セロー225 オイル交換 エーゼット10w-40 24727km

IMG_20160824_223712_R.jpg

前回の交換から1238km走行したのでオイル交換である。


IMG_20160824_223941_R.jpg

暑い時期なので若干いつもよりオイルの黒さが目立つ気がする。
…気のせいかもしれないが。

IMG_20160824_224516_R.jpg

うむ~いつも締める時はそんなに力をかけていないはずなのに、外すとき結構力がいる。

で若干ながらドレンボルトが傷ついてる。
これを続けたらまたドレンボルトを舐めてしまうのだろうか。
KTCの上等な工具を使っているのだが、もしかしたらこのドレンボルトはもう一つの安物工具のほうが相性がいいのかもしれない。

一応予備でもう一個はちゃんと買ってあるので平気だが、
今回は閉めるとき、前回よりさらに弱く締めてみよう。


IMG_20160824_225017_R.jpg

エーゼット 10w-40を1リットルぶちこんで完了。

オイルは495円。

オイル受けはレジ袋とマンションのゴミバコから失敬した古新聞、0円。
合計495円。

IMG_20160824_225808_R.jpg

メーター読みは24727km時点。
メーターは交換しているのでこのセローの正確な走行距離はわからない。
27年前のバイクだがエンジンは絶好調で高速道路も平気でこなすこのポンコツセロー。
セローを新車で買ったら引退させてやるからそれまでがんばってくれよ。


セロー225 オイル交換不能

嫁さんと出かける日であったのでツーリングにはいかず、セローのオイル交換をすることにした。
前回のオイル交換から1466km走行。普段よりすこしオーバー。
今回もエーゼットの全化学合成油10w-40で1リットル約500円の費用でオイル交換をする腹積もりであった。

CB125Tにてセロー225の秘密基地に向かい、さてドレンボルトを外すかと力を加えたところ、
なんたることか!!!!いくらでも回ってしまうではないか!!!!
回せばまわすほどボルトの金属が削れていく…。
ソケットレンチはKTCの上等なヤツを使っているのだが、やっぱヘタこいたんだわ!!
(前回のオイル交換時にヤバイなとは思っていた。)

えらいこっちゃ!!えらいこっちゃ~!!!!!!

これはいつもの兄ちゃん整備士におすがりするしかないのだろうか。
しばらく林道はおあずけか、トホホホ…。
と思ったが、こんだけ削れたのなら、もっと小さいソケットレンチで回るんじゃないか…。
どうせなら最後までトライしてみよう。


工具がたくさん置いてあるアドベンチャーの秘密基地に向かう。




IMG_20160717_174525_R.jpg


ふい~!!!!
KTCではなく、同じサイズの安物工具のソケットレンチでトライしてみたらなんとドレンボルトがゆるんだ。

(防忘録 ボルトの頭を見て時計回りが締める。反時計周りが緩める)


やったぜ!

IMG_20160717_174921_R.jpg

舐めた心当たりは十分にある。

本来は自分のセローの場合は力造アンダーガードを外さずにやるために、エクステンションを使って延長してスピンナハンドルで力を加えなければならないところをめんどくさがって変な角度でオイル交換をし続けたからだ。

IMG_20160717_174939_R.jpg

完全に舐める予感がしていたので新しいものはすでに入手していたが、
やはり機械はちゃんとした手順でやらなきゃならないと痛感した。



IMG_20160717_175535_R.jpg


今回はオイルフィルター部分もチェックしてみる。


IMG_20160717_175602_R.jpg




IMG_20160717_175543_R.jpg

フィルターに少しゴミのようなものがいくつも付いている。

IMG_20160717_175557_R.jpg


内部をふき取ったらなにやら色々取れてしまった。
うむー土なのだろうか、金属なのだろうか。

IMG_20160717_180504_R.jpg

オイルを定量1リットルぶちこんで完了。


ピッカピカのドレンボルト。
もう二度と舐めるなんて過ちは犯さない。
ちゃんとした段取り、工具を使おう。

セロー225 オイル交換 エーゼット10w-40

IMG_20160610_134651_R.jpg

前回のオイル交換から1063km走行したためオイル交換である。
交換前に、オイルの消費量をチェックするために踏み台にセローを乗せてオイルレベルゲージをチェック。

ちょうど上限と下限の間である。
27年経過した老体なのでエンジンからじんわりとオイル漏れをしているがこの有様なら1000km以内であれば補充は必要ないようだ。
アドベンチャーに比べてオイル消費量はかわいいもんだ。

やっぱりオイル漏れはしみ出てくる程度ならそんなに神経質にならなくてOKのようだ。


IMG_20160610_135152_R.jpg


19mmのソケットで外す。

IMG_20160610_135736_R.jpg

今回はドレンボルトがなかなか外れなかった。
前回はそんなに強く締めてはいないのだが。

オイルの色、汚れ具合、こんなもんだろう。問題なし。

IMG_20160610_141029_R.jpg

エーゼットの二輪用全化学合成油10w-40の1リットルを入れて終了。
今回約500円。安いオイルを作ってくれてありがとう。


タイヤ空気圧を点検したら前後とも0.68barしか入っていなかった。
マニュアル値 1.25-1.50bar

そういえば、千葉のお山の林道で落として以来元に戻していなかった。
でも実際こんなもんで問題なさそう。
一応前後とも少し低め1.2barにしておいた。


仕上げにみなとみらいの地下トンネルにて試運転。
たった1000kmだがやはり違いを感じる。

次回の林道への準備完了。

アドベンチャー オイル交換 3627kmぶり 総走行距離62045km

3000kmごとと決めているエンジンオイル交換をすこしオーバーした。
今日は晴れていれば山梨県の道志の山にセローで探検で行く予定であったが
あいにくの雨。

雨の日は整備をするチャンスということで狙っていたオイル交換を行う。


IMG_20160530_200619_R.jpg

本日のお品書き
モービル1 15w-50 化学合成油
POLO Lubricants 15w-50 鉱物油
バルボリン 20w-50 鉱物油

あまりもののオイルを使い切るために本日はブレンドでオイル交換である。

アドベンチャーは4輪と同じ構造なので粘度さえ押さえれば
4輪用の高性能かつ安いオイルが使えるので大変助かる。

IMG_20160530_210022_R.jpg

ソケット 10mmと13mm
トルクスソケット T45
ヘキサゴンソケット 8mm
それとトルクレンチで完璧である。


IMG_20160530_200803_R.jpg

南会津の虫が挟まっていた。
合掌。

IMG_20160530_201412_R.jpg

エンジンガードを外さなきゃいけないのは面倒だけど、
アドベンチャーはエンジンガードが付いているおかげで全然壊れない。
1万キロごとに1-2回は倒しているがまったく問題なし。
普通の大型バイクだったらタンクがへこんだりカウルが割れたりレバーが折れたりしていると
考えるともはや大型バイクはアドベンチャー以外怖くて考えられん。

IMG_20160530_201718_R.jpg

時々、自分の締め付け方が悪くてボルトがなくなったりするのだが、最近は大丈夫になってきた。


IMG_20160530_202023_R.jpg

おっと、ここまで来たら準備しなきゃならん。

IMG_20160530_202243_R.jpg

ゴミ袋と自宅マンションのゴミ箱に捨てられていた古新聞にてオイル受けを作った。

ずいぶん長い間、オイルパックリを買ってない。


IMG_20160530_202506_R.jpg

ワコースフューエルワンを使用したせいもあるのか、いつになくオイルの色が黒く見えた。
アドベンチャーのエンジンを守ってくれてありがとう。


IMG_20160530_202805_R.jpg

色はまだまだいけそうな感じがする。
噂によるとアドベンチャーはメーカー推奨は1万キロごとにオイル交換という話を聞いたことがある。
自分の走りは渋滞を極力避けるかつ、信号の少ない田舎道を駆け抜けるからストップアンドゴーも少ない。
マージンを取って5000kmごとでもいいのかもしれない。

極論を言ったら走行ごとにオイルを交換するのがベストになる。
5000kmと3000kmだったら後者の方がいいに決まっているし、とりあえず3000でいいべ。


IMG_20160530_203922_R.jpg

32Nmでドレンボルトを締める。

やっぱ漏斗があると簡単だわ。
スイッスイッと飲み込んでいく。

IMG_20160530_204832_R.jpg

7.5分目で一件落着。
いつもありがとうとアドベンチャーを撫でておしまい。


よくよく考えてみればアドベンチャーはドライブシャフトでチェーンオイルの心配ないし、雨のツーリングもやってみたらどうだろうか?

もうすぐ梅雨の時期であるし、雨が降っている山の中の風景も美しいかもしれない。
体が冷えたら温泉で温まる…。いいじゃないか。
いっちょやってみっか。

セロー225 CB125T 共にオイル交換 エーゼット10w-40

嫁さんと出かける日である。
嫁さんは目覚めてから3時間は化粧やらなにやらかかるのでその間にオイル交換を行う。

DSC_0310.jpg

前回の交換からおよそ1000km走行。
前回のオイル交換は水分が混入したのか乳化したようなオイルの色をしていたが、今回はバッチリ普通の様子だ。

アドベンチャーに比べればダンボールを差し込む手間はあるものの、アンダーガードを外す手間がないので楽チン。

DSC_0313.jpg


セローのオイル交換はまだ二回目で慣れていない。
オイルを出すときレンチが完全にはまっていない状態に気が付かず力を入れたのでドレンボルトの角を一部だけなめた。
まったく差し支えないが今度純正部品を注文するときに新しいものに交換しておこう。

規定量の1000mlのエーゼット10w-40を入れる。
二輪用激安オイルで1リットル500円である。


今度はCB125Tを取りに行くために早速乗ってみる。
たった1000kmでエンジンフィーリングとシフトの入り方が全然違う。
やはり劣化していたか。
軽く滑らかに回るしシフトもパツンパツン入る。
気持ちいい!!


DSC_0317.jpg

お次はCB125Tである。
前回から走行670km。
あっという間にオイル排出。オイル交換優等生だ。


DSC_0318.jpg


都合により800mlはエーゼット10w-40
600mlはホンダウルトラG1の10w-30の残り物の組み合わせ。
合計1400ml入れる。
セロー225よりもオイル量が多い。排気量が小さいくせに生意気なこと!

早速乗ってみたが、交換前とあまりフィーリングは変わらなかった。
ふむう。
4輪用カストロールGTX10w-30と比べるとエーゼット10w-40は持ちも良いようだ。

次回は1000km走って交換でもいいかもしれない。




エーゼットオイルでのおよその料金

セロー225 オイル 1000ml 495円
CB125T オイル 1400ml 693円

オイル受け
ゴミ捨て場から頂戴した古新聞 0円
燃えるゴミ用 袋 20円?

合計1208円
プロフィール

Takesi Goda

Author:Takesi Goda
1980年製のライダーです。オートバイに20歳から乗り始めて17年になりました。
81年製モンキー、12年製エストレヤの二台体制です。
新車でR1200GSAを買う経済力を手に入れるために動いております。
以前ほどバイクに本腰を入れることができませんが月に1-2回はツーリングに行きます。
夢は日本一周とアメリカを自分のバイクで旅すること。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
FC2カウンター
リンク
検索フォーム