そろそろ買い替えか

バイクがそばにある生活というのは本当に楽しく、仕事が休みの日はバイクで出かけることが多くなっていた。
自分のVTR250は2003年型だったのだが、もう10年間乗っており、走行距離も10万キロを越えており、
そろそろ新しいバイクに乗り換えた方がいいんじゃないかと思い始めていた。

VTR250は実に乗りやすいバイクであった。
身長170cmの胴長で短い足の自分でもべったりと足がつく。
乗り心地もとてもよく、走っていてとても楽しいし、
何より10年間トラブルもほぼ皆無で、消耗品の交換のみで経済的にもやさしい。
燃費も1リットルで25キロは走るし、エンジン特性が町乗りも高速もOK。

goobikeなどの中古バイクのサイトで中古のVTR250を探してみると、
だいたい20万円から30万円くらいで掲載されている。
または新車でCBR250Rに乗ってみるのも面白いかもしれない。
など考えていた。

そうは言っても10年間乗ってきた思い出のいっぱい詰まった大好きなVTR250を手放すというのも寂しい話で、
どうしようかフラフラしていたのが正直な話で。
今のままが一番いいんじゃないかとどうにも煮え切らない状態であった。
走り慣れているし、VTR250で大満足なのだし。
kyouto


それでもあちこちガタが来ていたので、買い換えようかなとうっすら思っていて、
中学校からの親友であり、バイク仲間でもあり、
バイクで一緒に北海道に行ったハーレー乗りの友達にぽつんと「もしかしたら中古でまたVTRを買うかもしれない」
と言ったら、バカヤローと言われた。

友人「お前、結構前からBMWのバイクに乗りたいといっていたが、それはいつになるのだ?
またVTR250だと?ふざけるな」

BMWか、そういえばそんなこと言ってたなあ。
本当は乗りたいけど、お金がないのであまり考えていなかったのだ。

でも今回、バイクに乗れなくなって初めて自分の中のオートバイに対する情熱のようなものに気が付いたし、
お金をかけて駐車場も借りたことだし、
もっと思い切ったことをしてみるのも面白いんじゃないかという気になってきた。
それに駐車場が屋内でオートロックで防犯カメラ付きなのでもしBMWを買っても安心して保管できるじゃないか。

一度きりの人生だし、思い切ってやってみようかな。

この頃、長い間の貧乏生活で滞納していた市民税が全て払い終わり、経済的にも余裕が出てきていた。
一ヶ月7.5万円ずつを11ヶ月払う生活をしていたので、節約に自信があり、
一年間で100万円くらい貯める自信があったというのもある。

貧乏であるがゆえに節約せざるを得ず、災い転じて福となすというか、そのおかげでお金を貯める能力が高まっていた。

そして、つまらないことにお金をかけるんじゃなくて、価値あるところにお金をかけようという気持ちが強かった。

よし、やろう!
今から一年以内、2014年の夏までにBMWのバイクを手に入れてやろう!
中古でもいいし、ざっと見たらG650というバイクなら新車でも80万円くらいで手に入るみたいだし、
とにかく、新しいバイクライフを送ろう!!!

そう決断したのである。

さっそくBMWモトッラドのホームページから資料を請求してみた。
どういう選択肢があるのか調べなければ。予算もある程度決めよう。

1266684_550818244986109_1264231073_o.jpg

バイクに乗ろうかやめようか

VTRがもうすぐ9万キロというとき、嫁さんと結婚して実家で二人で暮らしていた。
二人とも大変貧乏で、経済力がなく、実家でお世話になる以外、選択肢がなかった。

それから二人ともよく働き、お金を貯めて2年後に実家を出て二人で家を借りて住むことになる。
嫁さんが免許を何も持っていないので、なるべく嫁さんの職場に近くて、
駅から近いマンションを選んだ。

そうすると、大変便利な住まいではあるが、バイクを置く場所がないのである。
仕方がないので、バイクは実家に置かせてもらって、一ヶ月に一回くらい電車で片道30分で実家に行き乗りに行くことにした。

一時はバイクを降りることも考えていたけども、
二ヶ月ぶりの晴れた日に久しぶりに実家にVTRに乗りに行き、
太陽のまぶしさを感じながら風を受けて走ったとき、その気持ちよさといったらもう…。
バイクがない人生なんて、面白くともなんともない、自分は本当にバイクが好きなんだとよーくわかった。

やっぱりバイクがそばにない生活は考えられない。
家の周辺を調べつくすと、少し離れたところにバイク用のコンテナのレンタルがあったり、
散歩していて気が付いたが、バイカーズマンションなるものがあり、
張り紙がしてあって駐車場だけでも借りれるということを匂わせてあった。

家の近くの不動産屋さんに直接電話して、バイクの駐車場がないか電話したが、
たぶん、あまり金にならないからだろう、不動産屋さんはまともに取り合ってくれなかった。

そのままバイク用のコンテナを借りても良かったのだが、
毎月15000円だったので、契約する前にもっと別の選択肢、なんとかバイカーズマンションの駐車場だけでも
値段を知っておきたかった。

ところが、不動産屋さんにも情報はなく、ネットにもなかった。
張り紙は匂わせていたので、
このマンションを建てた会社はわかっていたので、直接そこに電話して聞いたら、
そこに住まなくても毎月1万円で貸してくれるというので早速契約に行った。

IMG_20131022_130448.jpg

IMG_0488.jpg


一月1万円というと、12ヶ月で12万円、5年で60万円で、結構な額である。
ただ、もう、思い切ってお金をかけようという前向きな気持ちになっていたのも事実。
それに、今までは屋外だったけども、屋内保管でしかもセキュリティも強固。
これはこれでお金をかける価値は十分あると思った。

バイクが自分の大切な趣味である以上、そこにお金を思い切って使おう、そう決めたのである。

家から歩いて13分もかかるので、自転車で駐車場に通うようになった。
自転車は自宅マンションの小さな倉庫に折りたためて入れられるので楽勝である。

はじめの一歩

バイクのツーリングの記録や整備の記録としてブログを始めることにした。
続けられる範囲で続けて、何十年かあとにまた見たらきっと楽しいだろうなと思う。



20歳の頃、アルバイト先に自転車で通うのがめんどうになってきたので、原付免許を取ろうと思ったのがバイクの趣味のきっかけ。
ところが、原付、ジョルカブが思った以上に楽しかった。
ジョルカブで走れば、いつも通っている近所の道が別世界のように感じるし、知らない場所を走り坂道を登りきったときの向こう側にどんな景色が広がっているのか知りたくて楽しくて楽しくて仕方がなかった。
IMG_0047.jpg

ヒマさえあれば走っているし、どんどん遠くへ行くようになった。
気がついたら3年間で4万キロくらい走っていた。
でも、原付は時速30キロの縛りがあり、警察に捕まったりするわけで。
最初は原付で十分かと思ったけど、警察に速度違反で捕まってから自動二輪を導入しようという気になった。


tui2.jpg

当時クロネコヤマトの深夜のバイトを繰り返して免許とバイクの金を貯めて
新車でVTR250を買った。
50万円くらいだったか。
今思えば、どうせガンガン乗るんだから、1マンキロくらい走ってお手ごろ価格になった中古を買ったほうが良かったんじゃないかと思う。

VTR250を導入してからジョルカブを手放したが、カブエンジンが忘れられず中古のカブ70を買ったが、もてあまして
友人に譲ってしまった。

VTR250が来てから行動範囲が大きく変わった。高速道路にも乗れるようになったし、車の流れにも乗れる。
無理に速度を出す必要もなくなったので、速度違反で捕まらなくなった。

そして、女の子を後ろに載せられるようになったので、これもまた楽しかったなあ。

キャンプ道具を積んで北海道に野宿ツーリングに行ったりと、VTR250と作った思い出は本当にもりだくさんであった。

03年型のVTR250に10年間、10万キロ乗って、そろそろ新しいバイクに乗るかなと考え始めたころであった。
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて16年になりました。
ジョルカブに4.4万キロ、VTR250に10万キロ乗ってきました。
現在は02年製R1150GS ADVENTUREと89年製セロー225と81年製モンキーの三台体制です。
身長170cm体重82キロです。(大晦日までに66kg目標)
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム