだ…。


IMG_20160621_174358_R.jpg


まだ小ぶりなスイカが育っている。
これからグングン大きくなっていくのだろう。

もう夏はすぐそばにある。


IMG_20160621_174658_R.jpg

毘沙門の海側にて。
かつてここで夜中に野宿したことがある。
景色はきれいだが、
今日行ったら畑のコヤシの匂いが強く、すぐに立ち去った。


IMG_20160621_182936_R.jpg

走水小学校の坂の上からの風景。
いつ来ても美しい夕日だ。

この後、走水に住む友人に会ってからホタルの現場に行くことにした。


IMG_20160621_191433_R.jpg

看板の案内のとおり、狭い住宅街の通路を通ったが、ここを通らなくても本当はよかった。


IMG_20160621_192051_R.jpg

途中でセローを止めて200メートルほど歩く。
残念ながらこの日はホタルはまったく見れなかった。
雨が降ったのでホタルはびっくりしてしまったのかもしれない。
また見に来よう。

地図とナビを使わず

IMGP7565_R.jpg

朝6時半に出発。
今日のコースは木更津から下り富津方面の探索である。

木更津の港にて。

IMGP7566_R.jpg

今日は特にルートを決めていない。
気になった所があればそこに行ってみる。特に目的を持たない。
セローでぶらり散歩のようなものである。

IMGP7567_R.jpg

どこへでも気にせず突っ込んでいける。
転倒の心配をしなくてもいい。
行ってみたいと思ったら行ってみればいい。
なんという楽しさ!


IMGP7571_R.jpg


この時期だと稲ももうかなり大きくなっている。


IMGP7572_R.jpg

アドベンチャーでもCB125Tでも行けない所にセローなら行ける。

そう思うと、あそこ行ってみよう、いや、ここも行ってみよう!
寄り道の連続。

何も我慢しなくていい。
どんどん好奇心が満たされていく。


IMGP7576_R.jpg


自由に動き回れる!やれる!できる!!行こう!
あそこまで行ったらどんな景色が広がっているのか?


IMGP7577_R.jpg

ダート発見、いきまーす!!

雨が降ったすぐあとだということを思い出した。
いくらセローと言えども雨のあとのダートは弱い。
ヌルッと来た。

倒したら起こせばいい!
気にせず行け!


IMGP7578_R.jpg

空けたら閉めてねのゲートを発見した。
心躍る瞬間。
ちゃんと閉めよう。


IMGP7579_R.jpg

長いダートを走った後、結局行き止まりだった。

今日は一体いくつの行き止まりを経験しただろうか。
数え切れない!

またゲートまで戻ってきたとき、農作業の方が、閉めて置くからそのまま行っていいよと声をかけてくれた。
ありがたや。



IMGP7582_R.jpg

さびしげな集落の売店でやっと自動販売機を見つけたのでここでコーヒー休憩を取ることにした。


IMGP7581_R.jpg

売店の方は犬の散歩に行っているらしい。
このようなところではあまりお客さんもこないだろう。
品揃えも本当に少ない田舎の売店である。


IMGP7584_R.jpg

七つ釜と呼ばれる場所の途中で迷い込んだ。

IMGP7585_R.jpg


イノシシか、シカか?
わながしかけてあった。

IMGP7586_R.jpg

梨沢渓谷にて深いところまでセローでいったろうと思ったが、
途中で詰む可能性に気が付き引き返す。

ところが、帰り道は今日未明まで降っていた雨で上り坂が全然登れなかった。
降りて押しながら行こうとしたが、後輪が滑りセローが斜めになり、もうそこでがんばり起こすのはめんどだったので
地面に寝かすことにした。

セロー225は100kgくらしかないから自転車を起こすみたいにヒョイッと起こせる。
ほんの少しガソリンがもれたようだ。

濡れていなければなんともなかったが、ちょっと条件が変わっただけでこのような状況に陥る。

濡れたオフロードは危険性が高まる。
我が身をもって体験し、ほんの少しだけ賢くなった。


IMG_0073_R.jpg

散歩ツーリングは距離はそんなに走っていないが大満足だったので横浜に帰還することにした。

その前に409号線の昔から食べようと思っていた中華料理屋さんに入った。
720円でお腹一杯食べられる。
味付けも自分は好きだ。
いや、ここは実にいい。また来よう。

13時過ぎ横浜到着。
走行距離202km

夏の予感



朝4時30分に起きる。
久しぶりの早起きにくじけそうになるがソイッ!と気合を入れて出発である。

近日予定のタイヤ交換と定期点検のお金は確保できたので気持ちよくツーリングに行ける。

横浜新道に乗ってあとはひたすら下道。
平塚を経由し足柄峠を目指す。


足柄峠の薄暗い林の中で病気でそうなったのか、トコロドコロ毛が抜け落ちたアライグマが飛び出して来た。
道路の隅でアライグマは体震わせてアドベンチャーが通り過ぎるのを待っていた。
あの怯えた顔…。

あいつ、生きたいんだな。生き延びたいんだな。

生き物の生きたいという気持ちは変わらない。
それが人間であっても、アライグマであっても。
あのアライグマにもおかあちゃんがいて大事に育てられてきただろうに。

生きものが愛しくなった。
自分の命もアライグマの命も同じだ。



IMG_20160614_091530_R.jpg

富士川沿い登る途中、身延線の電車がやってきた。
思わずアドベンチャーから降りて写した。


IMGP7554_R.jpg

ちょこっとだけ駅に立ち寄ることにした。



IMGP7555_R.jpg

身延線、やべーなこれは。一時間または二時間に一本なのである。
ここらへんで暮らすには自動車がないと相当大変だ。
逆に自動車があったら電車は無用の長物になるはず。


このローカル線のにおいにめちゃくちゃムラムラ来た。
これはまたCB125Tで訪れたい。


IMGP7556_R.jpg

だれもいない、だれもこない。

自分にとってあまり意味の無いこの場所の空気を感じて
自分にとってこの場所はなんなのかを考える。

いくら考えても自分の思惑とは関係なく、ただこの場所は存在する。

IMGP7558_R.jpg


富士川のほとりにて。
大分暖かくなってきた。
コミネのJK-555を脱いだ。

IMGP7560_R.jpg

売るための米か、自分で食べるための米なのだろうか。
もしかしたら後者かもしれないなあ。


IMGP7561_R.jpg


みはらしの丘、みたまの湯の近くにて。

何かが違う…。
そうだ、南会津は胸が締め付けられるような田舎特有のさみしさ、風情があった。

確かにここらの風景はキレイなのだが、やはり富士山周辺は人口が多いのだ。
交通量も多い。

南会津が恋しくなった。
今まではこの景色を見たら来てよかったと思っていたかもしれないが、
絶望するほどのさみしさはない。
もはや田舎中毒かもしれない。

そんな田舎のさみしさをまた味わいに行きたい。



IMGP7563_R.jpg


山に乗せられた白い雲と汗ばむ陽気が夏が近いことを感じさせた。


この後、みたまの湯にてひとっぷろ浴びた後、道志を経由し1530に横浜に帰還ス。

本日の走行距離371km

アドベンチャー定期点検まであと926km

CB125T バッテリー充電

IMG_20160608_101531_R.jpg

最近CB125Tの走行距離が伸びない。
セローとアドベンチャーに機会を取られている。

冬になればセローの代わりにCB125Tが活躍しだす。今はセローの家から離れた秘密基地までの往復を繰り返すのみ。


ふと、そろそろ充電しておいたほうがいいんじゃないかと思い、自宅にバッテリーを持ち帰った。


IMG_20160608_101620_R.jpg

大分減っていたようで10時間経ってもまだ充電が必要なようだ。

CB125Tのバッテリーは開放型のバッテリーで精製水の補充が必要なようなのだが、
この一年半まったく減っていない。

いやしかし、このような状況ではキック式の原付のほうがいいなと思い、
一瞬カブ90などに心ゆれたりもした。


バッテリーを充電した後に軽く走ってみたとき、
やっぱりこのエンジンフィーリングは手放せないと思った。
CB125Tは実に面白い。

バッテリーが弱ったら充電すればよいだけのことなのだ。

冬が来るまでしばらく繰り返しだろう。

セロー225 オイル交換 エーゼット10w-40

IMG_20160610_134651_R.jpg

前回のオイル交換から1063km走行したためオイル交換である。
交換前に、オイルの消費量をチェックするために踏み台にセローを乗せてオイルレベルゲージをチェック。

ちょうど上限と下限の間である。
27年経過した老体なのでエンジンからじんわりとオイル漏れをしているがこの有様なら1000km以内であれば補充は必要ないようだ。
アドベンチャーに比べてオイル消費量はかわいいもんだ。

やっぱりオイル漏れはしみ出てくる程度ならそんなに神経質にならなくてOKのようだ。


IMG_20160610_135152_R.jpg


19mmのソケットで外す。

IMG_20160610_135736_R.jpg

今回はドレンボルトがなかなか外れなかった。
前回はそんなに強く締めてはいないのだが。

オイルの色、汚れ具合、こんなもんだろう。問題なし。

IMG_20160610_141029_R.jpg

エーゼットの二輪用全化学合成油10w-40の1リットルを入れて終了。
今回約500円。安いオイルを作ってくれてありがとう。


タイヤ空気圧を点検したら前後とも0.68barしか入っていなかった。
マニュアル値 1.25-1.50bar

そういえば、千葉のお山の林道で落として以来元に戻していなかった。
でも実際こんなもんで問題なさそう。
一応前後とも少し低め1.2barにしておいた。


仕上げにみなとみらいの地下トンネルにて試運転。
たった1000kmだがやはり違いを感じる。

次回の林道への準備完了。

梅雨の季節がやってきた

朝五時半に起きて出発してやろうと思っていたが、うっかり目覚ましをかけ忘れて八時くらいまで寝てしまった。
今日の降水確率20-30パーセント。
いけるだろう。

今日は道志周辺の林道を探検して道志の湯でのんびりして帰ってくるプランを考えた。

IMG_20160607_111810_R.jpg


横浜新道に乗ってすぐにキリフキで水を少しずつかけられるような雨が降ってきた。
空が晴れる様子もなく、雨が続くのかと思ったが、それもまたよし。
午後からは降水確率が下がるので今しばらくの辛抱だろう。


宮ヶ瀬は霧が出ていた。
そうか、梅雨に入ったんだろう。不安定な季節のはじまりである。

IMG_20160607_122216_R.jpg

道志は何度も来ているが、林道は全然知らない。
セローの性能のおかげで行ってみようという気になったのである。

IMG_20160607_123251_R.jpg

舗装された林道であったが交通量が少ないようで砂利や木が積もっている林道であった。
しばらくして見晴らしのいい場所に来た。

雲と霧の作り出す風景にしばし見とれる。
どうして世界はこんなに美しいのか?生きているからだ。

IMG_20160607_123745_R.jpg

あっ、この先面白そうだなあと思った。

IMG_20160607_123757_R.jpg

あは、行けちゃうじゃん。
でも今日は今後の楽しみに取っておこう!


IMG_20160607_123840_R.jpg

オンロードだとこれは厳しいかもなあ。

IMG_20160607_131802_R.jpg

秋山街道を進み、また別の林道へ。

IMG_20160607_131829_R.jpg

あらっ!
長い林道だわ、ワクワク!

IMG_20160607_132337_R.jpg
わき道を進む。

IMG_20160607_132344_R.jpg

IMG_20160607_132139_R.jpg

さすがにこれは無理!笑

IMG_20160607_132600_R.jpg

結局のところ、すぐに通行止めになった。ガッチリ鍵がかかっている。


IMG_20160607_135655_R.jpg

朝から何も食べていないので食堂に入ったが、このお店が非常に無愛想な店員さんたちであった。
だけど、おいしい。
人付き合いが苦手なのかもしれない。
おいしくいただきました。ごちそうさまでした!

IMG_20160607_151230_R.jpg

このゲートは開けたら締めろと書いてある。
ありがとうございます。通らせていただきます。


IMG_20160607_152225_R.jpg


ああっ!!!来た!!!
手ごたえのあるダートで思わず一人笑顔になる。


IMG_20160607_152725_R.jpg

木のにおい、草の青いにおいがたまらない。
なんつー気持ちよさか。
ダート走行が実に楽しい。


IMG_20160607_153507_R.jpg

うれしくてうれしくて立ち止まる。
ヘルメットをぬぐ、エンジンを止める。
ひんやりとした空気の中、木が風で揺れる音と鳥の声しか聞こえない。

オフロードの世界、本当に素晴らしい。


この後、道志の湯にて夜八時くらいまでゆっくりしようかと思ったが、あいにく休みだったので、
まっすぐ横浜に帰還する。


まだまだオフロードの世界の経験、研究が足りない。もっともっとどっぷり浸かっていこう!
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム